Entries

陶芸家のボヤキ!

9月6日!バイク日和
                       プリキュア5 039
                【今の気分は、こんな感じ!】

秋空は、限りなくブルーな色をしており、

工房長の気分も、限りなくブルー!

ぎっくり背中で、昨晩は痛みで寝れず、徹夜同然!

早朝に嫁が急遽、帰宅!

手の届かない、背中に痛み止めを、塗ってくれたので、助かった。

いったん寝転ぶと、自力では起き上がるのは、不可能なので、

神様仏様、嫁様なのだ!

 という訳で、培倶人のイベントにも行けず、個展の準備もできず、

無駄な土日を過ごしてしまった。

そして、工房の近くのツーリング道路では、バイク達の排気音が!

 工房長も、我慢できずに、杖をつきながら、愛車BMW R1100GSのところへ!

センタースタンドかけた、GSは、巨大なのだ!

立ちはだかる事、山のごとし!

そして、工房長は、山に登るように、GSに登ってゆく!

そして、ハンドルを握り、まるでその姿は?

100円入れて動く乗り物に乗った、子供のようなのだ!(老人)

気が済んだところで、下山して、一服!

来週は、航空自衛隊の百里基地の航空祭!

地元民の特権として、リハーサルを見に行くのである。

F15の、リハーサルは凄いぞ! 今年は那覇から、ファントムが移転してきたので、

ファントムの機動飛行が楽しみ!

 個展の準備ができない工房長であった!

そう!9月7日!明日は、なんかFM電波で観測してる方が、福島沖でかなり大きな地震が

起きるようなデーターを発表していた。

 現在、作品は窯から出たので、いつ地震が来てもいいのだ!

できることなら明日来て!        本焼き中に来られると、

100万円近くが、窯の中で、破壊!そしてガス爆発!  そして

そばに停めてる愛車R1100GSに、引火! 1100GS大爆発! そして

1100GSの横のマーチに引火! 大爆発! そして

その横のエブリィ号に引火! 大爆発!

あー!トライアンフのスラクストンは、バイク屋に置いといて、良かった!良かった!


ホームページはリンクの所の工房火の玉発動機をクリック!

9/26~10/4  2009 新作個展!
        【 しびぃらあしゃっさあシーサー!】
   という陶人形展をやるよ!
   つくば!ぎゃらりーなが屋門! にて!
       今後、情報流れマース!
スポンサーサイト

9件のコメント

[C695] その後病院は?

行った方が良いでよ。
このままですと仕事にも影響出る筈ですから。

あまり登頂は体に良くありませんから、遠くから
眺めるくらいにしてくださいね。

そういえば欲しいといわれていた多門ステッカー
って何でしたっけ?
  • 2009-09-08
  • 投稿者 : sakai
  • URL
  • 編集

[C696] 腰の完敗

元気?腰をいためたとか、、、。栃木の地酒「腰の完敗」の飲みすぎではないのかな?
先日電車に乗っていたら、ねーちゃんが[I‘m a bitch!]と書かれたTシャツを着ていたので, [How much?] と聞きたくなりました。
また[Pretty pu○sy!]という奴を着ていたのを見つけて,[Can I touch it?]と尋ねたくなりました。。
更に[Be s○xy!]とあったので,[Take off your pants!]と叫びたくなりました。
どうも、なんか変な恥ずかしい英語をプリントしたTシャツがはやっているようです。
「世も末じゃな。」と思っていたら、白いブラウスで藍色のフレアースカートをはいた真面目そうな若い女性が、座っている私の前に立ち、
「仏険」という本を読んでいたので、思わず「若いのに仏教に興味を持つとは、えらいですね。」と声をかけ、誉めたのに
「仏教ではありません!仏蘭西語ですうッ!!」と怒られてしまった。
だったら、イタリア語は「イケン」、ロシア語は「ロケン」、インド語は「インケン」となるのか!!と思わず叫びたくなりました。
俺は「感心だな。」と心底思い誉めたのに、あんなに怒ることは無いと思うのだが、、、。

最近、鬼嫁が
「JR sen de ninshin jiko no tame okurega deteimasu.」と言っていたけどどんな意味だ?と聞かれました。
「本当に、妊娠事故と言ったのだな?」と再度確認したら、
{Yes!}と答えました。
「だったら、妊婦が混雑した電車に乗り、お腹を押されて子供が出てしまった可能性があ・る・か・も・知れない。それで遅れたの・だ・ろ・う」と教えたら、
{Oh my God!!}
と叫びながら、早速世界中の友達にメールで発信していました。
後で気がついて、
「また嘘を教えた!!」と非難されるかもしれないが、確かに鬼嫁は
{Ninnsin Jiko}と言っていて、「人身事故」とは言っていなかったのだ。
また俺は「かもしれない」と、使用語彙に留意し、誤謬に対しては不確定要素がたぶんに含まれていることを示唆して教示したまでの事。
決して嘘を教えたのではない。
「聴き間違えたお前が悪い!」との反論を用意し、鬼嫁の悪態に備えている毎日です。

  • 2009-09-08
  • 投稿者 : 玉男
  • URL
  • 編集

[C697] 新田原基地

に自転車で行ったのを覚えていますが、これは太郎氏と行ったんだっけ?そのときのお目当ては「F16みたいな形の戦闘機」だったと思うのですが?(よく覚えていません)。しかし個人的には、やはり零式艦上戦闘機21型(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%B6%E5%BC%8F%E8%89%A6%E4%B8%8A%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F)が一番好きだな~。今度市販のアルミ製の模型を購入するつもりです^^/

[C698] 良いな。

ゼロ戦を零式艦戦、それも21型が良いとは清く正し日本人です。
俺の好みで言えば、金星エンジンに換装された64型が実戦配備されればどうだったか、興味があります。
太郎ちゃん、製作してみたら?
  • 2009-09-09
  • 投稿者 : 玉男
  • URL
  • 編集

[C700] 21型が・・・

 一番シルエット(フォルム)的に「日本の飛行機だな~」という感じがしていました。しかし64型というのがあったというのは知りませんでした^^;(52型までしか知りませんでした)。小さいときには重武装の雷電(紫電改?)が好きでしたが、歳を取るにつれて「無駄のないフォルム」みたいなものに惹かれるようになりました。
  • 2009-09-12
  • 投稿者 : 薩摩隼人
  • URL
  • 編集

[C702] 先ほどはお電話にて!

 突然失礼しました。
 鹿児島はいつでも待ってますよ!
 温泉(360円)、海産物(キビナゴ)、黒豚・黒ごまetc。
 ではでは/

[C703] ゼロ戦!すばらしい。

窯焼きで、パソコンどころでなかったので、おそくなりました。 なんと私は、こどもの頃から、プラモデル!ゼロ戦の全形式を製作したのであった。最終型が一番かっこいいが、翼の端をカットした13型? 灰色になったような、タイプが魅かれるのだ! 航続距離は短くなったが、格闘戦が強くなった気がする意気込みが、感じられるのが良いのだ。
 今度のスラクストンは、イギリスのスピットファイヤーなのだ!あー今度のキャンプ楽しみ! ちっちゃいギター!手に入れたので、積んでいくぞ!
  • 2009-09-16
  • 投稿者 : 帯金玉男さんへ!
  • URL
  • 編集

[C704] 違うのだ!

この前は電話ありがとー!!
 さて、司っち!と行ったのは、芦屋基地と築城基地だったのだ!
だったような気がする!
おそらくそうだったような!
工房の近くの百里基地に沖縄に居たファントムが配備されて、見に行くたび良い気分なのだ!
  • 2009-09-16
  • 投稿者 : 司っちへ!
  • URL
  • 編集

[C709] 違うのだ!!

違うのだ!13型など存在していないはずである。最初の番号はエンジン形式を示し、次の番号は機体番号を示していたと記憶する。翼が短くなったのは、(本来12Mを両翼端を0.5Mカットして11Mにしたもの)速力を速くすることと、甲板に運び出す手間を省くするためにそうしたのだ。その結果、運動性能は著しく低下し、乗りにくくなって元の翼の形状に戻した経緯があるのである。
で、キャンプは何人のお馬鹿が集まりそうですかな?
ウッキー(嗚呼、、、懐かしい響きだ・・・。)は、げびちゃんは、ドラえもんは、島ちゃんは、ニトロは皆どこへ行ったのであろう。あの12年前の狂騒は今は何処・・・・・・。
過去を嘆いても仕方ない。勇気あるお馬鹿若者をこの際太郎ちゃんの人力で探してもらおう。
ただし入会条件ついては、お馬鹿せーねんの参加のときは、捧げもの(神への贖罪)として、若いねーちゃんを必ず2人以上連れてくることを必須条件としよう!!
  • 2009-09-17
  • 投稿者 : 玉男
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/409-e6e6e903
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索