Entries

1億年後の工房火の玉発動機とは?

6月28日 ムシムシじめじめ!

DSCF0690nekoisann.jpg DSCF0708nekoisann.jpg DSCF0706nekoisann.jpg

DSCF0702nekoisann.jpg DSCF0699nekoisann.jpg DSCF0692nekoisann.jpg

DSCF0698nekoisann.jpg DSCF0696nekoisann.jpg DSCF0691nekoisann.jpg
【アフガン奥地で発見された未知の文明遺跡!】
          (工房長が、粘土で製作、撮影!)

さて! 工房火の玉発動機! 工房長の陶芸家!

何の為に、作品を創り続けているのか

           食べていく為  違う

食べていく為なら、公務員に会社員! 安心生活!高給生活! これを選ぶのが常識なのだ!

 そして、細々ながら、作品の売り上げだけで工房長は、食べていけてるので、これが目的でもない。


ならば、有名になりたいという、俗物的欲求なのか

これは、否定できないのだ!

有名になりたい! 選ばれた人間になりたい! 他人より上に位置したい!

 この俗物的欲求は、過去にもの凄く存在していたのだ

しかし、今、その情熱は切れた

 何度も新聞に載ったり、本で特集されたり、賞をいくつも取ったり、ちょこっとテレビに出たり

そんな経験すると、あっという間に俗物的欲求は、満たされ、

こんな欲求は、人生において、たいしたものではないことがわかったのである


では、なんのために創ってるかというと、

それは、たったひとつの感情! 

『 残したーい!!!

工房長の肉体が滅びようとも、

人の心に、工房火の玉発動機の感動を、残したい!

火の玉発動機の記憶を残したーい

エゴの塊! 『違ーう!』

工房長は、個展にイベント! 


大好きなのだ。 店に卸す仕事もキャンセルして、個展にはげむ事を優先!

そして、次の文明を支配している高等生物達にも見せたいのだ!

セラミック(陶器)は半永久的に存在!

そして、造りに造った、作品達が遥か未来に発掘されるのであった。


 関東のお客様が多いので、関東平野から発掘されるのだ。

いや一億年後は、日本列島は中央構造線で、分裂崩壊か?

         2009_09232009なが屋門0142 なが屋門
『僕を、発掘してくれたら、うれしいなあ!

本日のボヤキ!これまでっ










スポンサーサイト

2件のコメント

[C993] 大阪にも来て<(_ _)> !!

こんち・・工場長さま!!
大阪では、作品展の予定はありませんか??ホームページも見ましたが、写真じゃなく、本物が見たい!!でも・・東京は田舎もんには遠いのだ。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。せめて、大阪・神戸・京都あたりで作品展を!!熱烈!希望!!

[C994] 行きたーい!

nonnkohanさん! こんにちはv-314
現在! 西は愛知県が最西端!
軽トラのエブリィ号は、長距離がつらい。
 ハイエースを手に入れれば、遠くで個展ができるのだ。
 大阪方面で展示会の時は、よろしくお願いします。v-314
  • 2010-06-30
  • 投稿者 : nonkohanさんへ!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/507-bde92f46
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索