Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C889] 春風駘蕩。

ひさびさのオン・ロードの火の玉工房長★どもも!九州支部のダイハードです。
いやはやワタクシ、ここにきて人生最大級の窮地に立たされ、オロオロっす。
情けない。中島みゆき。春なのに(涙)

しかも家人にゃナイショ通う陶芸教室の月謝等の支払の算段がつかず、焦りが!
そのくせ、陶芸自体はおもしろくってならぬから困ります(^^;)
つ~か、逆にコレがあったから心身のバランスがキープ出来てるよな気さえして・・・・人はみな心の岸辺に手放したくない花がある。陶芸。僕のなかに咲くLOVE。コブクロ。桜って、ちがうか(笑)

あと、教室全体での数が足りず、まだ素焼き前、乾燥状態のぐい呑み/猪口の表面に、いろいろ意匠をこらしはじめております。
削ったり、絵を描いたりとじつにおもしろい!
がだ、ワタクシは「ロウ抜き」を早くこころみたいと思っているから、このウズウズ・足踏み状態は不健康につき。
あぁ、律令制以来の横並び主義!おばちゃん連中のしゃべり場!なんてのが小さな陶芸教室にも見え隠れして、ワタクシはうんざりしちまうんだったんだったニダw

陶芸って、つくづく一人の作業だと思われ。よしなに候。
  • 2010-04-08
  • 投稿者 : ダイハード
  • URL
  • 編集

[C891] 悩んでますねえ!

こんにちは! 日本は、横並び主義の国!出る杭は打たれる運命!
今はただただ、耐えるのみの日本男児!九州男児! そのイライラが爆発パワーになるのだ。
 しかし、それだと楽しめないので、おばちゃん連中と違って、男の生徒さんは、皆ダイハードさんと同じだと思います。
あと、おばちゃんを敵にまわすと、怖い現実が訪れるので、注意してね!(笑)
 女性は、ほめまくることで、良い関係が築け、彼女達は上達するのだ。
 しかし、陶芸教室の月謝って高いよなあ! 自前の陶芸教室で儲けるか!
魂が水ぶくれになってしまうのだ!
ダイハードさん!頑張ってね!
  • 2010-04-08
  • 投稿者 : ダイハードさんへ!
  • URL
  • 編集

[C892] 魂の水ぶくれ。

工房長どの★いつもホット&クイックリーなレスポンス、ありがとうございMAX!
「魂が水ぶくれになっちまう」
含蓄ありますね・・・・にゃるへそなのだ。
が、まだ生徒という立ち位置のワタクシのばあい、水ぶくれになる前に立ち枯れしてしまいそでコワイっす(^^;)あわわ。

工房長が以前コメントされてたよに、教室には何でもある。道具~釉薬まで、何だって一とおりそろってる。
つまり教室経営の先生の側からすりゃ「先行投資」つ~か、自身が使ってるのの「使いまわし」なのかもしれないんだが、やはり月謝だけでは回収不可能と思われ。
だもんで・焼け石に水的ながら、ウチの陶芸教室は本焼きした作品の大きさで、お金を別徴収していました(焦)
猪口/300円~壺/約1万円というアバウトな幅なんですが・・・・あぁ!コレであれもこれも的な実験はできぬナと悟りました。
そうそう甘くはなかったんだった★やっぱし。

  • 2010-04-09
  • 投稿者 : ダイハード
  • URL
  • 編集

[C893] こうなったら!

こうなったら、作品の隙間に入れる、テストピースで頑張るのだ。ちっちゃいアクセサリーで、データーを集めるのだ。
 テストピースは、タダにしてもらうのだ!それか極安!
そういえば、陶芸家の嫁さんが、遊び半分で、だんなの窯の隙間に猫を作って焼いて遊んでいたら、そのうち嫁さんが、陶芸家でもなかったのに、猫作家として有名な作家になってしまったのだ。
  • 2010-04-11
  • 投稿者 : ダイハードさんへ!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/481-b08d9dab
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

人生は登山と言うけれど!

4月6日 桜晴れ!

        2009_04260136 哲学獅子
               【人生とは何なんだ!】

目下! 目の前の仕事は、益子陶器市!

目の前の仕事に、まず全力を出さなければ!

 ここに問題があるのだ。 何々しなければ MUSTの状態!

何故? こうなってしまったのだろう!


肩の力が、入りすぎ!

強がってる人間は、強くはない。

本当に強い人間は、強がる必要はない。

 工房長は、強がっているのだ。

自信が無いので、自信満々の自己暗示をかける。

 良く言えば闘争心の塊! 実はキャンキャン吼える弱犬なのだ!

目の前の大きな山を、一生懸命ジャンプして越えようとする愚か者なのだ。


 息を整えて、確実な、なだらかな登山道で、なにげなく高い山を

越えるのが、いいのだ。

 現在の世の中は、勝ち組負け組みだとか、俺の方が偉いだとか、うんじゃりなのである。

危うく、工房長もその腐臭たっぷりな人間になっていたのだ。


ひょうひょう!ゆるゆる!他人と比較せず!

我が道行く、陶芸家(陶人形作家)で生きていくのだ。

 でも、それって高い実力持ってこその話なのが、痛いのである。

実力無いと判断評価されるやいなや、容赦の無い攻撃されるので、

 また肩に力が入る工房長なのである。


登山家の神! メスナーのような人間になりたいなあ!

追随する者!存在せず! 誰もついて来れず唯一の存在!

だから、誰とも競わない!

だから、強がる必要も無いのである。

『早くその領域に行ってみたいなあ!』


本日のボヤキ!これまでっ!

【ブログ後記!】 久しぶりにコルセット締めて、バイクで海へ!

温暖な空気の中!生身で空間を高速移動する様は、幽体離脱したような快感なのだ。

茨城の道は、がらがらで信号無くて、最高なのだ。
スポンサーサイト

4件のコメント

[C889] 春風駘蕩。

ひさびさのオン・ロードの火の玉工房長★どもも!九州支部のダイハードです。
いやはやワタクシ、ここにきて人生最大級の窮地に立たされ、オロオロっす。
情けない。中島みゆき。春なのに(涙)

しかも家人にゃナイショ通う陶芸教室の月謝等の支払の算段がつかず、焦りが!
そのくせ、陶芸自体はおもしろくってならぬから困ります(^^;)
つ~か、逆にコレがあったから心身のバランスがキープ出来てるよな気さえして・・・・人はみな心の岸辺に手放したくない花がある。陶芸。僕のなかに咲くLOVE。コブクロ。桜って、ちがうか(笑)

あと、教室全体での数が足りず、まだ素焼き前、乾燥状態のぐい呑み/猪口の表面に、いろいろ意匠をこらしはじめております。
削ったり、絵を描いたりとじつにおもしろい!
がだ、ワタクシは「ロウ抜き」を早くこころみたいと思っているから、このウズウズ・足踏み状態は不健康につき。
あぁ、律令制以来の横並び主義!おばちゃん連中のしゃべり場!なんてのが小さな陶芸教室にも見え隠れして、ワタクシはうんざりしちまうんだったんだったニダw

陶芸って、つくづく一人の作業だと思われ。よしなに候。
  • 2010-04-08
  • 投稿者 : ダイハード
  • URL
  • 編集

[C891] 悩んでますねえ!

こんにちは! 日本は、横並び主義の国!出る杭は打たれる運命!
今はただただ、耐えるのみの日本男児!九州男児! そのイライラが爆発パワーになるのだ。
 しかし、それだと楽しめないので、おばちゃん連中と違って、男の生徒さんは、皆ダイハードさんと同じだと思います。
あと、おばちゃんを敵にまわすと、怖い現実が訪れるので、注意してね!(笑)
 女性は、ほめまくることで、良い関係が築け、彼女達は上達するのだ。
 しかし、陶芸教室の月謝って高いよなあ! 自前の陶芸教室で儲けるか!
魂が水ぶくれになってしまうのだ!
ダイハードさん!頑張ってね!
  • 2010-04-08
  • 投稿者 : ダイハードさんへ!
  • URL
  • 編集

[C892] 魂の水ぶくれ。

工房長どの★いつもホット&クイックリーなレスポンス、ありがとうございMAX!
「魂が水ぶくれになっちまう」
含蓄ありますね・・・・にゃるへそなのだ。
が、まだ生徒という立ち位置のワタクシのばあい、水ぶくれになる前に立ち枯れしてしまいそでコワイっす(^^;)あわわ。

工房長が以前コメントされてたよに、教室には何でもある。道具~釉薬まで、何だって一とおりそろってる。
つまり教室経営の先生の側からすりゃ「先行投資」つ~か、自身が使ってるのの「使いまわし」なのかもしれないんだが、やはり月謝だけでは回収不可能と思われ。
だもんで・焼け石に水的ながら、ウチの陶芸教室は本焼きした作品の大きさで、お金を別徴収していました(焦)
猪口/300円~壺/約1万円というアバウトな幅なんですが・・・・あぁ!コレであれもこれも的な実験はできぬナと悟りました。
そうそう甘くはなかったんだった★やっぱし。

  • 2010-04-09
  • 投稿者 : ダイハード
  • URL
  • 編集

[C893] こうなったら!

こうなったら、作品の隙間に入れる、テストピースで頑張るのだ。ちっちゃいアクセサリーで、データーを集めるのだ。
 テストピースは、タダにしてもらうのだ!それか極安!
そういえば、陶芸家の嫁さんが、遊び半分で、だんなの窯の隙間に猫を作って焼いて遊んでいたら、そのうち嫁さんが、陶芸家でもなかったのに、猫作家として有名な作家になってしまったのだ。
  • 2010-04-11
  • 投稿者 : ダイハードさんへ!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/481-b08d9dab
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。