Entries

栄枯盛衰

4月13日 雨のち曇り

        2009_04260183 シーサー
                 【獅子しーさーシーサー!】

益子陶器市に向けて、製作中の工房長!

上記の作品のシーサーを見てもわかる様に、釉薬での細工が面倒なのである。

一体一体! 魂込めながら製作なのだ!

益子陶器市! 今年は人が多そうなのだ。気力を補充しておかないと!

昨日!愛車エブリィ号を、修理に出した!

いろいろ壊れたのであるが、さらにウォーターポンプの故障が見つかり!出費がかさむ!

内臓の奥で病巣が発見された感じ!(笑)

交換すれば完治だが、工房長の体内も検査しなければ!


栄枯盛衰!

新古車のエブリィ号も御老体!

愛車のR1100GSちょい改!も老体! ゴム類がボロボロ!血管のようだ!

そして、工房長もボロボロ!

唯一若手のトライアンフのスラクストンも、タイヤに多数のひび!


そのうち、ミホトである窯もボロボロになるであろう!

とりあえず、工房火の玉発動機は、現在は緩やかな右上がりだが、今後はどうなるのか?

愛車エブリィ号のように、不屈の闘志で永遠と走れるのか?

 4月は支払いが多く、不安に押しつぶされる工房長であった!


『陶器市前のこの時期が一番貧しい危険な財政なのだ!』

来年から、つくばで、陶芸教室を開講させなくては!

もちろん、怪しい不思議空間な教室にするぞ!

はたして生徒さんは、集まるのか?

30人ぐらい集まればなあ!

本日のボヤキ!これまでっ!『支払いの金!バイクを売れ!』


HPはリンクの所の工房火の玉発動機をクリック!
スポンサーサイト

2件のコメント

[C895] ヒ~ハ~!

前略★火の玉工房長どの!ワタクシ、九州支部のダイハードです、いつも工房長のつぶやき/ボヤキにゃインスパイアされる日々でありMAX!

さて冒頭の画像、コレってのはGW「益子陶器市」用の新作でしょうか?
だとすりゃすこし、作風がソフトになった感アリ。ワタクシ的にはブラマヨ・小杉っぽく、もっと「ヒ~ハ~!」なシーサーが好みだったんですが、マーケティング的に、わざとなのかな?w

ともあれ、何を隠そうワタクシもコノ四月はメッチャ苦C!っす(涙)桜なんて見るまも・見る気もしませんでした・・・・嗚呼。
が、ひたすらに見てたのは「器」でした。まさに無限の陶芸界。で、ソレを無限たらしめる技術/デザイン/フォルム、さらに釉薬よ!
昨日、ようやく素焼きの窯入れが。
さきに本やネットでアタマに蓄えし陶芸の知識は、じっさい作りながら順を追ってくと、かなり矯正されてくんだった!と同時に、一つひとつの工程の「深さ=選択肢の多さ」にたじたじになります。
たとえば、土は黄瀬戸なのか黒陶なのか?ろくろ挽くのか手びねりなのか?高台は削るのかデコるのか?化粧土は?紋様は?象嵌。押しだし。掻き落とし。透明釉。ロウぬき。下絵付etc.
つい話が横道坊主になりましたが(w)つまりは冒頭画像のキャプション「釉薬等の細工が面倒」という、みじかいけれど、このコトバの背景がしのばれて候★お体をたいせつに。
  • 2010-04-13
  • 投稿者 : ダイハード
  • URL
  • 編集

[C897] まずい!のだ!

このシーサーは、昨年の個展の『しびぃらあしゃっさあしーさー』の時に作ったときの一体なのだ。
そう!工房長は知らず知らずに怠慢してることを、ダイハードさんに教えていただいたのだ
 自分の作品に諭吉さんをだしてくれる異常な事態が!
通常になり、自分の作品が売れる、快感が常習性となり、麻薬のような危険な感じなのだ。
それゆえ、昔は、目立てばOK! 売れなくても、びっくりしてくれれば、満足だったのだが、最近は、売れないと不安になってしまう。
 個展と違って、益子陶器市は20万人以上来るイベント!
不特定大多数が見に来る。その中で特定少数の人間を探すのだが、不安ゆえ、無難な作風になってきてるのに、気がついた。
 基本的に、かわいいものは、大多数に支持され売れる。しかし、それだけなのだ。これは自殺行為v-40v-26v-38
 火の玉工房長!初心忘れるべからず!
 強烈なもので勝負しなくては!v-41
  • 2010-04-15
  • 投稿者 : ダイハードさんへ!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/483-b954a333
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索