Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C1074] 成功おめでとう!

個展成功したようですね。しかも新聞にもでかでかと掲載されて活躍されている様子。本当におめでとうございます。ところで、海外のサイトを見ていたら、太郎氏のwebがアーカイブ(永久保存版として収集)されていましたよ。→http://web.archive.org/web/20101004085208/http://heartland.geocities.jp/hinotamahatudouki/

[C1075] 上記の機構は

 次世代の子々孫々の教育のために、世界中のネット資料を集めている組織のようです。なんかすごいスピードでテクノロジーというのは発展するのですね。人間の「物質文化」というのはどんどん日進月歩で進展しますが(http://ecowww.leh.kagoshima-u.ac.jp/staff/kuwabara/20100918/phd29.jpg)、人間の「心の文化」は、さてこの100年でどれぐらい進歩したのでしょうか?社会学者の腕の見せ所です。私も太郎氏に負けじとがんばるつもりです。

[C1076] お疲れ様でした

2010新作個展“ひのたま地球防衛軍”大変お疲れ様でした。
そして、大成功!本当におめでとうございます。
先日の「がーちゃんフォトアルバム」での“赤ポチ”いっぱいの様子を見ても大々成功だった事が伺われ、重症の火の玉ウィルス感染者としては我が事のように嬉しいです。
さて今回、工房長に頂いた“リトマス試験紙の称号”には大変びっくりしました。
自分的には、只々欲しくてたまらない工房長の作品たちに見入って居ただけなのに、その顔色(?)を見て“リトマス試験紙”とは、工房長の洞察力には恐れ入りました。
これでは工房長に頂いたもう一つの称号“名誉極秘情報部員”が泣きますよね。
今後は、顔色だけでなく、しっかり“感想という言葉”にして工房長に伝えられるよう精進しますので、何卒よろしくお願いします。
そして、搬入・展示(接客)・撤収と心身ともに大変お疲れのところで、この後の“箱詰め&発送”作業はさぞかし大変かと思いますが、“ワクチンの到着を待つ火の玉病棟の患者たち”のためにも、もう一踏ん張り♪よろしくお願いします。
  • 2010-10-06
  • 投稿者 : miyani-
  • URL
  • 編集

[C1077] 今から待ち遠しいです

こんにちは、田崎さん

先日はギャラリーなが屋門で一年ぶりの再会でした。
怪しい古神道の本が、潜在意識的に役立っているようで、
何よりです。

今年もまた素晴らしい作品群で、
年々方向性の明確さが増しているように思います。

会場で話して頂いた来年末の龍の展覧会が
今から待ち遠しいです。

それに関して、
僕が有している龍や神獣関係の書籍に
ご興味があるとのこと。
役に立つかもしれないので、
一度見て頂けたらと思います。
参考になりそうなものが
それなりに大量にあるので、お楽しみに。

連絡先はメールでお伝えしようと思います。

また「伊福部」の資料を送りたかったので、
添付できるだろうとのことでしたが、
画像添付はさすがに無理なようで、
メールで返信をして頂ければ、
そちらに添付して送信します。

ではお返事をお待ちします。

ありがとうございました。

[C1078] なんか凄そう!

こんにちは! なんとか頑張ってるぞ!
 司っちから、教えてもらった話は、なんか凄そうなのだ!
 基本的に、何千年後かの次の文明の考古学者のために、工房長は陶人形や、陶メカオブジェを製作してるのだが、現文明の子々孫々のために、ちょっとでも影響を与えることが、できたならば、それは光栄なのだ。
 最近、海外からのアクセスが、活発なので、これが原因のひとつかも!
 それでは、来月も人前で、一勝負なのだ!
  • 2010-10-07
  • 投稿者 : 薩摩隼人っちへ!
  • URL
  • 編集

[C1079] どうもありがとうございました。

v-41この度は、どうもありがとうございました。 miyaniさんの、おかげもあり、今回は、赤ポチシールの嵐!
最終日の午後4時閉幕の時に、でかいのが売れたのが凄かった!
 益子、笠間などでの個展は、知らずに入る、一見さん(初心者)がいるのだが、
ここ!なが屋門は、その可能性は無いに等しいので、作家の力量が問われるのである。 東京でやれば、凄いことになるぞ!と良くお客さんに言われたりするのだが、一見さんが、沢山来られるのも、ちょっと複雑な気分!
 益子陶器市で、感染してそして、さらに奥深くにまで、来るような密教の奥の神殿にくる感じが、面白いのだ!
 そのゴール地点で工房長は、誰が最後の奥まで来られるのかが、醍醐味なのである。 リトマス試験紙のmiyaniさんが、来られなくなったら、工房長の力量が落ちたと、反省! そして精進するのであったv-41
 あー! この感覚を文章にするのは、
難しいなあ!
  • 2010-10-07
  • 投稿者 : miyani-さんへ
  • URL
  • 編集

[C1080] 次回は、長野さんの出番です。

v-531こんにちは! 個展に来ていただきまして、本当にありがとうございました。
 次回の新作展の【龍】をテーマにした当人仰天!いや、陶人形展!
 沢山の資料文献を所有してる、長野氏の御力を、御借りすることになります。
東西の龍! ドラゴン!
 仏教! キリスト教!ユダヤ教!イスラム教!そして密教! シュメール文明からメソポタミア!マヤ!インカ!
もちろん!古代日本!
 調べることが沢山なのだ! 地球のエネルギー体の流れ!が龍! 可視もできるかも! 龍そのものの形の雲!
そして龍の文字を採用する軍艦!
 招き猫の仕事もしながら、上記のことを、深く調べて、それを面白おかしく、斜に構えて、作品にしたいなあ!
それでは現在!工房長はメールアドレスが上手く使用できない状態なので、非公開コメントで、長野氏の住所とtelを教えてくださいv-531
  • 2010-10-07
  • 投稿者 : 長野さんへ
  • URL
  • 編集

[C1082] まず、大事な調査結果を1つ

こんにちは、長野です。

まず大事な調査結果を1つ。

紀元2世紀の「三停九似説」という書物を後世引用した12世紀の記録が残っていて、
龍は、肩と腰で分けた3つで構成されていて、身体全体は、9つの生物に類似する部位として表現出来るらしい。

頭はラクダ、角は鹿、目は鬼、耳は牛、
うなじはヘビ、腹は「蜃」(蜃気楼の「蜃」)、
ウロコは鯉、爪は鷹、
そして、掌(たなごころ)は虎、に似ている、
と表現されている。

掌すなわち手のひらは、虎と言うことで、
ちゃんと「肉球=肉丘」があるわけです。
そのように表現された絵も残っています。
田崎さんの直観は正しかったようですね。

「火の玉郵便局」の方でなら、書類を添付できるようなので、
そちらに先日の「伊福部」の資料を送ります。

ダメなときは、郵送でしょうか???
お返事を一度下さいませ。

ではまた。

[C1085] 締め切りに間に合わず!

 今日までに仕上げなければならない原稿があったのに・・・・あまりにこだわりすぎて結局できず仕舞い。さてどうするか?徹夜するか、それとも入稿先に「詫びを入れる」か?究極の二者択一である!・・・・・・詫びを入れるか!
 ところで、私も「ブログランキング」というものに参加してみました。でもよく使い方が分かりません^^;
 http://sociology-to-interaction.blogspot.com/2010/10/blog-post_11.html

[C1089] さすがっ!ありがとうございます。

v-531こんにちは! さすが!
凄い情報を、ありがとうございます。
工房長としては、龍の足は、恐竜の足! つまりニワトリの足と同等だと、思って、鱗に爪だと思ってました。
 肉球は、マヌケでカワイイ!のでアンバランスなので採用したのだが、今後は堂々と使うのだ!
 左巻きの龍に、右巻きの龍!
気になることが多い! 龍の世界!
この機会に、龍マニアになるのだ!
 シーサーのときも、おもしろかったなあ!v-531
  • 2010-10-14
  • 投稿者 : 長野さんへ!
  • URL
  • 編集

[C1090] 侘び寂び!

侘びをいれるのは、嫁のおかげで、とても上手になれたのだ!
 しかし、先日、車がぶつかってきて、
工房長がキレて怒るところ、相手の運転手が、侘びの達人!
 示談となったのだ!
私も、嫁相手に示談交渉の鍛錬を行い、侘びの達人になるのだ!v-435
  • 2010-10-14
  • 投稿者 : 薩摩隼人っちへ!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/529-ca502402
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

2010年! 新作個展!無事大成功!

10月4日 月曜日!

10月7日 追記!
工房長! 現在作品梱包中なのだ!
他の作業も重なり、脳みそ爆発状態です。
しかし、丁寧にお手紙と優しい梱包をやりとげるため、少々御時間いただきたいと思います。
今回! 発送作品が大量なので、急いで雑な仕事にならないように、
工房長! 心を込めて、時間はちょっとかかりますが、確実に仕上げるのだ!

    今回の個展【ひのたま地球防衛軍】

群馬から神奈川! と遠くからそして、茨城 埼玉 千葉 栃木 東京!
沢山来て頂きまして、本当にありがとうございました!
 沢山の濃い火の玉発動機ファンとも、たっぷりお話もできて、
工房長! 感謝感激雨あられ!

 作品もありがたいことに、沢山行き先が、決まり!!
工房火の玉発動機の活動費も、手に入り、今後の製作活動も、
おかげさまで、フルタイムで作品製作に没頭することが出来ます。

365日! フルタイムで、制作活動に時間を、費やすことができるのは、
芸術家にとって、この上も無い至福なのだ!
 本当にありがとうございました。
        田崎太郎さんDM写真面


さて、今後ブログで、ゆっくりと新作の紹介をするのだ!
2010_1004ひのたま地球防衛軍パート20112個展開始
10日間の個展は、いろんなことが起こり、
 そして、終了! 次回の新作展の予定は、2011年の12月の予定なのだ!

2010_1004ひのたま地球防衛軍パート20211個展終了

ここの空間は、まさに工房火の玉発動機とぴったしの空間!

そのうち、東京でも個展は、やるのだが、工房長にとって、狭いとこばかり!

場所決めは、とても重要なのだ!

 イノシン酸とグルタミン酸の相乗効果のように、ギャラリーと火の玉発動機の相乗効果が、

高まる所は、めったにない。 思いっきり、ギャラリーが足を引っ張る所も、数知れず!

名前を言ったら、不味いけど言いたい言いたい! この口が


そうそう、工房長が新聞に載ったぞ!
2010_1004ひのたま地球防衛軍パート20212 常陽新聞
こんなに大きく載っけてくれて工房長!感激なのだ。

この調子で今年後半に向けて、頑張るのだ! 待ってろ白泉社!


さて! 個展期間中、近くで土浦花火競技大会が!
2010.9運動会なが屋門 014花火
2代目火の玉発動機のAiは、ラーメン食べながら見物!
2010.9運動会なが屋門 016
そして、昨日の個展の搬出活動!
立派な戦力なのだ。(7歳)
2010.9運動会なが屋門 017

2010_1004ひのたま地球防衛軍パート20192 藍作品
これは【こどもひのたまスペース】にて、Aiの作品なのだ。
子供の作品は、織部が良くマッチするのだ。
もう、Aiも4年目! 4回もやってるのである。
2010_1004ひのたま地球防衛軍パート20202 藍作2
この中で、良い作品が、おこずかい!として工房長に買い上げられるのだ!

本日から、工房長は、お客様への作品の発送の仕事が待ってるのだ。
お手紙に、完璧な梱包!
 今回は、ありがたいことに、沢山の作品が旅立ちが決まったので、
全部の発送に、とても時間がかかるので、少々お待ちくださいね!。
2010.9運動会なが屋門 018
どうもありがとうございました!


次のスケジュールは?

11月3日~11月7日まで! 益子陶器市の、いつもの『かまぐれの丘』にて出店しまーす!

現在! へんなを製作中!

個展に比べれば、万人向け(?)の作品が並びまーす。

 今回の客寄せ宣伝作品は、いつもの巨大装甲列車でなく、もしかしたら空中大戦艦にしようかなあ?
スポンサーサイト

11件のコメント

[C1074] 成功おめでとう!

個展成功したようですね。しかも新聞にもでかでかと掲載されて活躍されている様子。本当におめでとうございます。ところで、海外のサイトを見ていたら、太郎氏のwebがアーカイブ(永久保存版として収集)されていましたよ。→http://web.archive.org/web/20101004085208/http://heartland.geocities.jp/hinotamahatudouki/

[C1075] 上記の機構は

 次世代の子々孫々の教育のために、世界中のネット資料を集めている組織のようです。なんかすごいスピードでテクノロジーというのは発展するのですね。人間の「物質文化」というのはどんどん日進月歩で進展しますが(http://ecowww.leh.kagoshima-u.ac.jp/staff/kuwabara/20100918/phd29.jpg)、人間の「心の文化」は、さてこの100年でどれぐらい進歩したのでしょうか?社会学者の腕の見せ所です。私も太郎氏に負けじとがんばるつもりです。

[C1076] お疲れ様でした

2010新作個展“ひのたま地球防衛軍”大変お疲れ様でした。
そして、大成功!本当におめでとうございます。
先日の「がーちゃんフォトアルバム」での“赤ポチ”いっぱいの様子を見ても大々成功だった事が伺われ、重症の火の玉ウィルス感染者としては我が事のように嬉しいです。
さて今回、工房長に頂いた“リトマス試験紙の称号”には大変びっくりしました。
自分的には、只々欲しくてたまらない工房長の作品たちに見入って居ただけなのに、その顔色(?)を見て“リトマス試験紙”とは、工房長の洞察力には恐れ入りました。
これでは工房長に頂いたもう一つの称号“名誉極秘情報部員”が泣きますよね。
今後は、顔色だけでなく、しっかり“感想という言葉”にして工房長に伝えられるよう精進しますので、何卒よろしくお願いします。
そして、搬入・展示(接客)・撤収と心身ともに大変お疲れのところで、この後の“箱詰め&発送”作業はさぞかし大変かと思いますが、“ワクチンの到着を待つ火の玉病棟の患者たち”のためにも、もう一踏ん張り♪よろしくお願いします。
  • 2010-10-06
  • 投稿者 : miyani-
  • URL
  • 編集

[C1077] 今から待ち遠しいです

こんにちは、田崎さん

先日はギャラリーなが屋門で一年ぶりの再会でした。
怪しい古神道の本が、潜在意識的に役立っているようで、
何よりです。

今年もまた素晴らしい作品群で、
年々方向性の明確さが増しているように思います。

会場で話して頂いた来年末の龍の展覧会が
今から待ち遠しいです。

それに関して、
僕が有している龍や神獣関係の書籍に
ご興味があるとのこと。
役に立つかもしれないので、
一度見て頂けたらと思います。
参考になりそうなものが
それなりに大量にあるので、お楽しみに。

連絡先はメールでお伝えしようと思います。

また「伊福部」の資料を送りたかったので、
添付できるだろうとのことでしたが、
画像添付はさすがに無理なようで、
メールで返信をして頂ければ、
そちらに添付して送信します。

ではお返事をお待ちします。

ありがとうございました。

[C1078] なんか凄そう!

こんにちは! なんとか頑張ってるぞ!
 司っちから、教えてもらった話は、なんか凄そうなのだ!
 基本的に、何千年後かの次の文明の考古学者のために、工房長は陶人形や、陶メカオブジェを製作してるのだが、現文明の子々孫々のために、ちょっとでも影響を与えることが、できたならば、それは光栄なのだ。
 最近、海外からのアクセスが、活発なので、これが原因のひとつかも!
 それでは、来月も人前で、一勝負なのだ!
  • 2010-10-07
  • 投稿者 : 薩摩隼人っちへ!
  • URL
  • 編集

[C1079] どうもありがとうございました。

v-41この度は、どうもありがとうございました。 miyaniさんの、おかげもあり、今回は、赤ポチシールの嵐!
最終日の午後4時閉幕の時に、でかいのが売れたのが凄かった!
 益子、笠間などでの個展は、知らずに入る、一見さん(初心者)がいるのだが、
ここ!なが屋門は、その可能性は無いに等しいので、作家の力量が問われるのである。 東京でやれば、凄いことになるぞ!と良くお客さんに言われたりするのだが、一見さんが、沢山来られるのも、ちょっと複雑な気分!
 益子陶器市で、感染してそして、さらに奥深くにまで、来るような密教の奥の神殿にくる感じが、面白いのだ!
 そのゴール地点で工房長は、誰が最後の奥まで来られるのかが、醍醐味なのである。 リトマス試験紙のmiyaniさんが、来られなくなったら、工房長の力量が落ちたと、反省! そして精進するのであったv-41
 あー! この感覚を文章にするのは、
難しいなあ!
  • 2010-10-07
  • 投稿者 : miyani-さんへ
  • URL
  • 編集

[C1080] 次回は、長野さんの出番です。

v-531こんにちは! 個展に来ていただきまして、本当にありがとうございました。
 次回の新作展の【龍】をテーマにした当人仰天!いや、陶人形展!
 沢山の資料文献を所有してる、長野氏の御力を、御借りすることになります。
東西の龍! ドラゴン!
 仏教! キリスト教!ユダヤ教!イスラム教!そして密教! シュメール文明からメソポタミア!マヤ!インカ!
もちろん!古代日本!
 調べることが沢山なのだ! 地球のエネルギー体の流れ!が龍! 可視もできるかも! 龍そのものの形の雲!
そして龍の文字を採用する軍艦!
 招き猫の仕事もしながら、上記のことを、深く調べて、それを面白おかしく、斜に構えて、作品にしたいなあ!
それでは現在!工房長はメールアドレスが上手く使用できない状態なので、非公開コメントで、長野氏の住所とtelを教えてくださいv-531
  • 2010-10-07
  • 投稿者 : 長野さんへ
  • URL
  • 編集

[C1082] まず、大事な調査結果を1つ

こんにちは、長野です。

まず大事な調査結果を1つ。

紀元2世紀の「三停九似説」という書物を後世引用した12世紀の記録が残っていて、
龍は、肩と腰で分けた3つで構成されていて、身体全体は、9つの生物に類似する部位として表現出来るらしい。

頭はラクダ、角は鹿、目は鬼、耳は牛、
うなじはヘビ、腹は「蜃」(蜃気楼の「蜃」)、
ウロコは鯉、爪は鷹、
そして、掌(たなごころ)は虎、に似ている、
と表現されている。

掌すなわち手のひらは、虎と言うことで、
ちゃんと「肉球=肉丘」があるわけです。
そのように表現された絵も残っています。
田崎さんの直観は正しかったようですね。

「火の玉郵便局」の方でなら、書類を添付できるようなので、
そちらに先日の「伊福部」の資料を送ります。

ダメなときは、郵送でしょうか???
お返事を一度下さいませ。

ではまた。

[C1085] 締め切りに間に合わず!

 今日までに仕上げなければならない原稿があったのに・・・・あまりにこだわりすぎて結局できず仕舞い。さてどうするか?徹夜するか、それとも入稿先に「詫びを入れる」か?究極の二者択一である!・・・・・・詫びを入れるか!
 ところで、私も「ブログランキング」というものに参加してみました。でもよく使い方が分かりません^^;
 http://sociology-to-interaction.blogspot.com/2010/10/blog-post_11.html

[C1089] さすがっ!ありがとうございます。

v-531こんにちは! さすが!
凄い情報を、ありがとうございます。
工房長としては、龍の足は、恐竜の足! つまりニワトリの足と同等だと、思って、鱗に爪だと思ってました。
 肉球は、マヌケでカワイイ!のでアンバランスなので採用したのだが、今後は堂々と使うのだ!
 左巻きの龍に、右巻きの龍!
気になることが多い! 龍の世界!
この機会に、龍マニアになるのだ!
 シーサーのときも、おもしろかったなあ!v-531
  • 2010-10-14
  • 投稿者 : 長野さんへ!
  • URL
  • 編集

[C1090] 侘び寂び!

侘びをいれるのは、嫁のおかげで、とても上手になれたのだ!
 しかし、先日、車がぶつかってきて、
工房長がキレて怒るところ、相手の運転手が、侘びの達人!
 示談となったのだ!
私も、嫁相手に示談交渉の鍛錬を行い、侘びの達人になるのだ!v-435
  • 2010-10-14
  • 投稿者 : 薩摩隼人っちへ!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/529-ca502402
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。