Entries

R1100GSちょい改号! お久しぶりブリー!

10月7日 金曜日 秋晴れ!

火の玉工房長! 落ち着きを取り戻し、ようやく乾燥待ちの、のんびりした日々なのだ!

久しぶりに、何も考えない日! 極楽極楽!

10月のこのブログは、秋の益子陶器市の宣伝モード!

いつもの、火の玉魂爆発の叫びブログではないのである。

いわば、皆がよくやってる普通のたわいもない連絡事項ブログなのだ!

だから、苦情のコメントも入らないはずだ!(つまんないけどな!)


さて! 今日は放置され続けられた、愛車R1100GS号を洗車したのだ!

R1100GS 001
いたるところに、虫たちが、巣を作っていて、まるで工房長は悪質な地上げ屋の、

強引な立ち退き業務してるかの作業なのだ!

 金が貯まれば、見かけはボロでも、機関部はバッチリ整備して、迷彩色に塗り替えたいなあ!

秋はバイクには最高! 秋の福島なんか最高だったのだが!(泣)

 海でも見に行くか!

見かけだけは、きれいになったら、妖怪が出現!
R1100GS 002
2011年に発見された、新種の妖怪なのだ!

調べてみると、相当の魔物らしいが、毒を持って毒を制するようなので、

魔よけの妖怪として、飼いならすと強力に良いみたいなのだ!(今年は厄年!)

 魔物なので皆に嫌われるのが、いやなので、擬態としてパンダ柄になったようなのだ!

パンダに見えれば、人気者になると計算したらしい妖怪なのである!

名前は工房長が発見者なので、工房長に命名権があるのだ!

ヒノタマパンダ? 【ヒノタマンダ!】にしよう!

R1100GS 003
『ボクの名前は、ヒノタマンダでーす! 益子にも魔除のために行くぞ!』

床下から5匹、捕獲したので何匹かは、益子に連れていくぞー!


 さて!今年の秋の益子陶器市は、11/3~11/7です!

工房火の玉発動機は初日の夕方に、恒例になりそうな、来年の福男福女選びを今回もするぞ!

来年の生神様を3人選定しまーす!

合言葉は後日のブログにて発表するぞ!


来週は工房長の作品がついにニューヨークにて発表(笑)

NY近代美術館MOMAの副館長が審査員なので、どうなることやら! お楽しみにね!

NYへ! 006 NYへ! 005 NYへ! 004

NYへ! 003 NYへ! 002 益子陶器市へ! 002

賞がもらえますように! 『ヒノタマンダーヒノタマンダーヒノタマンダー!


【工房火の玉発動機への連絡先!】

工房長 田崎太郎

☏ 0299-42-3073 (現在FAXが故障中!)

〒 315-0141 茨城県石岡市月岡122-2 

メールアドレス!
hinotamahinotamataro@yahoo.co.jp 

 HPはリンクの所の工房火の玉発動機をクリック!

最新陶歴は、カテゴリーの所の陶歴をクリック!してね

工房火の玉発動機のテーマ曲決定いたしました!

【導火線】BAZRA

『メロディと詩とともに、これほどぴったりの曲は、ないのだ

~裏火の玉発動機ブログも、あるからねえ!~
アメブロ ひのたまたろう!でーす
スポンサーサイト

3件のコメント

[C1665] 猫がよいです

コメントをどうぞ

[C1666] 犬もよいです!

コメントをどうぞ
  • 2011-10-31
  • 投稿者 : ヤマさんへ
  • URL
  • 編集

[C1668] 仲間ができたっー!

ヤマさん!こんにちは!
いやー!素晴らしい!
このブログは、陶芸家である工房火の玉発動機のブログなので、陶芸関係の話ばかりなのだが、工房長は、陶芸家である前に、バイク乗りなのだ!

まずは、R1100GS購入おめでとうございます! 皆、最新の1200ばかり乗っていて、いやになります(笑)
この1100GSこそが、現代GSの祖なのだ!
 陶芸家でも祖が一番すごいのだ!

日本で走るのは、申し分ないですよね! また1200GSの人は、傷がついただとか、汚れるからとか、うるさい!
R1100GSは、ぼろぼろに使い倒すと、ボロに見えず、凄みが出るのだ!
戦闘機でいうと、F22ラプターと、朝鮮戦争でボロボロになってるAH1スカイレーダーの違いなのだ!

しかし、このR1100GS号をボロボロな姿にさせるには、相当乗り込まなきゃ!

未だピカピカ気味のGS! つや消し迷彩にしたいなあ! 機関部も絶好調にさせて! ではよいバイクライフを!
  • 2011-10-31
  • 投稿者 : ヤマさんへ!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/644-b5531e16
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索