Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/994-d57399df
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ひのたまワールド! 猿神王国の巻!

2015年 3月9日 月曜日

こんにちは!
工房火の玉発動機 陶芸家・陶人形作家 田崎太郎工房長です!

まずは、昨年の銀座三越の個展の様子です!
2014銀座三越の新作個展の様子クリックしてね!

さてさて!
工房長は、毎日、作品制作に追われて、

朝なのか?夜なのか?昼なのか?
もうわからなくなっています!

ひとつひとつ、魂込めて制作してるので、疲労も凄いのであります!

なんとか、5月までに間に合わせたい作品も数多くあって、

工房長の腕を見込んで、依頼された特別作品も、期待以上のものを

産み出したいので、工房長の心労は、大変なものであります!

 これが、プロの世界なのでしょう!

プロと名乗ってるからには、

アマチュアとの決定的な差を見せ付けなくてはなりません!

そんなこんなで、春の益子祭り!益子陶器市の準備もしながら、

2015年 新作個展の構想も脳みその一部でフル回転しています!

 今年の新作個展の会場は、

昨年の銀座三越より上回る、芸術美術界でのレベルの高い場所!

八丁堀にある、FUMAアートコンテンポラリーです!

不特定大多数のために、かなり制約事項を告げられていた、

銀座三越での個展に比べて、今年のFUMAでの新作個展は、


火の玉発動機ヒノタマワールド

を存分に発揮できる場所なのだ!

昨年は、工房長の脳みそを抑制させる愚行を、強要させる前回の場所!

今回は、本来の工房長の脳みそを開放できるので、とても楽しみであります

東京の真ん中から、とぼけた平和宣言する個展!


第壱回 ひのたませかいへいわ展

お楽しみに


そして、その構想をしてる時に、飛び込んできた映像なのです!

newsplus_1425608413_5301猿神王国
【1940年代、探検家セオドア・モルデの報告書に描かれた「猿神王国」の挿絵】

先日、ホンジュラスで発見されたらしい、猿神王国!

来年の干支は、猿であります!

しかも、工房長の大好きなテーマである、神殿と御本尊!

この怪しさ!

個展会場! こんな感じにしたいよねえ!

火の玉発動機の目指してる大好きな世界が、この絵に集約されています!

猿神王国と神社を融合させてみると、いいかもなあ!

作品つくりより、セットつくりのほうが、大変そうだなあ!

時間は、あるのかなあ!

B5BIg9MIIAANPf1ひのたまわーるど
さて、前回のブログの続きの、ライド・オンの世界なのであります!

カメがワニに乗って、ツーリングです!

これも火の玉発動機の大好きな世界なのであります!

B4qkkQnCEAAJAgp.jpg
こんなのも、火の玉発動機の萌える世界観です

そんな感じで、今日も明日も地味に地道に作品制作生活!

3月25日が締め切りなので、春の兆しを満喫できない工房長でありました!

2014_11292014年12月入力0060処理

2014_11292014年12月入力0062処理
【ヒノタマモータース 空飛ぶ未来型ヒノタマバイク】
(2014年11月制作発表)
~上・レーサータイプ 下・ツーリングGTモデル~

これに乗って、旅に出たい!



フェイスブックFacebookクリックしてね!

【工房火の玉発動機への連絡先!】

工房長 田崎太郎

メールアドレス!
  hinotamahinotamataro@yahoo.co.jp 

 HPはリンクの所の工房火の玉発動機をクリック!

最新陶歴は、カテゴリーの所の陶歴をクリック!してね


パソコ!』<br />ン修行 007 308965b959baf1a40e668337f23656a0お祈り LA6Ai阿吽 iBFcR火の玉ねずみ
『 猿神王国に、今、行きたい

http://blog.livedoor.jp/drazuli/archives/7774369.html

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/994-d57399df
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。