Entries

銀座三越の、2014火の玉発動機新作個展 (その3)

12月20日 土曜日

こんにちは! 工房火の玉発動機・陶芸家・・・田崎太郎です

まずは、昨日、小学生の女の子!(秋の益子で夜中12時に、順番チケットを
もらいに来た、チケットナンバー 3番のかた)

から、強烈なファンレターを、頂きました!

内容が、強烈なので、今すぐ、この火の玉ブログの 【土から生まれる】 にて、

皆様に報告したいのですが、まずは、先日の個展の報告に、

当分、時間を使いたいと思います! お楽しみに


2014 銀座三越個展の様子 062
そう!ここは、東京の中心地!銀座!

しかも、銀座の中心地の、銀座4丁目交差点

この場所で、なんと工房火の玉発動機の新作個展が、あったのです!

場所は、銀座三越8階!

凄い場所での、火の玉発動機の登場なのです!

2014 銀座三越個展の様子 057
ここは、陶芸家にとっても、超一流の場所なのです

2014 銀座三越個展の様子 055
立派な御花も、届きました。 (byハポス田島さん・by阿部洋子さん)

工房長は緊張しています。 スーツ姿で緊張しておりました!

2014 銀座三越個展の様子 072
何故なら初日は、平日の水曜日!

今まで、工房火の玉発動機のイベントの初日は全部、

平日始まりだろうが、雨だろうが!

必ず、火の玉発動機を熱烈に支えて応援していただいてる、

本当に、ありがたく、   『ありがとー!』

大切な火の玉中毒患者さまが、たくさん来られるのであります!

2014_12082014年銀座三越個展記録0162処理
まだ、人が来ないうちに、撮影する工房長!

この独立14年目にして、工房火の玉発動機の最大にして最高の、この場所で!

今回!ポカ!しちゃったら、どうしよう

こんな、不安ばかりが頭を、よぎります!
2014_12082014年銀座三越個展記録0169処理
開店前に、工房長は、三越の朝礼にも出てみました!

これは、久しぶりの感覚なのだ!

なんか、東京のど真ん中の、銀座に出勤してる気分なのです!

そして、開店10時30分!

2014 銀座三越個展の様子 014
いつもの益子・火の玉発動機の状態に一気になりました!

普段は、上品で静かな場所が、火の玉炸裂です!

奥の方は、メインの作家さんの個展でしたが、

前座的存在の工房火の玉発動機が、火の玉中毒患者さまの、おかげで、

一気に、火の玉空間に染め上がりましたっ
この日は、一日中、本当に!沢山の火の玉発動機ファンが来てくれました!

この日は、結局飯も喰えず、大繁盛の初日でした!

本当にどうもありがとうございました!




それでは、今回は、今回の工房火の玉発動機のメインの作品!

今後の火の玉発動機の代表作になるであろう、作品を紹介いたします!

2014_12082014年銀座三越個展記録0170処理
【修羅場満身創痍の陸軍上陸強襲空母 『大鯨 タイゲイ』!】

(2014年12月製作発表 19x53x30cm)

~ 呉から出航して太平洋の南下作戦の、空母 大鯨!
途中、魚雷を受けたり、急降下爆撃を受けたりして、満身創痍の空母 大鯨!

 船体に開いた、大穴を、途中の島影での、応急修理溶接なので、
船体は、デコボコ! ボロボロ! の空母 大鯨!

 豪州沖にて、小さい氷山の上に、沢山のペンギン達と、一匹のゴマアザラシを発見!

搭載してる、二機のジャイロコプターが、戦火の中、救出しました!

 しかし、ペンギン達と、ゴマアザラシは、ドンパチの中、

映画タイタニックの真似をして遊んだり、今晩の配給の晩飯にイワシは付いてくるのか、
皆で、ガヤガヤ平和そのものなのです!

 その後、強襲空母 大鯨!は、アラスカまで北上して、ペンギン達は、

そこから新天地を開拓するために、白熊と闘います!
そのために、いつも登場してるペンギン博士が、戦闘機やら戦車やらを開発してるのです!

まっ! このストーリーは、2007年の個展のときから、続いてるのであります!

 空母 大鯨は、ペンギン達を降ろした後、荒海の冬のベーリング海にて、

魚雷攻撃の応急処置した場所から、海水が入り沈没してしまいました!~

2014_12082014年銀座三越個展記録0208処理

2014_12082014年銀座三越個展記録0207処理
甲板上で、映画タイタニックの真似をして、遊んでいます!

格闘好きの、陸軍所属の博士が、設計したので、

艦首には、体当たり用の、【衝角】が装備されています!

2014_12082014年銀座三越個展記録0209処理

2014_12082014年銀座三越個展記録0190処理

2014_12082014年銀座三越個展記録0206処理

この作品は、いつもの、【右から見た、愛と平和宣言作品!】 なのだ

甲板から上は、平和そのもので、
甲板から下は、大砲が唸ったり、魚雷を受けたり、戦争そのもの!

この対比が、火の玉発動機的世界なのです!

 ありがたいことに、この作品は、熱烈な火の玉中毒患者さまの手の元へ旅立ちました!

そのうち、火の玉発動機作品の写真集などの企画が上がれば、

撮影のために、再会できるでしょう!


それでは、次回も、
火の玉発動機の大作を紹介いたします!

今回、陶メカオブジェに、相当チカラを入れましたので、お楽しみに


フェイスブックFacebookクリックしてね!

【工房火の玉発動機への連絡先!】

工房長 田崎太郎

メールアドレス!
  hinotamahinotamataro@yahoo.co.jp 

 HPはリンクの所の工房火の玉発動機をクリック!

最新陶歴は、カテゴリーの所の陶歴をクリック!してね


パソコ!』<br />ン修行 007 308965b959baf1a40e668337f23656a0お祈り LA6Ai阿吽 iBFcR火の玉ねずみ
『次回も、個展の報告であります!お楽しみに!
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/976-52c4b863
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索