Entries

工房火の玉発動機 ・ ひのたま的個展について!の巻(その1)

7月13日 日曜日 ジメジメ

こんにちは! 工房火の玉発動機 陶芸家の田崎太郎でございます。

程よくジメジメしているので、粘土で細かい大きな作品を製作するのに、

とても快適であります。(粘土にとって)

 しかし、作ってる本人は、不快そのものであります。

さて! 昨日は、早朝に携帯からサイレン 
付けっ放しのラジオから、あの不快和音のメロディ

 福島沖の大きめの地震! 
フクイチは、もうあれから、ボロボロで腐食もひどい!
 近い将来、土台から崩壊するんだから、福島沖の地震は、
マジでびびる!

そんなこんなで、世界では、戦争が始まりました。
BsB-bcPCcAANXUx戦争
工房火の玉発動機の、最終目的は、

工房長が企画してる、右から見た、おとぼけた平和主張の約50作品による、

【 ひのたませかいへいわ展 】

これをやることです。 そろそろその時期がやってきました。

あとは、どこで? いつ? やることだけです。

 製作時間も半年必要かな!


という訳で、今日のお題は、ひのたま的個展についてなのだ!

2013_12212014年4月入力0134ひのたま造船所
【ひのたま造船所】 (2011年9月製作発表・ニューヨーク日本クラブギャラリーにて展示作品)

陶芸家にとっての個展! アーティストにとっての個展!

強引に分別すると、貸しギャラリーでの個展は、アマチュア作家!

ギャラリーさんでの企画展は、プロ作家! 

こういう感じかなあ!

 陶芸の町、益子では、ギャラリー【もえぎ】さんから、個展の依頼をされたら、

プロとして一人前と認められる、登竜門のような場所だと、

もえぎさんのお客さんが、言っていました!

 もちろん、工房長も修行時代から、もえぎさんから、個展の依頼が来る様な、

作家になってみたいなあと、窯元の先輩に話しましたが、

大笑いされて、それで終わりました。

 修行時代に、個展を見に行っても、お客さんは、ほとんど来ない作家ばかりです。

しかし、極まれに、初日にお祭り状態になっていて、

開場とともに、売れた印の赤ポチシールが貼られる嵐状態の個展に

出会う事が、ありました。 とにかく、作家さんがカリスマ状態でした!

 修行時代の工房長は『将来、あーなりたい!』

しかし、窯元の皆は、あんな風になれるのは、ほんの極一部だから、

 夢は見ない方が良いと、言ってました!


2013_12212014年4月入力0182ひのたま造船所
【ひのたま造船所】 ~この造船所は、安い給料で極悪な労働環境で、
海軍から依頼された潜水艦を製造しています。  労働者達は、所長の悪口を
製造中の潜水艦に、うさ晴らしで描いていました! 所長激怒です~

個展と言いながら、 個展じゃなくて、

こじゃれた、展示即売会やってる、陶芸家も沢山います。

 それもいいと思います。 そのスタイルを極めれば良いわけです。

しかし、工房火の玉発動機は、違います。

 『ディーラーの新車発表販売会ではないのです!』

工房火の玉発動機は!

『東京モーターショーなのです!』

販売することは、考えずに製作します。

まず、見に来てくれるお客様に、ギャフンと言わせる事を

優先させるのです。

 販売を考える仕事は、陶器市だけにしています。

そんな感じで、現在、銀座三越の個展用の作品製作で、超忙しい工房長!

本日のぼやきは終了!

 ひのたま的個展の話は、その2へ続く




フェイスブッククリックしてね!
【工房火の玉発動機への連絡先!】

工房長 田崎太郎

メールアドレス!
  hinotamahinotamataro@yahoo.co.jp 

 HPはリンクの所の工房火の玉発動機をクリック!

最新陶歴は、カテゴリーの所の陶歴をクリック!してね


パソコ!』<br />ン修行 007 308965b959baf1a40e668337f23656a0お祈り LA6Ai阿吽 iBFcR火の玉ねずみ 



『緊急地震速報 びびりました!
スポンサーサイト

2件のコメント

[C2354] 楽しみです(*^^*)

田崎さんの才能の爆発を、群馬の田舎からいつも応援しています!
毎日、田崎さんの作品を見てから♪僕の1日がスタートします(*^^*)
これからもずーっと
末永く宜しくお願い申し上げます!

[C2355] お楽しみに!

どうもありがとうございます。
毎年、毎回、いつも真剣勝負でやっていますが、今年は、いつにもまして勝負の年であります。
 八丁堀、銀座三越と展示、ニューヨークでも1作品展示、大きな場所で、ヒノタマウイルスを感染させに行きます。
 もちろん、益子陶器市での火の玉ブースこそ原点というか、本店なので末永くよろしくお願いいたします。
  • 2014-07-14
  • 投稿者 : ハポス田島さんへ!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/937-985ee7cd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索