Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C742] 凄っ!

新聞に載るなんて凄いですねぇ!
私は犯罪でもしない限り載りそうにもありませんよぉ。
スゲ~!
この流れをいい意味で受け止め飛躍される事を祈っ
ております。
  • 2009-10-08
  • 投稿者 : sakai
  • URL
  • 編集

[C743] 飛躍するぞ!

ありがとうございます。 悪い事の後は、いいことが起きるのだ。
 ということは、次は?
 謙虚に謙虚に、今こそ生きなくては、
反動が怖いのだ!(経験済み)
 興味を持ってくれた記者に感謝!
  • 2009-10-09
  • 投稿者 : sakaiさんへ!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/424-4fb4af79
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

久しぶりに、新聞に載ったぞー!

10月7日 18号が来るっ!

2009なが屋門 010

さて!個展が終わり、月火曜日と、熟睡!そして夜!

秋の益子陶器市の会議のため、遠路、益子へ!

今年は、【かまぐれの丘】は10周年!

皆、この究極の実力の世界で、生き残ったものだと、工房長、感無量!

プロのミュージシャンやスポーツ選手のように、好きだから!という理由だけでは

生きていけない厳しい世界!

そして、工房火の玉発動機も来年独立10周年!

来年は、大爆発させたいのだ。

小爆発程度なら、年取ってもできるが、大爆発は、来年40歳が限界か?


さて、本日から、購入してくれたお客様に、お手紙と梱包作業!

なんか沢山、陶人形の嫁ぎ先が、できたため、そして丁寧な手紙も添えたいため、

全部の配送は、かなり手間取り、来週までかかりそうです!


それでは、新聞記事の内容でーす!(記者 赤嶺容子)より。

【 シーサーの多彩な姿 】

 タイトルとなった、シーサーの多彩な姿が会場を埋めている。
手のひらに載るような大きさの、一対の『織部あうんラブシーサー』、おおきなあごに、いくつもの
巻貝がついた、『あごシーサー』、鬼のかぶとを頭上に、体に龍が描かれた『オニシーサー昇り龍』
 鼻の大きなブタの神シーサー、流し目のチャーミングな『セクシーサー』など!
『NASAの極秘計画により火星と月に設置された』と解説のつく赤みのある『あ、シーサー』
と、こげ茶の『うん、シーサー』はいずれも、細い長い腕と4足を持つ。
 『危険』の張り紙の付いたおりに収められた『弱肉強食シーサー』は巨大な口で猫神を食べている。
 どれも透明な上薬による丸く澄んだ瞳が、角や文様に埋まって不気味ともユーモラスとも
見える顔に収まっている。
 『楽しいよねー』 『田崎さん、すっとばしてるな』 などの声が次々に訪れる人たちから
あがっている。  中央には長さ2メートル近くの『二〇式航空重装甲列車』と名付けられた
9両連結の列車。
 戦闘機(ジャイロコプター)が発着できる甲板を戴く鈍い赤色の車体には、
『武勇号』 『勇敢号』などの文字。
 『ひのたま支那そば』や『BARゆうこ』 (あと、とんかつ屋もあるぞ!)も見えるのが楽しい。
力が外へあふれんばかりのシーサーと違い、ここには、みなぎるパワーを短形の内部に
ぎりぎりと封じ込めたような重量感が感じられる。
 ほかにうどんを打つ鬼や、『阿修羅』 ならぬ3面の丸顔が並ぶ 『あちゅら』 など。
『皆さんここに入ったとたん笑顔になります』とギャラリー担当者。


と、カラー面で載ったぞー! どうもありがとうございました。

ホームページはリンクの所の工房火の玉発動機をクリックしてね!

10月31日~11月4日まで!
 秋の益子陶器市に出店します。 さて、またひと頑張りしないと!
スポンサーサイト

2件のコメント

[C742] 凄っ!

新聞に載るなんて凄いですねぇ!
私は犯罪でもしない限り載りそうにもありませんよぉ。
スゲ~!
この流れをいい意味で受け止め飛躍される事を祈っ
ております。
  • 2009-10-08
  • 投稿者 : sakai
  • URL
  • 編集

[C743] 飛躍するぞ!

ありがとうございます。 悪い事の後は、いいことが起きるのだ。
 ということは、次は?
 謙虚に謙虚に、今こそ生きなくては、
反動が怖いのだ!(経験済み)
 興味を持ってくれた記者に感謝!
  • 2009-10-09
  • 投稿者 : sakaiさんへ!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/424-4fb4af79
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。