Entries

黙々と淡々と地道に地味ひのたま生活の巻!

7月24日 木曜日

こんにちは!
工房火の玉発動機ですブー!
CO7p7ぶた野郎
工房長は、ブタを題材にしても、よく作ってるんだよなー!

4d2eeeebブタ

2010の新作個展の【ひのたま地球防衛軍】では、たくさんのブタが登場しました!

そのときの個展は、つくばでやったんですが、とても濃い内容だったので、

いつかメジャーな東京の場所で、リメイクして再度やってみたいなあ!


さてさて!
梅雨明けしたのですが、工房火の玉発動機 陶芸家 田崎太郎工房長は、

日々、銀座三越での個展の作品完成リミットが9月までなので、

地味に地道に黙々淡々と、作品製作活動をやっています。

脳みそフル回転に、指先での超技巧製作なので、

脳みその疲労は、尋常でないのに、肉体は動かしていないので、

睡眠できなくなるという症状になって、体ガタガタであります

睡眠薬なんか、飲みたくないので、脳みそ休ませて、

体をどっかで疲労させないと、本当に悪化させてしまうのだな!

相変わらず、時間がないので、結局作業場にいて、

前触れも無く、カクンと昼夜問わず、突然短時間熟睡に陥る日々であります。

 とりあえず、7月いっぱいは、個展用の作品のみに時間を使ってるので、

8月からは、秋の益子陶器市【火の玉発動機ブースでの、ひのたま秋まつり

のための、製作なので、ちょっとは精神的には、開放されることでしょう!

2013_12212014年4月入力0053マヤ遺跡
【マヤの遺跡で発掘された、ひのたま龍神さま!】
(2013年12月製作発表)

昔は追いかけるような感じで、多忙な製作活動でしたが、

2012年からは、追われるような多忙な製作活動で、疲労困憊であります。

日頃は、孤独で地味に地道に黙々と製作活動生活ですが、

発表のときは、たくさんの人達に囲まれて、

一般人では味わえない、華やかな状況になります。

 とても両極端すぎます。

2013_12212014年4月入力0054マヤ遺跡
もうちょっと、普段の生活に精神的余裕を持ちたいであります。

バツイチマルイチになってから、急に忙しくなったので、

2011年から、テーブルで飯を喰ってないんだよな!

床に置いて適当に腹を満たしたり、立って適当に食べたり、

 仕事の合間に、適当に素早く胃に入れてるだけだなあ

2013_12212014年4月入力0055マヤ遺跡
今日も、移転候補先が見つかったので、物件を見に行くのだが、

ぱっと見に行って、ぱっと帰ってきます。

 一年中その場所で、製作生活するので、窓から見える風景など、

とても重要なのと窯が置ける条件があるので、

なかなか、見つからないが、今日見に行く所は、3階建てで、緑に囲まれてるので、

一階が本格的な作業場にして、3階に小さな机で小規模な作業場にして、

遠くを見ながら、作るのもいいかもね!

 とりあえず、熱中症にならないように頑張る工房長であった!

今日は、猛暑日の予報が


RKHnpうまっ D3Wvp馬



フェイスブッククリックしてね!
【工房火の玉発動機への連絡先!】

工房長 田崎太郎

メールアドレス!
  hinotamahinotamataro@yahoo.co.jp 

 HPはリンクの所の工房火の玉発動機をクリック!

最新陶歴は、カテゴリーの所の陶歴をクリック!してね


パソコ!』<br />ン修行 007 308965b959baf1a40e668337f23656a0お祈り LA6Ai阿吽 iBFcR火の玉ねずみ 
『冷房使うと、体には良いが、粘土には最悪なので、今日も冷房は使えません
スポンサーサイト

2件のコメント

[C2362] 地味な生活は好きです♪

田崎さんが、この酷暑の中で火の玉パワーを孤高に炸裂しているお姿を想像して!

真の芸術家のオーラを!(*^^*)ひしひしと
感じている僕です。

昨日、元小学校校長(ほぼにちパート2というブログを書いていらっしゃいます)が

『火の玉発電所の方を紹介して!』と言っておりました♪
『発電所ではなく、発動機です!』

『そうなの?』

[C2363] どうもありがとうございます!

どうも宣伝をありがとうございます。
そして秋の益子や、12月の銀座で、工房火の玉発動機は、元校長先生をお待ちしております。
  • 2014-07-26
  • 投稿者 : ハポス田島さんへ!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/941-abc44883
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索