Entries

益子陶器市 火の玉発動機 (その3)

5月17日 金曜日 

さてさて! 
今回で、益子陶器市に出店して23回目なのだ!
今までに、2回休んだのですが、一回は体を壊して、もう一回は震災で!

しかしながら、独立してから、ずっと右肩上がりで、いつづけています

これは、すべて、火の玉発動機のヒノタマウイルスに感染していただいた、
火の玉中毒患者様のおかげであります!

本当にありがとうございました!

今まで、100人に1人という、まれに感染される火の玉中毒患者様を
ひとりひとり、大事にヒノタマ信者になっていただいて、
地道な長年における布教活動が、やっと日の目をみてくるようになりました!

最近は、だいたい10人に1人が、ヒノタマウイルスに感染する感じです!

ここで、注意しないとならないのは、10人のうちの9人に対して、
無理やり、火の玉教に勧誘してはならないことなのだ!

ここ数年は、たくさんのお客様に恵まれる事になりましたが、
ここで、勘違いすることが多いのだ!

沢山の方から、支持されてるからといって、
万人に好かれてるわけでは、ないことを、
いつも肝に命じなければならない!

 囲いの中にいる羊を大切に育てるのです!

異邦人の街に行ってはならない!
そして囲いの外の羊に会いに行かなければ!

これは、キリストさんが言ってた様な言葉だったなあ!


ここ最近は、いろんな人から、いろいろ言われる!

火の玉発動機が、上手くいってるのは、奇跡なんだからな!

どうして、そんな強いブランド力ができてるんですか?

など! いろいろ言われてるが、答えてみるのだ!

 それは不特定大多数ではなく、特定少数向けに、強烈に進めてるだけのことなのだ!

本当に単純なのだ!

 参考にしてるのは、インディーズで神とあがめられてるロックバンドのやりかたなのだ!

中途半端にすると、ダメよ! 絶対、中途半端はダメ!

中途半端にしたら、絶対失敗するよ!

それぐらいなら、低迷したまま、現状維持したほうがいいぞ!

 そして信念もって、ぬくぬくとした場所から離れて、

家族を取るか、仕事を取るか、

会社員、公務員で、ないんだから、

この仕事は、がんばったからいい!ではなく、

強烈な結果が出ないと、意味がないのだ!

そう! 意味などまったくないのだ!

嫁と子供とアットホームに暮らしたいなら、

それでいいと思うよ! その価値感も悪くないのだ!

でも、鋭い頂に立ちたいとは、考えない方がよいのだ!

工房長は、鋭い頂に立ちたい! 立ってみたい! どうしても立ちたい!

好奇心旺盛なので、そこからの光景が見てみたい!

 本当に、鋭い頂に立ちたいならば、家族は邪魔になるはずだ!

仕事の量や深さを考えると、分かるはずだ!


工房火の玉発動機は、来年、パリで

展示するのだ!

それが終わったら、少し、人間の暖かい心を、取り戻そうかな!

他にも、いろいろ展示の仕事、たくさんあるから、ピリピリしてると思うが、

とりあえず、脱サラしてからの長いレースでのゴールかな!

そうそう、製薬会社時代、同じ担当の病院で、

脱サラしたMR(医薬情報担当者)が、工房長を含めて3名!

この3名の共通点は、みな、テレビで特集組んでくれたことなのだ!

ひとりは、エベレスト登頂で、NHKの登山の番組で!
もうひとりは、薬局のチェーン展開の会長になって、経済番組で!
工房長は、NHKで、土曜マルシェで、特集組んでもらって、全地球放映!

ぬるま湯に浸かっておいて、

どうしたら、上手くいくんですか? と、相談してくるんじゃねえぞ!

俺に相談なんかしたら、まちがいなく暴言吐かれるぞ!

まったく、工房長の理想の大人は、泉谷しげる!なんだからな!


という訳でなあ!

益子陶器市のまとめ(その3)を書くつもりだったが、

こんなになっちまった!

うまくいく方法など、ちょっと考えれば、簡単なことだ!

だいたい、ウンコしてる間に、2つ、3つアイデアが出てこないようじゃ!

それじゃ!うまくいかねえよ!

 工房火の玉発動機!

今後更に、変な計画、変な構想を立ててるので、

お楽しみにね!

では、益子陶器市の報告は、その4へ!

20130417112424拷問1


フェイスブッククリックしてね!
【工房火の玉発動機への連絡先!】

工房長 田崎太郎

〒 315-0141 茨城県石岡市月岡122-2 

メールアドレス!
hinotamahinotamataro@yahoo.co.jp 

 HPはリンクの所の工房火の玉発動機をクリック!

最新陶歴は、カテゴリーの所の陶歴をクリック!してね

パソコ!』<br />ン修行 007
『はやく益子陶器市報告しにゃろめ!

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/813-08bf285c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索