Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C1275] なぜですか

『海は死んだ! 放射能まみれ!』
『茨城は汚された土地になってしまった!』

貴方が断じた言葉です。
貴方もご家族も含めた「私たち」の食を支えてくれてきた人々がいる、茨城・福島の漁村(避難所)や農村に赴いて、絶望の最中にある彼らに対して口にできる言葉ではありませんよね?
貴方の嫌いな学者やテレビコメンテイターですら、決して口には出さない、出せない言葉ですよね?
置かれた立場から抹殺されるレベルの暴言。多数の読者を持つ著名人のブログにアップされたら、その人格は全否定され、間違いなく炎上するでしょうね。
茨城に居を構え、大きな被害を被ったはずの貴方が、なぜ他の被災者への「心配り」も「思いやり」も無いこうした言葉を傲慢に連呼できるのか、理解に苦しみます。なぜですか。お答えください。
天罰発言の都知事同様に、この方が極めて自分本位な思想をお持ちの方のように感じてしまうのは私だけなのでしょうか。
  • 2011-04-01
  • 投稿者 : 四月ばか
  • URL
  • 編集

[C1277] 事実を見ろ!

どこに御住まいか、知りませんが、
ふざけた名前で投稿し、現実に汚染された土地に住む人間に失礼千万!
 所詮、その土地に住む人間の気持ちは、被害にあってない人間には、分かるはずも無い! 
 現実を見ろ! 意見があるなら、自分のブログで発表するように!
 とにかく、事実を見ろ!
そして、その土地に住む人間のくやしさなど、あなたにはわかるはずもない!
  • 2011-04-01
  • 投稿者 : 4月ばか!さんへ!
  • URL
  • 編集

[C1278] どうもありがとう!

追記!
 それから、この単なる、芸術家の製作日記なる、しょぼいブログに、真剣に意見を頂き、正直感謝しております。
 芸術家にとって、大事なことは、いろんな方面から真剣に考えることなのだ!
 それが、正しかろうが、間違いだろうが、常に考え感じる事!
 仕事柄、お客様から常時、賞賛やら批判やら身に降りかかるのだが、
 正直、無視されたり、石ころと同じようにしか思われない事のほうが、ダメージが多い! 
 こんなに真剣に批判してくれることに対して、とてもありがたく思っております。 今後も批判などよろしくお願いいたします。
 なお、私の今回の意見は、その土地に住む者の多数の意見でもありますよ!
 皆、本当に怒っています!
水や土を、汚されたことを!
 傍観者とは、おそらく緊迫感の温度差がとても違うと思います。
  • 2011-04-02
  • 投稿者 : 4月ばか!さんへ!
  • URL
  • 編集

[C1279] 逆に質問です!

茨城県北部に、水田があり、毎年私も田植えを、手伝い(邪魔しに!)しに行ってるのですが、今年は、どうなるのか?
 四月ばかさんは、茨城県に水田など、持ってたりするのですか?
 まさか、米はスーパーで買えばいいとしか、思ってはいませんか?
 現場にいる、私達の本当の感情というものに、想像力を働かしてください!
 著名人のブログなどという、権威を振りかざす、姿勢は醜いです。
 米は、誰かが汗水垂らして、作ってるのです! 土と水の汚染、この恐怖と怒りの感情は、ただお金を出せば、手に入るとしか考えていない人種には、理解できることが出来ない感情だと確信しております!
  • 2011-04-02
  • 投稿者 : 4月ばか!さんへ!
  • URL
  • 編集

[C1280] よくお読みください

私が貴方のブログにわざわざコメントして訴えたかったことは、事実か虚実か云々などではないのです。今回の原発事故での被災者である貴方が、貴方よりもっと深刻なダメージを受けている漁業・農業などの第3次産業の人間に対して、あまりにも配慮の欠けた、他人事のような発言を繰り返しているということを、ご自覚いただきたかったのです。

一応は公の場であるブログで、たとえ現時点での事実であるとはいえ、地元の人間自らが放射能汚染を喧伝する必要がどこにあるのでしょうか。「陶芸アーティスト」である貴方の、漁民・農民にしてみればほとんど部外者でしかない貴方の無責任な発言が、今後の風評被害の煽動に一役買うことになるかもしれないと、なぜお考えいただけないのでしょうか。

分かりやすいように言えば、仮に原発の暴走が止まり、放射線の値が基準値を大きく下回ったとしても、「このブログを読んで、茨城の野菜も魚も買うのをヤメた。マスコミも信用できないらしいからもう絶対買わないことに決めたぞ」というような人がいてもおかしくないであろう、強烈な断言口調の妄信的ともいえるヒステリックな文章を綴っている。それが貴方です。

「土地に住む者の多数の意見」ですか。それが貴方の大義名分ですか。「だからオレの言ってることも正しい」と。
地元の人間が残酷で理不尽な現実に怒り苦しむのは、あたりまえのことじゃないですか。だからといって、自分のブログで「海は死んだ!」「土地は汚された!」と大仰にのたまうような漁師農民がいるとは到底思えません。未来をあきらめざるを得なかった悔恨のつぶやきならいざしらず、必要以上に将来の可能性をすら貶めるような言論活動をブログや投書で行っている漁師が、百姓が存在するとは到底思えません。貴方の文章は逆に、土地の多くの者の足を引っ張っているとしか思えませんが、いかがでしょうか。

貴方のブログは、放射線の値が出ないような地域にお住まいの方であれば、ひょっとしたらひょっとするとですが、けっこう楽しい読物なのかもしれませんね。原発問題の情報源のひとつとして参考になさっているのかもしれませんよね。ただ私にとっては、とても不愉快です。

私が福島や茨城に在住の、貴方以上の被災を受けている人間かもしれないとは、貴方には露程もお考えいただけないようですね。とっても不思議です。なぜなんですか。
この人は船を流され故郷を追われた漁師かもしれない、しぼった牛乳を毎日捨て続けている酪農家かもしれない、精魂込めたキャベツ畑の前で途方に暮れている農家かもしれない、そういう可能性を一顧だにしない貴方の言論姿勢には開いた口がふさがりません。

私は、貴方のように義憤に燃える立派な人間ではありません。ほぼ自分の足下にしか関心が無いのです。そういう私が、こういったコメントをした意味をお考えいただけないでしょうか。

貴方のブログでの文章こそ、傍観者のそれだと感じてしまうのは私だけなんでしょうか。貴方は、貴方のお仕事とご家族の心配をなさってください。福島と茨城の主要産業に対するネガティヴキャンペーンをなさる必要は、まったく無いのです。


  • 2011-04-02
  • 投稿者 : 四月ばか
  • URL
  • 編集

[C1281] 枝野発言を知らないの?

枝野官房長官の発言をちゃんと、聞いてください!
 私の発言とは、重みも全く違うのです! まず、攻撃する場所を間違えていますよ! 感情論ではないのです。
事実を見よ!
  • 2011-04-02
  • 投稿者 : 4月ばか!さんへ!
  • URL
  • 編集

[C1282] アクセス解析の結果!

あのー、現在、神奈川県からのアクセスしかないのですが!
 福島県在住などと、ふっかけるのは、よしてください。
価値観、立場の違うものどうしの、討論は、無意味です。
 冷静に事実を探すことが、重要!
今の日本は、安全なものを危険という風評ではなく、
危険なものを安全という、これでもかという、政府の姿勢が悪の根源と考えるのです。
  • 2011-04-02
  • 投稿者 : 4月ばか!さんへ!
  • URL
  • 編集

[C1283] みじめですね

なぜ逃げるのですか。論点をずらそうとするのですか。私が不愉快を感じコメントを寄せたのは、東京電力でもなければ官房長官の発言などでもなく、貴方、田崎太郎氏の発言なのです。
便所紙レベルの軽い発言だから見逃せとおっしゃりたいのでしょうか。繰り返します。貴方のブログに感じた不愉快は、事実か虚実かではないのです。被災した第3次産業従事者に対しての「思いやり」「気遣い」がまるっきり欠落していたことなのです。

震災以降のご自分のブログの内容をお忘れのようですので、隅から隅までぜひ全て読み直してみてください。その上で、私のコメントをきちんと読み直してみてください。

その上でやはり全くお分かりいただけないのであれば、それも仕方の無いことです。貴方をこれ以上うろたえさせて、自尊心を傷つけてしまうのは本意ではありません。どうか、ご安心ください。
  • 2011-04-02
  • 投稿者 : 四月ばか
  • URL
  • 編集

[C1284] 訂正します

私のコメントにおける「第3次産業」はいずれも「第1次産業」の誤りでした。お恥ずかしい限りです。
  • 2011-04-02
  • 投稿者 : 四月ばか
  • URL
  • 編集

[C1285] 事実を見る理由とは?

原子力の恩恵を受けていた、我々の世代は、これが原因で病気になっても、あきらめる覚悟は、できている。
 しかし
次の日本を担う、子供達を病気にさせるわけには、いかないのだ!
 現在の小学生! 彼らが次の日本國の柱になるのだ!
だから、真実、事実を見極め、彼らを保護しなければならない。
お涙頂戴の感情論で動いてはならない。
 風評とは、無罪のものが、有罪になってしまったもの。
 危険と政府が発表したものは、我々大人が、食べればそれでよい。
 しかし、子供達には食べさしたり、飲ませては駄目だ。
 そのために、事実を真実を見よ!
なのだ!
これは、天災ではなく、未曾有の人災なのだ!
  • 2011-04-02
  • 投稿者 : 4月ばか!さんへ!
  • URL
  • 編集

[C1286] 言葉が稚拙です。

みじめです! とか、うろたえるとか、逃げてる、とか非常に言葉が稚拙です。
 大人らしく論理的に、反論してください。 討論は大好物なのだが、稚拙な言葉が出てくると、興ざめします。
  • 2011-04-02
  • 投稿者 : 4月ばか!さんへ!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/578-2dcf7c73
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ドラえもん! 映画見に行ったの巻!

4月1日 エイプリルフール
2008_09180156blog.jpg
【ペンギン戦士の12匹のうちの一匹!】

さて! 嫁は県北の実家に、帰ってしばらく戻ってこないので、

子供と、映画を見に行ったのだ!

 ドラえもん新のび太と鉄人兵団なのだ!

運良く、大人1千円!子供8百円!

 これは、今この現実の、このときに見ると、とても感動したのだ!

工房長は、涙ボロボロ! 

そして、これからの生き方の、価値観を変えなければ!

 これは、みんな見るべきなのだ!

大人も、泣くぞ!


さて、余震もほとんど無くなり、なんか平和な気分!

テレビの報道も激減したため、もう既に過去のものへとなってきた。

 皆、鹿児島宮崎の新燃岳の爆発と火山灰の災害など、記憶にないだろう!

福島原発も、能天気な東電会見と、楽観的な報道で、平和そのもの!

 御用学者がテレビで堂々と、まだ原発は制御されており、

爆発はしてなく、放射能はでていませんと、耳を疑う発言!

 工房長は、テレビに『おいおい』とつっこむ!

IAEAの忠告も、無視して安全宣言!

 プルトニウムは体に良いだとか、もうテレビはオワリなのだ!

おそらく、テレビ信者は沢山いるだろう!

 真偽など信者には関係ない!

マスコミ教の信者なのだから!

教祖様の言うことは、絶対なのだ!

 現在は、マスコミからは絶対呼ばれない、学者の話や、

フランスの学者の話を、信用して情報を集めているのだ!

 それも、自己責任なんだけどなあ!

それでも、ひとつ真実なのは、日本政府がサジを投げた事なのだ!

アメリカ軍の放射能の専門隊と、フランスの専門家!

正直、これでよい方向へ、いくのではないかい!

 でも、うまくいったら、東電御一行様が、にやけ顔でしゃしゃり出て、

手柄を独り占めにしそうなのだ!

 相変わらず、茨城水戸の数値は、高い! でも茨城人は平和そのもの!

現実論者と楽観無知論者! どっちが良いのか!

 どうせ抵抗できずに、死ぬのなら楽観無知で楽しくいた方が、実は幸福?

東電は、行動力は皆無だが、頭脳は素晴らしい!(高学歴)

 有事に対処する能力は皆無だが、今後原発がどうなるのかは、

すでに、分かってると思う!

 その壮絶な最期はもう計算で周知してるので、今更国民を動揺させるだけなので、

もう会見も適当なのだろう! だからいつもニヤケ顔での会見なのだ!

 工房長も、結果が分かっていたら、同じ事をするだろうなあ!

もう今更恐怖を煽る必要も無意味だから!


という訳で、今日、益子陶器市の参加の断念を正式に報告の電話をしたのだ!

在庫は無いし4ヶ月かけて作りためた作品が、大地震でパー!

まとめて全部4月に、焼成するはずだったのだが残念無念!

窯も修理に出さないとなあ! 福島で採れる長石も、今後どうなるのか?

 どっかで、お金稼がないと!


そういえば、日当40万円という仕事が、

東電で募集があったぞ! 10日で400万円!


 小学生の時の社会化発表で、原発労働者の闇の話をまとめて発表したが、

先生には、受けなかった思い出が! あったんだよ図書室に、その本がっ!
スポンサーサイト

11件のコメント

[C1275] なぜですか

『海は死んだ! 放射能まみれ!』
『茨城は汚された土地になってしまった!』

貴方が断じた言葉です。
貴方もご家族も含めた「私たち」の食を支えてくれてきた人々がいる、茨城・福島の漁村(避難所)や農村に赴いて、絶望の最中にある彼らに対して口にできる言葉ではありませんよね?
貴方の嫌いな学者やテレビコメンテイターですら、決して口には出さない、出せない言葉ですよね?
置かれた立場から抹殺されるレベルの暴言。多数の読者を持つ著名人のブログにアップされたら、その人格は全否定され、間違いなく炎上するでしょうね。
茨城に居を構え、大きな被害を被ったはずの貴方が、なぜ他の被災者への「心配り」も「思いやり」も無いこうした言葉を傲慢に連呼できるのか、理解に苦しみます。なぜですか。お答えください。
天罰発言の都知事同様に、この方が極めて自分本位な思想をお持ちの方のように感じてしまうのは私だけなのでしょうか。
  • 2011-04-01
  • 投稿者 : 四月ばか
  • URL
  • 編集

[C1277] 事実を見ろ!

どこに御住まいか、知りませんが、
ふざけた名前で投稿し、現実に汚染された土地に住む人間に失礼千万!
 所詮、その土地に住む人間の気持ちは、被害にあってない人間には、分かるはずも無い! 
 現実を見ろ! 意見があるなら、自分のブログで発表するように!
 とにかく、事実を見ろ!
そして、その土地に住む人間のくやしさなど、あなたにはわかるはずもない!
  • 2011-04-01
  • 投稿者 : 4月ばか!さんへ!
  • URL
  • 編集

[C1278] どうもありがとう!

追記!
 それから、この単なる、芸術家の製作日記なる、しょぼいブログに、真剣に意見を頂き、正直感謝しております。
 芸術家にとって、大事なことは、いろんな方面から真剣に考えることなのだ!
 それが、正しかろうが、間違いだろうが、常に考え感じる事!
 仕事柄、お客様から常時、賞賛やら批判やら身に降りかかるのだが、
 正直、無視されたり、石ころと同じようにしか思われない事のほうが、ダメージが多い! 
 こんなに真剣に批判してくれることに対して、とてもありがたく思っております。 今後も批判などよろしくお願いいたします。
 なお、私の今回の意見は、その土地に住む者の多数の意見でもありますよ!
 皆、本当に怒っています!
水や土を、汚されたことを!
 傍観者とは、おそらく緊迫感の温度差がとても違うと思います。
  • 2011-04-02
  • 投稿者 : 4月ばか!さんへ!
  • URL
  • 編集

[C1279] 逆に質問です!

茨城県北部に、水田があり、毎年私も田植えを、手伝い(邪魔しに!)しに行ってるのですが、今年は、どうなるのか?
 四月ばかさんは、茨城県に水田など、持ってたりするのですか?
 まさか、米はスーパーで買えばいいとしか、思ってはいませんか?
 現場にいる、私達の本当の感情というものに、想像力を働かしてください!
 著名人のブログなどという、権威を振りかざす、姿勢は醜いです。
 米は、誰かが汗水垂らして、作ってるのです! 土と水の汚染、この恐怖と怒りの感情は、ただお金を出せば、手に入るとしか考えていない人種には、理解できることが出来ない感情だと確信しております!
  • 2011-04-02
  • 投稿者 : 4月ばか!さんへ!
  • URL
  • 編集

[C1280] よくお読みください

私が貴方のブログにわざわざコメントして訴えたかったことは、事実か虚実か云々などではないのです。今回の原発事故での被災者である貴方が、貴方よりもっと深刻なダメージを受けている漁業・農業などの第3次産業の人間に対して、あまりにも配慮の欠けた、他人事のような発言を繰り返しているということを、ご自覚いただきたかったのです。

一応は公の場であるブログで、たとえ現時点での事実であるとはいえ、地元の人間自らが放射能汚染を喧伝する必要がどこにあるのでしょうか。「陶芸アーティスト」である貴方の、漁民・農民にしてみればほとんど部外者でしかない貴方の無責任な発言が、今後の風評被害の煽動に一役買うことになるかもしれないと、なぜお考えいただけないのでしょうか。

分かりやすいように言えば、仮に原発の暴走が止まり、放射線の値が基準値を大きく下回ったとしても、「このブログを読んで、茨城の野菜も魚も買うのをヤメた。マスコミも信用できないらしいからもう絶対買わないことに決めたぞ」というような人がいてもおかしくないであろう、強烈な断言口調の妄信的ともいえるヒステリックな文章を綴っている。それが貴方です。

「土地に住む者の多数の意見」ですか。それが貴方の大義名分ですか。「だからオレの言ってることも正しい」と。
地元の人間が残酷で理不尽な現実に怒り苦しむのは、あたりまえのことじゃないですか。だからといって、自分のブログで「海は死んだ!」「土地は汚された!」と大仰にのたまうような漁師農民がいるとは到底思えません。未来をあきらめざるを得なかった悔恨のつぶやきならいざしらず、必要以上に将来の可能性をすら貶めるような言論活動をブログや投書で行っている漁師が、百姓が存在するとは到底思えません。貴方の文章は逆に、土地の多くの者の足を引っ張っているとしか思えませんが、いかがでしょうか。

貴方のブログは、放射線の値が出ないような地域にお住まいの方であれば、ひょっとしたらひょっとするとですが、けっこう楽しい読物なのかもしれませんね。原発問題の情報源のひとつとして参考になさっているのかもしれませんよね。ただ私にとっては、とても不愉快です。

私が福島や茨城に在住の、貴方以上の被災を受けている人間かもしれないとは、貴方には露程もお考えいただけないようですね。とっても不思議です。なぜなんですか。
この人は船を流され故郷を追われた漁師かもしれない、しぼった牛乳を毎日捨て続けている酪農家かもしれない、精魂込めたキャベツ畑の前で途方に暮れている農家かもしれない、そういう可能性を一顧だにしない貴方の言論姿勢には開いた口がふさがりません。

私は、貴方のように義憤に燃える立派な人間ではありません。ほぼ自分の足下にしか関心が無いのです。そういう私が、こういったコメントをした意味をお考えいただけないでしょうか。

貴方のブログでの文章こそ、傍観者のそれだと感じてしまうのは私だけなんでしょうか。貴方は、貴方のお仕事とご家族の心配をなさってください。福島と茨城の主要産業に対するネガティヴキャンペーンをなさる必要は、まったく無いのです。


  • 2011-04-02
  • 投稿者 : 四月ばか
  • URL
  • 編集

[C1281] 枝野発言を知らないの?

枝野官房長官の発言をちゃんと、聞いてください!
 私の発言とは、重みも全く違うのです! まず、攻撃する場所を間違えていますよ! 感情論ではないのです。
事実を見よ!
  • 2011-04-02
  • 投稿者 : 4月ばか!さんへ!
  • URL
  • 編集

[C1282] アクセス解析の結果!

あのー、現在、神奈川県からのアクセスしかないのですが!
 福島県在住などと、ふっかけるのは、よしてください。
価値観、立場の違うものどうしの、討論は、無意味です。
 冷静に事実を探すことが、重要!
今の日本は、安全なものを危険という風評ではなく、
危険なものを安全という、これでもかという、政府の姿勢が悪の根源と考えるのです。
  • 2011-04-02
  • 投稿者 : 4月ばか!さんへ!
  • URL
  • 編集

[C1283] みじめですね

なぜ逃げるのですか。論点をずらそうとするのですか。私が不愉快を感じコメントを寄せたのは、東京電力でもなければ官房長官の発言などでもなく、貴方、田崎太郎氏の発言なのです。
便所紙レベルの軽い発言だから見逃せとおっしゃりたいのでしょうか。繰り返します。貴方のブログに感じた不愉快は、事実か虚実かではないのです。被災した第3次産業従事者に対しての「思いやり」「気遣い」がまるっきり欠落していたことなのです。

震災以降のご自分のブログの内容をお忘れのようですので、隅から隅までぜひ全て読み直してみてください。その上で、私のコメントをきちんと読み直してみてください。

その上でやはり全くお分かりいただけないのであれば、それも仕方の無いことです。貴方をこれ以上うろたえさせて、自尊心を傷つけてしまうのは本意ではありません。どうか、ご安心ください。
  • 2011-04-02
  • 投稿者 : 四月ばか
  • URL
  • 編集

[C1284] 訂正します

私のコメントにおける「第3次産業」はいずれも「第1次産業」の誤りでした。お恥ずかしい限りです。
  • 2011-04-02
  • 投稿者 : 四月ばか
  • URL
  • 編集

[C1285] 事実を見る理由とは?

原子力の恩恵を受けていた、我々の世代は、これが原因で病気になっても、あきらめる覚悟は、できている。
 しかし
次の日本を担う、子供達を病気にさせるわけには、いかないのだ!
 現在の小学生! 彼らが次の日本國の柱になるのだ!
だから、真実、事実を見極め、彼らを保護しなければならない。
お涙頂戴の感情論で動いてはならない。
 風評とは、無罪のものが、有罪になってしまったもの。
 危険と政府が発表したものは、我々大人が、食べればそれでよい。
 しかし、子供達には食べさしたり、飲ませては駄目だ。
 そのために、事実を真実を見よ!
なのだ!
これは、天災ではなく、未曾有の人災なのだ!
  • 2011-04-02
  • 投稿者 : 4月ばか!さんへ!
  • URL
  • 編集

[C1286] 言葉が稚拙です。

みじめです! とか、うろたえるとか、逃げてる、とか非常に言葉が稚拙です。
 大人らしく論理的に、反論してください。 討論は大好物なのだが、稚拙な言葉が出てくると、興ざめします。
  • 2011-04-02
  • 投稿者 : 4月ばか!さんへ!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/578-2dcf7c73
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。