Entries

無様工房長! スラクストンがやってきた!

9月19日くもり!
                    2007_08270110.jpg
                 【 タコ型火星探査機!】

あー!無様な工房長!

昔は、セパハンのバイクで、峠攻めたり、日本1周したり、平気にレーサーレプリカに跨れたのに!

この、トライアンフのスラクストン!(初期型)

セパハンで、しかも遠い!

しびれるスタイル!

 またがった感じは、1100カタナに近い!

脳みそは、20年前のまんま!

しかし、おなか周りは、中年なのだ!

うー!苦しい!

足付きは、抜群なのだが、おなかが、苦しい!

カドヤの革ジャンも、苦しい!

昔はカドヤの革ジャンの下に、何枚も服が着れたのに、今は、1枚でいっぱいいっぱい!

陶芸家として、土練りで、上半身は、プロレスラー風!

お腹は、ポヨヨン!

【世界最速のインディアン】の映画に出ていたホプキンスのような、工房長!

紅の豚のポルコ、ロッソ!のような工房長!

これはこれで、かっこいいとして、やっぱり、昔のように、スムーズに体重移動したい!

筑波の峠を走ったが、肉の塊ライダー!で夢は、はかなく!

R1100GSは、オフ車ポジションなので、大丈夫なのだが、

スラクストン乗りになるための工房長!

これから、肉を取るのだ!

峠を走りまくっていた(箱根)頃の55キロに、目標設定なのだ!

まあ!ダイエットの理由として、若い女の子とデートするためと同等の、モチベーションなのだ!

あー!前のオーナーが、買ってすぐ、手放したのが良くわかる。

そういえば、友達でTL1000R乗りがいて、跨らせてもらっただけで、

工房長ギブアップ!

スラクストンは、1100カタナよりは、楽なポジションのはず!

ダイエットプラス、ヨガでもやるか!

しかし、ガソリンスタンドで、おじちゃんに、声をかけられたり、

スタイルは、とてもいかしてるのだ!

工房に帰って、ビキニカウルと、シートカウルを早速外すと、

これまた、かっこいいのであった!


2009_09172009なが屋門0091  2009_09172009なが屋門0090  2009_09172009なが屋門0089
【個展の案内です!写真にクリックして大きくして見て!】

9/26~10/4に、陶人形作家である、田崎太郎の個展やるぞ!


スポンサーサイト

2件のコメント

[C714] バーティカル・ビックツイン。

バイクの持つ一つの形だね。良いねぇ~!
体型については、英国本国でもメタボライダーがいるから、気にしないように。デブ税を払えばそれで良い。
でも、アラビアのロレンスはスリムだったな。
俺も最近、バイクに初めて乗った時の原点を呼び戻すべく、ブロンコ、SL230を探している。懲りない爺いだと自覚しているが、民ちゅ党のCO2の25%削減で、バイクもハイブリッド化するだろう。
今のうちに足掻いておこうと思っている。
スリムになりたいならば、徹底的な自己否定を繰り返し、激しい鬱に追い込みメタボ対処の漢方薬を飲めば成就するよ。
但し、バイクに乗る気力が失せて、イン○になる可能性も在るかもしれないけど、そ~なっても当局は一切関知しない。
ともあれ、一度乗せてね。
  • 2009-09-20
  • 投稿者 : 玉男
  • URL
  • 編集

[C716] ブロンコはいいねえ!

スラクストンは、まだ乗せません!だって、まだ上手い乗り方が、わからないのだ。ちゃんと手なずけたら、OKだぞ。
もともと、工房長は手足が短めなので、昔から、ランディマモラの乗り方が、大好きだったのだ。 つまり極端な前乗り!しかしスラクストンは、後ろ乗りが、良いと本に書かれていた! そうするとガードナー!のように伏せて後ろに加重かけた感じにすると良いのか?ガードナーのつなぎをイベントで見たとき、小柄でびっくりしたのだ。レイニーもそうだったなあ!しかし、頑固な工房長!
 レース中にコース脇で小便したにもかかわらず、GPで優勝しちゃう、個性的なライディングスタイルのマモラ!あのマモラ乗りは、かっこよかった!後年は外足外さなかったがな! ブロンコ!あれは超かっこよい!しかも現在大変安い!
工房長! 次に買い足すのは、カブ110!余計な部品取っ払って、缶スプレーで、汚くしたい!
  • 2009-09-22
  • 投稿者 : 帯金玉男へ!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/413-8e0c2625
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索