Entries

ヒノタマウイルス パンデミックの巻!

2014年 9月22日 月曜日

こんにちは!
工房火の玉発動機 陶芸家・陶人形作家 
田崎太郎でございます。

2014年 夏休み 076
工房長は、創作の仕事で飯を喰っておりますので、

日々妄想世界へ飛んでいっています!

いわば、幽体離脱状態が、普段の状態だと言っても過言では、ありません。

 妄想世界にスケッチブックを持っていって、そこで一生懸命、

そこで見たことや、経験したことを、描いて、

そして、スケッチブックを持って、現実社会に戻ってくるのです。

2014年 夏休み 077
 そして、テレビを捨てると、一年が13ヶ月になるというので、

つまらないテレビも捨てました!

 そして、情報源は、ネットとラジオになりました!

しかし、最近、デング熱の報道が、うるさすぎます!

テレビを見てる人に聞いてみると、 それはもう、マスゴミは

デング祭り状態らしいです!

2014年 夏休み 075
この国の、マスゴミは、とても大事な事は、とにかく隠蔽して報道はしません。

しかし、どうでもいいことは、熱を上げて報道する習性があります。

だから、デング熱 デングウイルスは、大したこと無いのでしょう!

 しかし、なんで、風評被害にもなってしまっているデング熱の報道!

代々木公園周辺は危険地帯のイメージを作り上げました!


妄想工房長!

これは、エボラ出血熱の日本における、パンデミックの予行演習!

そうに違いない!

 世界では、そうとうヤバイことになっていて、日本に上陸するのも

時間の問題らしいからなあ!

 熱気にあふれるデング熱報道で、国民に思考免疫をつけておけば、

エボラ!日本で患者が発生!と報道されてもパニックにならないからな!

原発大事故でも、何も無いかのように過ごす日本人!

でも、エボラは、ただちに影響ありませんという訳でないから、

 放射能のときのように、のんびり構えてるわけにいかないよな! 

いくら愚かな日本人でもな!


という訳で、

ヒノタマウイルスも、益子・阿佐ヶ谷・新潟で、パンデミックを起こし、

警察も出動いたしました。

 そして、先日、ヒノタマウイルス中毒患者さまが、

今年12月に個展をやる銀座三越に乗り込んで、

『本当に、ここで工房火の玉発動機の個展があるのですか?』 と

熱く担当者に語るという、まさに熱い出来事があったと連絡がありました。

 熱いです素晴らしいです

まさにヒノタマウイルスパンデミックが、銀座でも起こる予感です!

 治療方法は、新作を見に来る事!

今回は、狭いし、あまり濃い作風はやめてくれ!との、お達しがあるので、

いつもの個展のようにいきませんが、期待してください


2014年 夏休み 079
来週から、ちょろっと展示会に参加します!

2014年 夏休み 081
工房火の玉発動機は、9/30~10/11のパート1!です。

2014年 夏休み 080
工房長以外、サラブレッド的エリートばかりです!

 脇役になりますが、音楽の世界! ショービジネスの世界では、

脇役が主役を喰う! ということがとても数多くあります。

 脇役なりに、ベストを尽くせば、なにかしらのチャンスが手に入るかもしれません!




  【FUMA CONTEMPORARY TOKYO BUNKYO ART】

東京都中央区入船1-3-9 長崎ビル 9F

03-6280-3717
bunkyo-art@wind.ocn.ne.jp
http://www.bunkyo-art.co.jp

11:00~18:30 日、月、祝日 休廊

入り口は、わかりにくいぞ


フェイスブックFacebookクリックしてね!

【工房火の玉発動機への連絡先!】

工房長 田崎太郎

メールアドレス!
  hinotamahinotamataro@yahoo.co.jp 

 HPはリンクの所の工房火の玉発動機をクリック!

最新陶歴は、カテゴリーの所の陶歴をクリック!してね


パソコ!』<br />ン修行 007 308965b959baf1a40e668337f23656a0お祈り LA6Ai阿吽 iBFcR火の玉ねずみ 
『この国では、天狗熱にならないように、謙虚に生きていくのが利口のようです。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/956-3ae9d0d3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索