Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/647-f1dc03de
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

今日も黙々とっ! 地道です!

10月16日  暑い日だねえ!

さて!工房長は、日々地道に、愚直に、手を抜かず作業を進めてるのだ!

秋益子陶器市 001

秋益子陶器市 004
まじめに、釉薬を掛けています!

これから、ひとつひとつ、目玉の処理をするのだが、これが大変なのだ!

でも、これが工房火の玉発動機、陶人形作家 田崎太郎の作品の真骨頂なので、

まじめに作業をするのである!
秋益子陶器市 002
そして、ひとつひとつに、願掛けて窯の中に安座させるのである!

秋益子陶器市 003
この白いものが、焼成すると、いい感じに仕上がるのだ!

とても楽しみなのだ!
秋益子陶器市 005
そして、これらは、空母型重装甲列車の飛行甲板に載る、『ひのたま飛行隊』なのだ!

ジャイロコプター! ロケット戦闘機! 初期のジェット戦闘機! ヤタガラステルス戦闘機!

大昔! 空中戦艦の艦隊を、作って、並べたことがあるが、壮観だったなあ!

今回は、どうしても飛行隊を、そろえたくてたまらなかったのだ!

 気がすまないから、創るしかない! もはや仕事ではないテンションなのだ!

売れることなど考えていない!

このスタンスこそが、今年で11年目! 火の玉発動機を永続させてきたのである。

 簡単に売れそうなものだけ、作ってたら、すでに廃業してたはずだ!

ひのたま中毒の患者を、益子陶器市にて増加させて、重症患者を、

治療のために、火の玉発動機の新作個展に招待する!

そして常習化禁断症状体質にさせていくのが、工房長のやり方なのだ(笑)

秋の益子陶器市では、中止になった新作個展の分もパワー全開なのだ!

しかし、いつも個展会場は広いのだが、陶器市のお店は、狭い!

 狭いのに、いっぱい新作を並べたいので、店内は4名ほど入ると、

じっくり見ないと駄目な作品ばかりなので、いつも大混乱するのだ!

混乱してるので、超人気店のように、見えてしまう!

 中毒患者と工房長との濃い作品説明が、朝から晩まで!

とにかく、マニアックな作品ばかりなので、説明をしないと気がすまない!

濃いファンは、説明を聞かないと、気がすまない!

 今回は、尿管結石の工房長! 無理はできないからねー!


2011秋益子陶器市 001
ヒノタマンダー! この妖怪の説明は、前のブログでね!

個人的に、この妖怪は工房長、とても気に入ってるのである!

久々の火の玉発動機の定番妖怪なのだ!

今まで、たくさんの妖怪バケモノ神様を作ってきた!

定番にならず、ひとつだけ創って、消えていったもの多し!


さて!19日から、ニューヨークでの陶芸展での作品展示なのだ!

NYへ! 005

NYへ! 006
審査員のNY近代美術館MOMAの副館長の肉眼に、さらされるのだ!

絶対に賞を獲りたいのだ!

弱肉強食の実力の世界で生きてる工房長!

実力あるやつは、山程いるのだ!

 運命の分かれ道は、運なのだ!

強運を持ってる人間が、生き残れるのである!

工房長は、強運を持ってるのであろうか!

運は強い方なのだ! 好きなことやってるときは!


 明日も、地道に釉薬作業!

昨日は、感電して、死ぬかと思ったのだ! 山田カマチのようになるところだった!

せめて、作品が完成するまでは、感電しようが、刺されようが、

工房長は、絶対死なないのである!


【工房火の玉発動機への連絡先!】

工房長 田崎太郎

☏ 0299-42-3073 (現在FAXが故障中!)

〒 315-0141 茨城県石岡市月岡122-2 

メールアドレス!
hinotamahinotamataro@yahoo.co.jp 

 HPはリンクの所の工房火の玉発動機をクリック!

最新陶歴は、カテゴリーの所の陶歴をクリック!してね

工房火の玉発動機のテーマ曲決定いたしました!

【導火線】BAZRA

『メロディと詩とともに、これほどぴったりの曲は、ないのだ

~裏火の玉発動機ブログも、あるからねえ!~
アメブロ ひのたまたろう!でーす
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/647-f1dc03de
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。