Entries

あー! 馬鹿でしたっー! の巻!

3月16日 震災生活6日目!

さて! 今日で6日目!

阪神大震災のときに、4日分の水と食料で、誰にも頼らず(頼れず)生きれる準備を

しとけだったのだが、あれは、神戸だけの壊滅で、周囲のライフラインは大丈夫だったので、

短期間の我慢でよかったのだが、

 今回は、被害の面積が大きすぎるのだ!

これは、2週間ちかくの兵糧攻めだと、覚悟しなくてはならないようだ!


という訳で、 

水と食料! 移動するためのガソリン!

この3つの供給が、期待できない茨城県!

 しかも、原発爆発で、外出禁止! 自転車で物資求めての徘徊も厳禁!

原発事故の情報は、テレビとネットでは、180度違う!

被爆情報は、ネットのほうが正確だ!

テレビでは、誤魔化して、楽観論であざむくばかり。

 そして、昨晩の富士山直下震源の震度6の大地震!

どこの震源でも、ゆれるオンボロ工房!

 間違いなく、東海、東南海地震に、富士山噴火!原発臨界爆発!

妄想が、妄想でなくなりそうな予感!


さて、本日の御題! 馬鹿でした!

これは、バイクなのだ!

本来、バイクとはこの非常事態のときほど、チカラを発するのだが!

工房長のバイクは、BMWのGSとカフェレーサーのトライアンフ!

GSは、故障を抱えており、トライアンフは一人乗り!

荷物も積めない!

見栄で、買ったオシャレバイク!

 何の役にも立たないのだ!

こんなバイクで被災地を走って、情報収集なり、ガソリンスタンドの長蛇の列に並んだら、

非国民として、目に映るのである。

 バイクは、やっぱり壊れない、高燃費! 高積載! 高走破!の

スーパーカブ110! そしてヤマハセロー!

この2台こそ本当のバイクなのであった!

見栄の人生なんて、人生の真実では無かったのであった!

昔乗っていた、とても地味なホンダのオフロードバイクのトランザルプ400V

あれは、本当に良かった! こんな状況では!

あー! 工房長、馬鹿でした


昨晩から、何回もの緊急地震情報!

緊急ブザーが鳴ると、火の玉一家は、スクランブル発進のパイロットのように、

外に出る。 だから寝る時も、万全の格好していて、大きいリュックはそばに!

 しかし、放射能に対しては、無味無臭!

ネットでの放射能カウンターグラフのページを見ての状況なのであった!
スポンサーサイト

4件のコメント

[C1248] 無事でよかったです

皆さん無事でよかったです。
我が家は主人は海外に出張中で帰宅難民にならず一安心ですが帰国のときに高速は通行止め、電車は動かずなんとか成田に着陸したもののなかなか帰宅にはいたりませんでした。
原発も心配ですね。主人は撮影したことあるらしく少し詳しいので、実家に行こうか(兵庫)考え中です。
  • 2011-03-16
  • 投稿者 : dama
  • URL
  • 編集

[C1249] 西に行くべし!

現在、子供を連れた家族で、新幹線は異常なほどの混雑だそうです。
 逃げれる時に逃げるべし!
皇族も全部、京都御所へ行ったとのこと!
 間違いなく、原発事故は、ひどくなります。
工房長は、ガソリンのない中、どう逃げようか考えています。
  • 2011-03-16
  • 投稿者 : dama!さんへ
  • URL
  • 編集

[C1267] セローは名車です

こんにちは!
セローは名車です。以前乗ってました。
山の中、他のバイクではUターンできないような所でも、Uターン可能。ちょっとコケても壊れない。勿論、燃費は最高。
高速走行は苦手。ゆっくり走ろうとBIKEに言われる。セローで紀伊半島の山の中によく行きました。懐かしい名前を聞きましたv-66
  • 2011-03-25
  • 投稿者 : アッキー
  • URL
  • 編集

[C1270] セローは素晴らしい!

アッキーさん! こんにちは!
BMWのちょい古GSは、二束三文!
 でもセロー250が、欲しいが結構高い!
あれは90年代初期!
セローに乗った女の子は、可愛い人ばかり!
 この御時勢にお金が出せないので、
維持費の高いちょい古GS問題は、先送りです! 売っても安いと、手放せないのだ! 結果貧乏スパイラルへ!
  • 2011-03-26
  • 投稿者 : アッキーさんへ!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/570-10e83b3d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索