Entries

オジンデスオバンデスパンチョス!!

10月21日 日曜日!

オジンデスオバンデスパンチョス!

このブログを、つい最近読み始めた方は、わからないと思いますが!

オバンデスパンチョス火の玉地雷処理班!

2010_12282011うさぎ0212 ばけもの

このブログをずっと読んでる人は、よーく知っている!

工房長は、昨年から、良い事も悪い事も、両方極端なことが、起こっていることを!

良い事は、陶芸の仕事!

名誉も金も、よくぞここまで! 到達できました!ということが!

悪い事は、病気に怪我! そしてバツイチマルイチによる、相手一族からの、

屈辱的仕打ち!

 怒りと復讐心で、巨大な地雷となっていて、とても苦しんでいたのだが、

新潟の竜ヶ窪の竜神様に祈願したら、

大地の芸術祭 160大地の芸術祭 161大地の芸術祭 159大地の芸術祭 158


工房長の心に埋まってる地雷を率先して、地雷処理という危険な作業してくれる

人が現れました!

 もう、20年前の仲の良かった人だったけど、お互い自由人だったので、

音信不通になり、お互いディープなバイク乗りだったので、

もう、三途の川キャンプ場で、バイクキャンプしてるものだと思ってたら、


       生きてました!

 ずっと、工房火の玉発動機のブログをチェックしてくれていて、

心荒れ果てた工房長の地雷を、ずっと処理したがってたようで、

竜が窪から工房に帰ったら、メールが入ってました。

 工房長のことを、心底深く知ってる人なので、工房長の黒い部分も良く知っています!

こういう人でないと、俺の地雷処理は、任せられないんだよね!


 あの頃、若かった2人は、20年以上たつと、

もう、お互い子持ちの、【オジンデスオバンデスパンチョス】

でも、本当にこういうときは、頼りになるんだよな!

自分の心の黒い部分を、平気でさらしても、相手は、ひかないし、

いろいろ、怒りのメカニズムとか調べてくれて、今年中には、

面倒な、地雷処理が終わりそうです!


あと、2発の地雷が、大変なんだよね!

戦国時代なら、迷わず叩き切って絶命させたいほどの怒りがある、2名の人間!

 オバンデスパンチョスからは、

『もう、工房長の男を下げるから、ブログで、鬱憤晴らしするのは、もうやめること!』

くぎを刺されたので、もう言いません!

できることなら、一矢報いたかったのですが、もう、やめます!


オバンデスパンチョスは、カリスマ性が高いオバンデスなので、

もう、すべてを任せようと思います!

 人脈と言うか、人生と言うか、本当に面白いですね!

工房長を陥れて、ボロクソに扱う、一族も居れば、

全身全霊で、工房長を救ってくれる人が、現れたり!

 
バイクで放浪しまくっていた、若かった二人は、もうバイクには乗ってなくて、

お互い、おじさん、おばさんになっていました。

峠道で、馬鹿速かった女性も、今はオバンデスパンチョス!

彼女の息子に、もし会ったら、工房長は彼に言うでしょう

『お前の母は、物凄いバイク乗りだったのだぞ!』



先日は、地雷処理に失敗して、彼女は地雷を爆破させてしまったが、

さすがオバンデスパンチョス! 爆風浴びても、びくともしません!

ここであったら、20年目!
 最後の一発まで、地雷処理してもらうのだ!

しかし、20年ぶり再会して、お互いオジンデスオバンデスパンチョスになってても、

面影はあるんですね!

フランス映画のワンシーンのようでした!

人生の郷愁!

こうやって、年取って、

やがて、

ふと、消えてゆくんだよね!


スポンサーサイト

2件のコメント

[C2043] ▲どういう方か全く分からんが・・・・

 良かったな~・・・そういうランクの高い女性が現れて。。。。私にも同じような「ランクの高い」友人がおるが(男だが、俺以上に毛髪がデンジャラス状態だが--要は「禿」--)、そういう人間がいてくれると、本当に助かるよね!

 追伸
 ぺっぱさん、ブログ再開したよ!

[C2044] 屁波、日本でうまくやってそう!

屁波、准教授として、うまくやってるみたい!フェイスブック見てると!
女性は、たくましいね!
男は弱く、女は強い!
  • 2012-10-21
  • 投稿者 : 隼人5号へ!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/771-8fe9fcd4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索