Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C2358] コンデンスミルク

田崎さんの作品作りに対する孤高な武士魂、好きですよ~~(*^^*)

命を吹き込まれた作品が、何故に出来るのか!
深く深く、腑に落ちました。

コンデンスミルク、飲みたいですっ。
待ち遠しい……。

[C2359] 濃いよっ!濃厚ですよっ!

こんにちは! 孤独ではなく、孤高!
最近はやりの孤独死ではなく、工房長は孤高死を選びます!
陶芸界に、田崎太郎というジャンルを大きく確立させたいので、今回のチャンスは、狭いですが、火の玉発動機の世界の濃厚な味を、皆に味わってもらいます。
 今回は、売り上げは無視で、益子に来ない東京在住の有力者に、来てもらうように、いろいろ手を尽くそうと思います。

次のステージに行けるように、最善をつくしますが、結局工房長ができることは、全身全霊で作品製作することだけなので、今日も明日もヒゲもそらずに、黙々淡々と地味に地道にやることだけです!
  • 2014-07-17
  • 投稿者 : ハポス田島さんへ!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/939-c40e2a71
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

工房火の玉発動機 ひのたま的個展論(その3)の巻!

7月17日 木曜日 

こんにちは! 工房火の玉発動機でございます。
陶芸家・陶人形作家の田崎太郎でございます。

黙々と、個展用の作品製作に没頭しております。
新作個展 りゅうしゃま展 319
現在は、モーターショーでいうと、コンセプトカーの立ち位置のような、

メーカーの代表作のような感じで、

2014年の工房火の玉発動機の、代表作となりうる作品を作っています。
この作品は製作三日目なんだな!
 普段の作品より、ずっと大きく、重いので、とても大変なのです!

新作個展 りゅうしゃま展 320
しかし、このとても大きい作品は、作風もそうですが、

工房長の14年前からの、主義主張が詰まっている作品なのです!

 それは、とぼけた平和への主張! 右から見た、おとぼけ平和!

完成作品は、まず撮影されてから、個展のDMになって、

それから皆様に見てもらえると思います。

 そして、現物作品が、銀座三越のちいさな会場に鎮座するのですが、

その存在感! その主張!都会のど真ん中で、

とぼけたひのたま平和大宣言』を工房長は宣言します

過去、その会場で作家さんがギャラリートークというものを皆さんの前で

マイクを持ってやってたので、工房火の玉発動機の工房長も、

ギャラリートークをやってみたいのであります。

 というわけで、あと2週間で、個展作品の製作の時間リミットがせまってるので、

体は、もうボロボロガタガタであります。

 とりあえず、今回の個展の、ひのたま的見せ場作品は作ったので、

あとは、積極的に販売できる作品を限られた時間のなかで製作していきます。

 見せ場の作品は、質といい、ひのたま精神の凝縮といい、 二度と作れないレベルなので、

高価です!

しかも、銀座ということで、御存知中間マージンというものも、入ってしまうので、

これは、誰も買えねえよっ!という価格になるでしょう!

 でも、有名作家になってる先輩の作品価格と比べたら、 まあ、

その値段設定も、おかしくないのでしょう!

 火の玉発動機の集大成となる、将来実施される、

ひのたませかいへいわ展

この展覧会のセットリストに、加わる作品になることでしょう!


さてさて!

工房火の玉発動機は、2001年に独立してから、カテゴリーの陶歴賞歴のところを

クリックしてみてもわかりますように、2004年に、益子の登竜門のギャラリーで

個展をやりました!

 それまでは、白化粧の器と織部の器も、沢山作っていましたが、

2004年以降は、勝負をかけて、濃厚な火の玉発動機的世界を展開させるために、

陶人形と、陶メカオブジェのみの、製作活動に邁進いたしました!

 セルフプロデュース方法は、益子陶器市のひのたまブースで、ヒノタマウイルスに感染した人を、

一人一人、見つけては、とても大事に育てます。

それはそれは、時間をかけて、発見して、

もっと濃いヒノタマ世界に来たかったら、個展に来い! と勧誘します。

 シークレットライブのような、シークレット個展です!

 数年間は、本当に工房火の玉発動機の個展には、少数の方々!

少数のヒノタマウイルスに感染された方々のみ来られて、寂しいものでしたが、

数年の布教活動が身を結び、

2007年のつくばでの個展では、初日に大混乱になり赤ポチシールの嵐になり、

ギャラリーのオーナーさんは、右往左往していました!
2013_12212014年4月入力0157ひのたま飛行隊
そんな感じで、

工房長の方法は、益子で、ちょっと濃い目のカルピスを飲ませてあげて、

その味に、とりつかれてお客様が、個展でカルピスの原液を飲みに来るという感じです!

 カルピスどころか、コンデンスミルクを缶のまま飲ませてくれ!

というお客様ばっかりになりました!

 だから、誰も来ない辺境の地でも、工房火の玉発動機の個展は、大混雑します。

工房長は、その人達のために、さらに濃く旨い濃厚なミルク製品を作り、

彼ら彼女らに、飲んでもらいます。

2013_12212014年4月入力0156ヴィマーニャ
つまり、辺境の地の、ひのたま密教の奥の殿まで、来ていただくスタイルに

一貫としてそのようにしてまいりました!

 しかし、銀座三越は、辺境の地ではなく、

都心のど真ん中!

 今まで工房火の玉発動機の個展は、

選ばれた人達のためだけに、実施されてきました!

 しかし、今回は、一般人がいっぱい居る所なので、

これは、初めてのケースなので、工房長は困惑しています。

誰をターゲットにすればいいのかと

 でも、結局、今更、ヒノタマスタイルを変えることはできません。

東京のど真ん中で、濃い火の玉世界を繰り広げるので、

お楽しみに!

 でも、狭いからね!

2007年から、工房長の個展は20畳以上の広い空間でやるのが鉄則でしたが、

今回は、狭いです! 狭いかわりに、凝縮させます。

2013_12212014年4月入力0185ひりゅう
狭いから、作品は、いつものように数多く置けませんが、その代わり、

濃厚なものを置きます!

 毎度のことながら、買ってもらうことは考えずに作っています!


そう!

工房長のひのたま的個展論!

言いたい事は、これなのだ

 売ろうとか、買ってもらおうとか、

これなら売れるだろう!とか

そういうことを考えてる作家の個展は、糞のような個展なのだ!

そういう個展には、不純な空気に満ち溢れ、作品からも腐臭がするのだ!

そんなことやってる作家は、3流どころか、5流になってしまうのだ!

 工房火の玉発動機は、昔から、ギャフンと言わせようとか、

自分の心の赴くままに作品製作しています。

2013_12212014年4月入力0213ひのたま造船所
そして工房長の向いてる視線の方向と、同じ方向を向いてくれる、

お客様となってくれる方々だけを、とても大事にしてるのであります。


フェイスブッククリックしてね!
【工房火の玉発動機への連絡先!】

工房長 田崎太郎

メールアドレス!
  hinotamahinotamataro@yahoo.co.jp 

 HPはリンクの所の工房火の玉発動機をクリック!

最新陶歴は、カテゴリーの所の陶歴をクリック!してね


パソコ!』<br />ン修行 007 308965b959baf1a40e668337f23656a0お祈り LA6Ai阿吽 iBFcR火の玉ねずみ 
『今回の個展での作品説明は、濃いからね! 火の玉中毒患者さまには、ひとりずつ丁寧に、
作品のお話をいたしますからね!覚悟しててくださいね!

スポンサーサイト

2件のコメント

[C2358] コンデンスミルク

田崎さんの作品作りに対する孤高な武士魂、好きですよ~~(*^^*)

命を吹き込まれた作品が、何故に出来るのか!
深く深く、腑に落ちました。

コンデンスミルク、飲みたいですっ。
待ち遠しい……。

[C2359] 濃いよっ!濃厚ですよっ!

こんにちは! 孤独ではなく、孤高!
最近はやりの孤独死ではなく、工房長は孤高死を選びます!
陶芸界に、田崎太郎というジャンルを大きく確立させたいので、今回のチャンスは、狭いですが、火の玉発動機の世界の濃厚な味を、皆に味わってもらいます。
 今回は、売り上げは無視で、益子に来ない東京在住の有力者に、来てもらうように、いろいろ手を尽くそうと思います。

次のステージに行けるように、最善をつくしますが、結局工房長ができることは、全身全霊で作品製作することだけなので、今日も明日もヒゲもそらずに、黙々淡々と地味に地道にやることだけです!
  • 2014-07-17
  • 投稿者 : ハポス田島さんへ!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/939-c40e2a71
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。