Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C1734]

スケジュールいっぱい。
いいな~
いいな~(´Д` )
  • 2011-11-22
  • 投稿者 : KITERETHU
  • URL
  • 編集

[C1735] 営業努力なのだ!

ここ数年でやっと、何とかなってきました! さか衛門の忠告のおかげで、
大事なことを考え直すことができました。 どうもありがとう!

40代の10年間が、おそらく気力体力が充実する最後の10年間になるので、
さすがに、回り道やパワーを無駄なく、
本道に使わなくては!

50代は、まだどうなるのか?
かなり酷使してるので、体が持つのか?
工房長が天に選ばれた人間なら、
 なんとかなるだろう!
そういう世界なのだ、今所属してる業界は! 実力無き者は、廃業するのみ!
 このストイックな世界!
サブイボが出まくりです!
  • 2011-11-22
  • 投稿者 : KITERETHU さんへ!
  • URL
  • 編集

[C1736] そうだよな~

 40代が最後の勝負所だよな~・・・。この10年で新境地を開けるかどうか、私も目下ひじょーに悩んでいます。結構好評だった、私の情報社会論という講義ですが、ここ数年不評です。別に話の中身が古くなってしまったわけではなくって、話をしている当の自分が話している内容に情熱や思いを込められなくなってしまったのですわ。つまり自分の話に自分自身が飽きてしまった、ということですね。この10年で新しい研究をして新しい講義録を作らねば・・・・かなり焦りまくりです(ちょっと違うかもしれないけど、私にとって「講義の場」は、「自分の作品=論文」を披露する「個展」みたいな時間です)。ちなみに「学会」は社交の場です。

[C1737] はまったああああー!

はっまったああああー!
講義で自分の話に自分が飽きてしまった!
 工房長でいうと、自分の作品に自分が飽きてしまった状態!
 まさに恐怖なのだ!
自分自身が熱くないと、他人には絶対伝わらないので、自分が冷えてしまったときが恐怖です!
今まで継続してたことは、続けてまったく新しい作風をやり始めないと、工房長は死活問題なのだ!
 水は流れ続けてないと腐ってしまう話は、初めて聞いたときはショッキングな自己啓発話だったが、それも聞き飽きてしまった!
 恋も脳みその仕組みで3年間が限界なので、われわれは、何か新しいモノに
取り組まないと、今後大変なことになりそうで結構ビクビク!
 もがくのは30代!
40代は、もがく暇などもったいない!
脳物質を出すために、女性と飲みに行くのが、けっこういいのかもかも!

 脳が死んだら、終わってしまう!
防止のために、美しい女性と、飲みに行こう! 高尚なことばかりだと、工房長の脳みそは、硬化していくのであった!

 この問題!解決できず!
  • 2011-11-22
  • 投稿者 : 隼人3号さんへ!
  • URL
  • 編集

[C1738]

アレよね。孤独よね。(´Д` )
  • 2011-11-22
  • 投稿者 : KITERETHU
  • URL
  • 編集

[C1739] ぶつぶつ言わずに精進じゃー!

血反吐や、血尿!顔面麻痺するまで、
製作活動に邁進せよ!
 工房長が、製作で追い込みすぎて、
半分顔面麻痺したので、師匠に相談したら、師匠は血尿出たと言って、勝ち誇っていたのだ!
 さか衛門! 瀕死状態になるまで
製作に打ち込めーv-313

工房長は、とりあえず彼女作ります!v-341
ポポッポノポ!
  • 2011-11-22
  • 投稿者 : KITERETHU さんへ!
  • URL
  • 編集

[C1742] 空軍の戦龍

田崎様

何とも愛らしいお顔の龍さんですね。
夫が田崎さんの作品の中で竜神さまをとても気に入っています。

私ももともと、なぜか龍に引かれてお寺などを訪れるのが好きです。

かなり前の著書ですが、「龍の棺」高橋克彦著 はご存知ですか?!
今となってはジャンルのない、SF小説です。
とてもユーモラスで、歴史的背景も交えていて面白い作品だと思います。

これからも新しい作品を楽しみにしています。
ありがとうございました。

ねこのしっぽことさっちん

[C1743] ありがとうございます!

ありがとうございます!
「龍の棺」高橋克彦著は、存じておりませんでした!
 個展をやるときは、マニアが来てもギャフンと言わせたいので、資料をたくさん集めます! 
あー!早く新作個展発表したいなあ!
  • 2011-11-23
  • 投稿者 : ねこのしっぽ!さんへ!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/665-d28071e3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

次の一手は!

11月21日 今日から再始動! 工房長発進!
今回の作品映像は、工房火の玉発動機 新作個展 【ひのたま地球防衛軍 2010】からです

2011_0929ひのたま地球防衛軍0046 戦龍神

さて!工房長は、いろんな龍神さまを製作してるので、他の作家さんが産み出す龍神さまに、
興味深々なのだ!  みなそれぞれの味をした龍神を産み出すので本当に面白い!

2011_0929ひのたま地球防衛軍0047 戦龍神
【ひのたま地球防衛軍の空軍の戦龍です!】

火の玉発動機の一番好きな龍神は、この戦龍神!
全速力で走ってるダックスフンドが、一瞬だけ4本足が地球から離れるのだが、
その姿が、ちょっと、まぬけな龍神さまのようなのだ!

 この戦龍も、メタボな上に、重い鎧を装着してるので、地面すれすれの高さを、
やっとこさ空中浮遊してるのだ!
 この龍も火の玉発動機の宣伝用なので、非売作品です!

来年は、今年中止になった龍をテーマにした新作個展『りゅうしゃま!』を
やりたいねえ!(濃い龍ドラゴンの高価な資料を3冊も入手!)


2011_0929ひのたま地球防衛軍0045 戦像
【ひのたま地球防衛軍陸軍の戦象です!】

これも、宣伝用なので非売です! 戦象は歴史上実在してたのだ!(愚かな歴史なのだ)

あー!工房火の玉発動機 工房長 現在、次の一手を考え中!

独立して作家人生の11年間!

目標は単純明快、ただ一つ!

飯が喰っていける有名作家になること! これのみ!

単純ゆえ、悩むことなくパワーを集中してぶつけられる!

 皆と和気藹々してやってる若手陶芸家もいたが、工房長は有名になること唯ひとつ!

誰よりもストイックに、下りのエスカレーターを全速力で走って昇って行くような人生!

ストイックな姿勢こそ素晴らしいのだ!

そして、気を緩めるとすぐ下がってしまうのである!
2011_0929ひのたま地球防衛軍0039 装甲列車
【ひのたま地球防衛軍陸軍 二一式装甲列車】

今年は、いろいろ世間に大きく認められることがあって、一応踊り場まで到達したようだ!

雑誌にも新聞にも美術本にもテレビにも特集されたから、下りのエスカレーターは
どうも昇りきったようだ!
 経済的にも安定してきたし、新しい工房の準備もできた!

次の昇りは、エレベーターかもしれないし、階段かもしれないし、赤いカーペットかもしれない!

断言できることは、もう下りのエスカレーターを全速で走って昇るのは卒業できたことだ!

しかし体が、あのペースを記憶していて、早く早くと急き立てる!

 もう、余裕を持って進んでもいいのに、早く早くと急き立てる!

作家としての仕事が盛りだくさん!そして製作発表スケジュールは充実してるのに!

 陶芸教室は、一旦見合わせることにした! 友人や知り合いが来たときは、いっしょに
工房で製作してもらうことにして、作家の仕事一本で、今後やっていくことにした!

来年は、欧州の現代アートの芸術家との競演に参加決定!

2つの大きな個展の企画! 春と秋の益子陶器市の出店!
無謀な一般人には見せない、強行ゲリラ!ジブリの食堂での関係者向けゲリラ個展!
 あといくつかの、グループ猫展!など作家田崎太郎の仕事が山盛り!

陶芸教室にエネルギーを費やすと、作家の仕事が中途半端になる!
やっと、踊り場にたどり着いたのだ! 
今こそスタート! 全力で取り組むときは今なのだっ!

2011_0929ひのたま地球防衛軍0036 装甲列車
【ひのたま地球防衛軍陸軍 二一式装甲列車】
抵抗勢力が、いなくなった今こそ、のびのびと作家 田崎太郎が心行くまま製作出来る時!

アメリカからもオファーがメールで来てたんだし、しっかりした工房を設立して、
早く海外進出したいのである!
 猫アートの世界でも工房火の玉発動機は、メディアにしっかり出たのだが、
フランスでは、作家ものの招き猫が高値で取引されているのだ!
 火の玉発動機の仔猫神さまも、進出予定なのだセボン!

まずは、来年、ヨーロッパの現代アートの作家さんと友達になるのだ!
現在ラブソングで英語の勉強中なのだ(下心は素晴らしいのである)!
 秋の陶器市で、試しに使ったら、通じて、ハグも出来たのだ!

さて!陶芸教室の件だが、火の玉中毒の患者さんのみ限定で、火の玉作品を
作る場合だけ、ごく少数OKにしよう! 

なにしろ、火の玉中毒患者のお客様には、いろいろ手伝ってもらったり、
いろいろ、お世話になって本当に感謝しております!


【工房火の玉発動機への連絡先!】

工房長 田崎太郎

☏ 0299-42-3073 (現在FAXが故障中!)

〒 315-0141 茨城県石岡市月岡122-2 

メールアドレス!
hinotamahinotamataro@yahoo.co.jp 

 HPはリンクの所の工房火の玉発動機をクリック!

最新陶歴は、カテゴリーの所の陶歴をクリック!してね

工房火の玉発動機のテーマ曲決定いたしました!

【導火線】BAZRA

『メロディと詩とともに、これほどぴったりの曲は、ないのだ

~裏火の玉発動機ブログも、あるからねえ!~
アメブロ ひのたまたろう!でーす


追伸! アクセス解析でここのところ、アメリカからコンスタントに
結構あるのだが、ついにNYのギャラリーさんが少し動きはじめたのか!
 日本でも今まで、発表したあと3ヵ月後、半年後にアプローチしてくるんだよなあ!
じっくり、田崎太郎を分析してから、きちんとした連絡がくるのだ!
 

夢の続き
スポンサーサイト

8件のコメント

[C1734]

スケジュールいっぱい。
いいな~
いいな~(´Д` )
  • 2011-11-22
  • 投稿者 : KITERETHU
  • URL
  • 編集

[C1735] 営業努力なのだ!

ここ数年でやっと、何とかなってきました! さか衛門の忠告のおかげで、
大事なことを考え直すことができました。 どうもありがとう!

40代の10年間が、おそらく気力体力が充実する最後の10年間になるので、
さすがに、回り道やパワーを無駄なく、
本道に使わなくては!

50代は、まだどうなるのか?
かなり酷使してるので、体が持つのか?
工房長が天に選ばれた人間なら、
 なんとかなるだろう!
そういう世界なのだ、今所属してる業界は! 実力無き者は、廃業するのみ!
 このストイックな世界!
サブイボが出まくりです!
  • 2011-11-22
  • 投稿者 : KITERETHU さんへ!
  • URL
  • 編集

[C1736] そうだよな~

 40代が最後の勝負所だよな~・・・。この10年で新境地を開けるかどうか、私も目下ひじょーに悩んでいます。結構好評だった、私の情報社会論という講義ですが、ここ数年不評です。別に話の中身が古くなってしまったわけではなくって、話をしている当の自分が話している内容に情熱や思いを込められなくなってしまったのですわ。つまり自分の話に自分自身が飽きてしまった、ということですね。この10年で新しい研究をして新しい講義録を作らねば・・・・かなり焦りまくりです(ちょっと違うかもしれないけど、私にとって「講義の場」は、「自分の作品=論文」を披露する「個展」みたいな時間です)。ちなみに「学会」は社交の場です。

[C1737] はまったああああー!

はっまったああああー!
講義で自分の話に自分が飽きてしまった!
 工房長でいうと、自分の作品に自分が飽きてしまった状態!
 まさに恐怖なのだ!
自分自身が熱くないと、他人には絶対伝わらないので、自分が冷えてしまったときが恐怖です!
今まで継続してたことは、続けてまったく新しい作風をやり始めないと、工房長は死活問題なのだ!
 水は流れ続けてないと腐ってしまう話は、初めて聞いたときはショッキングな自己啓発話だったが、それも聞き飽きてしまった!
 恋も脳みその仕組みで3年間が限界なので、われわれは、何か新しいモノに
取り組まないと、今後大変なことになりそうで結構ビクビク!
 もがくのは30代!
40代は、もがく暇などもったいない!
脳物質を出すために、女性と飲みに行くのが、けっこういいのかもかも!

 脳が死んだら、終わってしまう!
防止のために、美しい女性と、飲みに行こう! 高尚なことばかりだと、工房長の脳みそは、硬化していくのであった!

 この問題!解決できず!
  • 2011-11-22
  • 投稿者 : 隼人3号さんへ!
  • URL
  • 編集

[C1738]

アレよね。孤独よね。(´Д` )
  • 2011-11-22
  • 投稿者 : KITERETHU
  • URL
  • 編集

[C1739] ぶつぶつ言わずに精進じゃー!

血反吐や、血尿!顔面麻痺するまで、
製作活動に邁進せよ!
 工房長が、製作で追い込みすぎて、
半分顔面麻痺したので、師匠に相談したら、師匠は血尿出たと言って、勝ち誇っていたのだ!
 さか衛門! 瀕死状態になるまで
製作に打ち込めーv-313

工房長は、とりあえず彼女作ります!v-341
ポポッポノポ!
  • 2011-11-22
  • 投稿者 : KITERETHU さんへ!
  • URL
  • 編集

[C1742] 空軍の戦龍

田崎様

何とも愛らしいお顔の龍さんですね。
夫が田崎さんの作品の中で竜神さまをとても気に入っています。

私ももともと、なぜか龍に引かれてお寺などを訪れるのが好きです。

かなり前の著書ですが、「龍の棺」高橋克彦著 はご存知ですか?!
今となってはジャンルのない、SF小説です。
とてもユーモラスで、歴史的背景も交えていて面白い作品だと思います。

これからも新しい作品を楽しみにしています。
ありがとうございました。

ねこのしっぽことさっちん

[C1743] ありがとうございます!

ありがとうございます!
「龍の棺」高橋克彦著は、存じておりませんでした!
 個展をやるときは、マニアが来てもギャフンと言わせたいので、資料をたくさん集めます! 
あー!早く新作個展発表したいなあ!
  • 2011-11-23
  • 投稿者 : ねこのしっぽ!さんへ!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/665-d28071e3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。