Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/913-ed6dbc97
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

やっぱり益子は、いいねえ!

3月26日 水曜日

こんにちは!
工房火の玉発動機 陶芸家 陶人形作家 田崎太郎です

陶芸バカです

陶芸が大好き!

陶芸の世界が大好き!

陶芸ありがとう!

陶芸の世界があったおかげで、

工房長は、なんとか社会で生きられております。

 外資系会社に勤めていた時は、
『おまえは、いったいどういう育ち方をしたんだっ
と、あらゆる人から、怒られていたのですが、

陶芸家になって、けっこう賞を取っちゃったり、テレビで特集番組を
作ってくれたり、好き勝手に、真剣に変なモノを作ってたら、
お客様から
『先生は、どういう育てられ方をされたのですか?
と、同じセリフを好意的に、投げかけられます。

大学生の時に、美味しんぼを読んで、
海原雄山に、ショックをうけました(笑)

サラリーマンのときは、山岡士郎のように、なれたらいいよなあ!
と思って、そして陶芸家になったら海原雄山です!

本当に、私は、ふざけた人生です。

しかし、真剣にふざけたおかげで、

けっこう良いポジションまで来る事ができて、
2014年は、FUMAギャラリーと、銀座三越という、
すごいチャンスに恵まれました。

ここで、ある方に認められると、凄いとこまで飛んでいけます。

それもこれも、今年製作する作品しだいです!

ふざけてる場合ではありません!

しかし、マジメにやってもいけません!

真剣にふざけるのです!

ふざけた発想を、真剣な伝統技術で、

陶芸の奥深さを、あの方に知らしめてやるのです!

 今現在の、工房長は、絶対成功という目標があるので、

あまりにもたくさんのイメージが脳でうずまいてるので、

とても混乱しています。

 新作個展 りゅうしゃま展 154
現在、工房火の玉発動機は、

シーサーを源流とする、神様の陶人形部門!

粘土で武器兵器を製作する、陶メカオブジェ部門!

この2本柱で、やっていますが、

今年から、メルヘンメカオブジェ部門!を加えます!

3本柱で、やるよ!

なので、脳内が混乱しています!

春の益子陶器市での火の玉発動機のブースでは、

工房長は、混乱して意味不明の言葉をブツブツ言ってると思います。

新作個展 りゅうしゃま展 155
陶器市期間中に、たくさんの方々と、おしゃべりして、

脳内整理して、陶器市が終わったらすぐに、

独立14年目にして、最大の勝負作を産み出す為に、

傲慢自由奔放海原雄山化いたします。


という訳で、一通りボヤキが済んだ所で、

益子へ会合のために、夜に行ってきました!

益子!

やっぱり良い空気!

田舎は、好きじゃないけど!

ここは違う!

陶芸の町だから、陶芸好きの人間に取ったら、

たまらん空気が充満しています。

 夜だったので、窓の明かりの中で、

陶芸家が作陶してるのが、見えます!

工房火の玉発動機も、益子に工房を構えたい!

益子を拠点にして、日本中世界中に枝を伸ばしたいです!

 先日の東京フォーラムでのアートフェアでも思ったのですが、

アニメの香りと伝統技術の融合してる作品が、光っていました!

 工房長も、その路線を踏襲しようと思っています。

というか、もろにその路線を疾走してるんだけどね!

春の益子陶器市まで、ちょうど一ヶ月です!

今回の、工房長は、ちょっとおかしいと思うので、気をつけてね!

何か、大きなモノを、産みだそうとしてるので、

脳みそが、接客のほうに、あまりいかないかもな!

なんか、産まれそうなんだよな!

穴から、出てきそう!


ふふ! いつもの火の玉発動機的世界の映像を見つけました!

giantradioactivefukushimasquid_3火の玉発動機的世界
これにインスパイアーされて、新作が出来そう!


フェイスブッククリックしてね!
【工房火の玉発動機への連絡先!】

工房長 田崎太郎

メールアドレス!
  hinotamahinotamataro@yahoo.co.jp 

 HPはリンクの所の工房火の玉発動機をクリック!

最新陶歴は、カテゴリーの所の陶歴をクリック!してね


パソコ!』<br />ン修行 007
『なんか出そう』
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/913-ed6dbc97
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。