Entries

人生の転機には、神様が降りるの巻!

5月22日! 雨と無知!

さて、41歳の工房長は、久々の人生の大転機!

第一の転機は、二十歳ごろバイクで日本一周して、開眼したことのような気がする!
第二の転機は、28歳のときに脱サラして、陶芸家になったことなのだ!

そして、今年は第三の転機!

大地震で作りためた作品が壊れ、またNHKのテレビに出ることになったり、個人事業

をするために、千葉で会社をたちあげることにしたのである。

それは、独自の陶芸教室! 最初は小規模から始めるのだ。

もちろん、この陶芸教室は、作家活動にもプラスとなる仕組みを考えてある。

決して、教室の生徒さんには、振り回されない仕組みなのだ!


転機には、必ず、神が降りてきて仕組むのである。

そのことが、昨日、今日と起きたのである。

昨日は、ギャラリーの江川さんのエガピーに会いにいったのだ。

そして、そこで依頼されていた『龍神様』をお客様に手渡し!
人生の転機 001
すると、そこには、ニューヨークで活動していた芸術家であり画商さんが居たのだ!

何故だか、あっというまに意気投合! そして工房長の今年の計画を話したところ、

 とんでもないほどの、すごい情報を次から次へと、教えていただき、おまけに

人まで紹介頂き、この人だからこそ知っている市場分析により、独自の陶芸教室を出す

一番成功できる場所まで教えていただいたのである。

 後日一緒に成田で飲もうというほど、なかよくなってしまった。

今後の人生に多大な影響がありそうな人物なのだ!

人生の転機 002
そして、本日は、友人の加藤靖子どのの展示会があるので、益子に行ってきたのである。

益子にある工房長の創った猫神さま! 大地震でも大丈夫!

しかし、沢山の陶芸家の窯に作品が今回の大震災で大損害をこうむったのだ!
人生の転機 003
ハンドルを握りながら、今後の仕事において、パソコンのスキルをどうしよう?

と考えながら運転していたのだが、頭に浮かぶのは、パソコン専門家でパソコンを頂いた、

安藤さんの顔ばかり!

 安藤さんに連絡して、泊り込みで教えてもらおうか! そんなことを考えながら、

益子時計へ!

人生の転機 004
加藤靖子さんは、工房長が10年前から、その才能に魅かれていた人なのだ!

昨年は、ちょびっとコラボもやったのだ!

今回が彼女にとっての初の大きな展示会なのだ!

 2日目にして、ほぼ完売状態!(本当は初日だけで)

売れた印の赤ポチシールの嵐は、作家にとって興奮そして誇りなのだ!

工房長もその経験があるため、他人の成功が、こんなにうれしいとは!

 なんか自分のことのようだったのだ!

そして、じっくり絵を見ていたら、工房長の後ろから肩をつかまれ、

『たーさーきーさーん!』

振り向くと、なんと安藤さんだったのだ!

東京在住のため、絶対会うことのないはずなのに、今日出会うとは!

 そして、安藤さんに泊り込みでパソコン修行したいと言ったら!

即OK! しかも、

田崎さん(工房長)は製作に打ち込んでくれ、パソコンの事務処理は、

私に任せろ! となんとも頼もしいセリフが!

工房長の心臓は、止まりそうになったのである。

そして、これはしゃべっていいのか、悪いのか、どうなのか?

 スルーして聞いてよいのだが、

安藤さんの有限会社(現在使っていない)の名義を使っていいとの事らしい!

 先日ブログで書いた、有限会社の立ち上げ!という夢、目標!

名義変更だけの簡単な事務処理で可能

ついに叶うのである。

神の采配が動きだしたのだ! 天に愛想をつかれないように、

道を正しく、純真な心で進まないとバチが当たるのである。

(有限会社についてブログ上での記入が不適切の場合は即消去します)他言無用秘密厳守の場合あり!
また、個人事業として会社にしない方法も画商さんから聞いたのだ!
資金集めのため、会社にした方が良いのか!どうなのか!

そして、陶芸教室の工房に飾る絵を購入!
人生の転機 006
靖子画伯のコレクションが着々増えてるのだ!

ちょっと昔の作風なので貴重なのだ!

しかし6月12日までやるのに、ほぼ完売! さすがっ! なのであった
人生の転機 005
益子にある、御客さんが沢山来るお店!

【益子時計】 0285-72-7201
加藤靖子、絵! まりんご、陶! 2人展。
5/21~6/12


【超音速火の玉発動機情報!】

工房火の玉発動機が、テレビにて紹介されまーす!

5月28日 土曜日 午前10時5分から11時20分 (関東甲信越)

再放送は 木曜 午前2時~3時13分 (全国放送) つまり水曜の深夜!

NHK! 『土曜マルシェ』にて!

 取材の様子は、過去のブログにて!
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/593-198b7739
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索