Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/984-7d70baba
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

銀座三越!火の玉個展 (その10) ~阿吽魔除招福シーサーの巻!~

1月20日 火曜日

こんにちは!
工房火の玉発動機・陶芸家・陶人形作家 田崎太郎でございます!

先日は、工房長の45歳の誕生日でフェイスブックのほうに、たくさんの
言葉を頂きまして、本当にありがとうございました!

 45歳という訳で、年一回の新作個展が、あと何回できるのか!

逆算できる年齢になりましたので、後悔のないように
しっかり、作っていこうと思います!

中日の大豊選手も、柔道の斉藤選手も、先日50代で亡くなってしまいました。

工房長も、1日1日、無駄にせず陶芸家人生を楽しみたいと思います。


さて! まだまだ続く、銀座三越での新作個展作品の紹介!

今回は、阿吽魔除招福シーサーの紹介なのだ

2014_12082014年銀座三越個展記録0183処理
【阿・魔除シーサー!】
(2014年12月製作発表 20x17x18cm)

ベロを出して魔除の仕事をします!
マヤの神様も、インドの神様でも、ベロを出してるんだよな!

2014_12082014年銀座三越個展記録0186処理
【吽・招福シーサー!】
(2014年12月製作発表 20x17x18cm)

こちらは笑顔で招福の仕事をします!

会場では、一応、神社っぽく、阿吽でお招きしていたのですが、

わかってくれたかなあ!


2014_12082014年銀座三越個展記録0187処理
工房長は、笠間・益子で陶芸修行する前に、シーサー職人になろうと思って、

沖縄に行ってみました! 
とにかく俗世間から離れて、神様を作って過ごすのも一興だと思っていました!

 結局、陶芸業界のことやら、生産技術などを手に入れないと、

プロとしてやっていけないので、器の大量生産の窯元で修行しました!

 そのおかげで、陶人形作家で喰っていけるまでは、

器作家として活動して、チャンスを待つことができたのであります。

 工房長は、結構良い器を作っていたんだよな! 織部と白化粧の器

2014_11292014年12月入力0154処理
その後、招き猫とシーサーを融合させた作品が当たって、今に至ります!

もう、器は作っていないが、陶人形&陶メカオブジェには、

器で使っていた陶芸技術を、総動員させて作っています!

2014_11292014年12月入力0152処理
いつか、工房火の玉発動機の 【ひのたましーさー! 大爆発シーサー展!

をやってみたいですねえ! 東京のど真ん中でもやりたいし、

キャラバン号に作品をたくさん積んで、フェリーで沖縄に行ってやるのも、楽しそうだなあ!

売利上げ金は、沖縄の夜に使っちゃいそうだな!

 時間があったら、沖縄シーサー生息調査という取材もやってみたい!

糸満からヤンバルまで、全ての街中や里にあるシーサーを取材するのだ!

2014_11292014年12月入力0156処理
シーサーやら仔猫神さまを作ってると、

悪い事が工房長に、降りかからない気がします!


それでは!器作家時代の工房火の玉発動機作品です!

2014 銀座三越個展の様子 079
下の四足の白化粧角皿です!
2014 銀座三越個展の様子 078
このときは、苔玉盆栽の雑誌かな!
2014 銀座三越個展の様子 080
こういう感じで、溢れすぎる自己主張を抑えに抑えて、作っていました!


次回は、ライオン神さま&魔除獅子(三越ライオン)の紹介です


お楽しみに
フェイスブックFacebookクリックしてね!

【工房火の玉発動機への連絡先!】

工房長 田崎太郎

メールアドレス!
  hinotamahinotamataro@yahoo.co.jp 

 HPはリンクの所の工房火の玉発動機をクリック!

最新陶歴は、カテゴリーの所の陶歴をクリック!してね


パソコ!』<br />ン修行 007 308965b959baf1a40e668337f23656a0お祈り LA6Ai阿吽 iBFcR火の玉ねずみ
『 阿吽のシーサー!別々の方が、連れて帰りました!
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/984-7d70baba
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。