Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/613-4e947613
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

にゅうたろう! の巻!

7月11日 酷暑

さて!本日も毒いっぱいで、いきますぞ!

2010春 陶器市 003 河童
【涼を求めて、河童の水浴!】

さてさて! 梅雨が予想以上に早く明けてしまい、これから3ヶ月は、地獄の酷暑の工房(攻防)

実家の千葉の方で、会社を立ち上げるために週末に物件探し!

 予算内での陶芸家にぴったりの物件は、さらさらそうそう、見つからず!

汗だくだく! 普段室内にほとんどいる工房長!限界なのだ!

限界といえば玄海原発!

 おばちゃんへのインタビューのとき、『私、お金もらってるから悪いこと言えないの!』

正直でいいんじゃなーい! 愚かな人間だけど!


 さて、前回、前々回のブログでも、おなじみのように、

工房長は、マルイチになったのだ!

 そしてはやく、嫌な記憶しかない震災で壊れかけた工房から早く脱出したい!

    今すぐに!

 まさに田崎NEW太郎(にゅうたろう)への飛躍なのだ!

今年中に、新しく彼女を作り、新しい場所で、仕事を更にに大きく立ち上げる!

 嫌な過去は、無かったことにするのだ!

NYで活動していた芸術家さんからも、お前はそのパワーを、恨みや復讐に使ってはならない!

 お前ほどの才能があるならば、全て製作にぶちこむべきなのだ!

こんなようなことを言われたことを、思い出したのだ!

 まあ、離婚原因は、名前をつけるなら原発離婚なのだ!

元嫁側は原発利権たっぷりの東海村のすぐそばに住む一族!

原発は、日本の明るい希望! 我等住民は、誇り高い原発住民!

そんな感じで洗脳され育った一族達!

安全神話という神話の宗教に、自ら信者になり、

現在その教祖が消えてしまっても、今だに信者ナリ!

 工房長は事実を言っても、所詮信者には、科学的根拠は全く通用しない!

それどころか、ここに住んでる我等誇り高い原発信者に失礼だろ!という始末!

 そんなこんなで、陰湿な嫌がらせを工房長は受けたりして、工房長大激怒!

 そして、離婚!

  案の定、原発信者らしく、子供を連れて原発のそばに引っ越してしまったのであった!
(茨城県北部海側、放射能モニターを315から見てる人は、そこがどういう場所か分かるよね!)

原発好きにも程があるのだが、まあ信者は好きでたまらないんだから仕方が無い!

   工房長に『すき家』に行くなと言われても、行ってしまうのと同じなのだ。

子供に対しては、『うちの子供はチャレンジャーだから、放射能でも大丈夫』という始末!

   信者の言ってることは、意味不明で理解不能! 

一族の発言録によると、子供達は皆外で遊んでるから、安全安心なのよ!

(本末転倒じゃないの?)
ここ注意! (安全安心だから、皆外で遊んでるというのではないことに注意!)
    信者らしく無知であり、両隣見て判断する愚かな一族!真実の判断が皆無ナリ。
   この発言により、工房長激怒そして、家畜化された日本人の劣化!
   大日本帝国時代には、こういう連中が日本を駄目にしたことは、歴史が証明!
   また、歴史は繰り返す!

だって、私!教師だったんだから! 私の言うことは、【国の言葉!】



という訳で、今回の離婚は、工房長の浮気でもなければ、DVでもない!

また、パチンコばかりして仕事しないとか、才能がない陶芸家でもない!

 遊ぶのを犠牲にしてまで仕事に取り組み、大きな結果も出している。

 だから、このマルイチは、全く恥ずかしきことではなく、これからのハンディでもない。

成田山新勝寺での厄除けでの占いによると、工房長はすぐに再婚できるとのことなのだ!(今年大厄なので!)

 ならば、素晴らしい女性と、新しく人生を作ろうではないかい!

 という訳で、公務員でもなければ会社員でもない。

仕事に関しては、ワンマン社長で強引に進める工房長なのだが、

こんな工房長のパートナーになる人は、どんな人なのだろう!

 凄腕経営者の女性なのか? アーチィストなのか?

どっちにしても濃い人間になるのか?

にゅうたろうは、今日も仕事に明け暮れるのであった!

 灼熱の工房! 気が付くと手が痙攣してるのだ!

熱中症なのだ! 仕事に熱中して熱中症になるのであった。


製作後記!

 でかい作品を2つ作らないといけないのだが、乾燥を防ぐためにも、湿度を高く
しないとならない、地獄の陶芸家!
 役場からメタボ道場への催促も、後に7キロ減少、美木良助体操で、筋肉質!
もうメタボでもない! ボクサーのように汗が足元に滴り落ちる!
 そして、セシウム入りの湧き水を飲み、青汁を主栄養として生きる工房長!

秋の益子陶器市では、おそらくスリムな工房長?
いや名刀正宗の危険な切れ味な危険な香りがする工房長!
きけんなにゅうたろうなのであった(笑)
2008_09180126 ペンギン勇者
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/613-4e947613
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。