Entries

衝撃的事実発覚! その1の巻!

6月18日 本日も梅雨の雨!

さて! 本日の題材である、衝撃的発覚!

『田崎真也さん、黄綬褒章、受賞! おめでとうございます!』


さて、工房長も、昨日、何年かぶりに実家に帰ったのである。

それは!
人生の転機 NHK土曜マルシェ 008
それは、NHKの【土曜マルシェ】に出演し、新聞のテレビ欄にも、

大人気アニメ風陶芸?と立派に、一行も頂いたからである!

ふざけた題にも、見えるが、ちゃんと保守的な美術本や、陶芸雑誌でも特集されたこともある、

真剣に取り組んでる、工房火の玉発動機の工房長なのだ!

人生の転機 NHK土曜マルシェ 007
という訳で、 報告と先祖の墓参りのために、何年かぶりに実家に帰ったのだが、

 そこで、聞いたのが、ソムリエの田崎真也さんは、親戚だったのだ!

どうりで、顔の系統が工房長と同じなのだ!

 昔から、なんか似てる顔してるなあ!

それに、あの顔形の遺伝子は、田崎家一族の特徴で、結構存在するのだ。

 だから、先日それを、聞いて、納得!

あの顔形には、あごひげ!が似合うので、工房長もひげを生やしてるのだが、

田崎真也さんも、受賞のとき、かっこいいあごひげを生やしていて、かっこよかったのだ。

一族に、立派な芸術家がいてくれて、工房長もとても嬉しいのだ!

 こうなったら工房長も、さらに精進して世界の火の玉発動機!

世界の陶人形作家になるのだ!

 実際、アメリカから問い合わせが来たし、台湾からも!

日本語片言の、フランス人さんからも! 放映後に問い合わせ!

考えたら、アメリカ圏! 欧州圏! アジア圏!

すべてに、受け入れられる作品だと証明されたのだ!

 こうなったら、この仕事に邁進しなければ、ならないのだ!

2010秋益子陶器市 013
さて! 新しい工房になる物件を、見に行ったのだが、素晴らしい家だったが、

トラックが入れず、残念!

作家の仕事しながら、曜日ごと分けて、一日3人から5人の少数精鋭の濃い生徒さん!

を受け入れる、スタイルにするので、大きすぎる物件でなくても良いのだが、

窯を入れるためのトラックが入らないことにはしょうがない!

 事務所もついた、ちゃんとした工房火の玉発動機の拠点を作れば、

そこを拠点に海外にも、飛びやすいのだ!

英会話も勉強してるのだが、正直こうなったら陶芸好きなアメリカ人の友人を

作れば、面白いのだ! 

工房長の妄想は、9割がた実現するので、大丈夫なのだ!

昨年、濃いお客さんになってくれたニコルさん! また来てくれないかなあ!

 そういえば、サラリーマンのとき、飲み屋で言葉も通じないのに、

南米人の酔っ払いと、お互い長渕剛ファン同士ということで、2時間近く、

英語の単語だけで会話してたのだ!

 会社の後輩が、太郎さん凄いですねえ! 英語ペラペラですねえ!

いや、ベロベロでーす! 


さて! 画家のイグアナの加藤靖子どの!から作品が届いたのだ!

10年前から、その才能に工房長は、ずっとベタ惚れしていたのだが、

先日の展示会で作品完売! しかも新聞にもカラーで取り上げられていて、

靖子どの! は光輝いてるのが良くわかるのだ!

やっぱり、人間のってる時は、輝くものなのだなあ!

 来年! 工房火の玉発動機は、震災復活大爆発の個展を考えてるのだが、

壁が空いてるので、靖子どのに、2人展の依頼をしてみるのだ!

お互いの世界観が同じなので、おもしろいことになりそうな!

あとは、彼女がYES! といってくれるかどうか!

もちろん、両方が主役なのだ!

工房長の初の展示会が世田谷のギャラリーでの二人展!

 それ以来、自分が主役の個展のみにこだわってきたが、

グルタミン酸とイノシン酸の相乗効果のような作家さんに出会ったら、

コラボしてみたくなるのだ! 丁寧な御手紙を書こう!
2010_04270168 猫神

さて! 本日のお題である、衝撃的事実発覚!その1!

その1! ということは、その2! も存在するのだが、それはお楽しみに!

来週にオバカな友人達とその件で、バカ騒ぎするので、お楽しみに!

工房火の玉発動機のお問い合わせは?

5月28日のブログの記事見てね!

2010_04270165 黙示録
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/605-90d95a5b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索