Entries

作家稼業は、しんどい!しんどい!

3月9日 

      2008_09180156blog.jpg
          【ペンギン勇者12匹の中の一匹!】
                   (2008年製作発表)

さて、工房長!春の益子陶器市の前に、体を壊し何も出来ない状態!

 3年前から、病気の体に鞭打って製作活動してるので、大変なのだ!

作家活動は、物凄くエネルギーを使うので、体が言うこときかないと、厳しいのだ!

肉体的に、年一回の新作個展が、精一杯になってしまったので、次の手を考えないとなあ!

 中途半端に実績がついてしまったので、やめるのも、もったいない。

中途半端に活動してては、金も稼げない!

 中途半端な実績で、食べていくには?

そういえば、銀座で、実績も実力も無い、ただの陶芸好きのおじさんが、

商売として、陶芸教室を開いたのだが、その収入を調べてびっくり仰天!


ここからは、妄想フィクションとしよう!

だいたい、陶芸教室(会員制)の月謝は3万円前後!

生徒さんは、20名から100名!

すると、月収は? 凄いのだ!

実際工房長も、陶芸教室の生徒だったし、現在月に一回、縁あって講師もしてるのだ。

 工房長は、雑誌や本でも特集扱いされた、作家!(笑)

かたや、陶芸好きなだけのおじさんの主催する陶芸教室!

 実力と収入の差の激しさ!

悲しき世の中! 

 次の一手は、もう決まったようなものなのだ。

しかし、十分体の病気を完治させて、フル活動できるようになったら、

やっぱり、作家として腕をふるうのに邁進したいものである。


本日のボヤキはこれまで!            
スポンサーサイト

4件のコメント

[C868] 菊練り・・・・

菊練り、ムズカシイ・・・・と嘆いておるダイハードですが、こんにちは工房長!
きょうは雪になりそこねの雨、そして強風につき、福岡メチャクチャ寒いッス!
笠間/益子は自由風土なのか、若い陶芸家がおおいのですね~切磋琢磨の相乗効果からか、陶器市の画像の片々/陶磁郎&陶遊なんかの雑誌みて、ビックリしました。
斯様ななかで「火の玉発動機」のカンバン掲げし工房長!ブログ、ア~ンド作品群!
毎度まいど、拝見するたびに力をもらっておりますよ。
工房長はたしかに「・・・・持っている」w 皆、そう確信するものです。
  • 2010-03-10
  • 投稿者 : ダイハード
  • URL
  • 編集

[C869] 菊練り3年!3ヶ月!

こんにちは! 菊練りは、3ヶ月たつと、
いきなり出来ます。
本人もびっくりするぐらいです。
私もそうで、陶芸教室の初心者もそうでした。 なので、上手くいかないなりに、続けてくださいね! ある時びっくりいきなりできます。 その時は、成功を自慢しにきてくださいね!
 そして、益子笠間の若手(私も)は、バブルを経験してないので、ある意味良かったみたいです。
バブル経験の陶芸家は、実力が無くても、
高値で売れたので、今は大変そうです。
ローンを組んだが、あれれのれ!
 そして、私はローンも組めないこのご時勢! がんばらなくては!
  • 2010-03-11
  • 投稿者 : ダイハードさんへ!
  • URL
  • 編集

[C870] いきなり出来る!

ふむむ★工房長、そ~ですか。いきなり出来ますか3ヶ月。う~ん、長いような短いような(苦笑)しかし、コレができぬと前へ進めへんし。
菊練り3ヶ月。
興奮キープ1年間。
じっさい濃厚/熱烈なるファンがいてる工房長!そのおコトバ信じて、オレはやるっきゃないんだった!
・・・・ちなみにローン/借金のたぐいは悪デスw
  • 2010-03-12
  • 投稿者 : ダイハード
  • URL
  • 編集

[C871] そうなんです。

信じて大丈夫なのだ。おそらく、毎日、菊練りしても、失敗してしまう。しかし脳みそのなかでは、先生の美しい菊練りの映像が何度も再現されてるはず!
すると、脳みそが、指令を出して肉体の動きを補正してくれるのだ!
それも自動的に!
 器用な人と、不器用な人の違いは、
単なる補正してくれる時間の違いだけ!
よけいな力は入れず、雑念も捨て、
 先生の菊練りの映像だけをなんども再生させながら、菊練りに励むのだ!v-41
  • 2010-03-13
  • 投稿者 : ダイハードさんへ!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/471-f706f882
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索