Entries

陶芸家とギャラリーとの関係!

4月13日 晴れ!
                      2008_09180089blog.jpg
          【ロケットマヤペンギン!さあ飛びたとう!】
                     (2008年製作発表)

さて!もうすぐ益子陶器市なのだ!

本日は歯に衣着せぬ発言をするのである。

此処日本では、謙虚でいることが一番安全な作戦であることは、

十分理解してるが、大馬鹿を目指す人間としては、安全な作戦は

本能的に嫌いである。

益子陶器市では、工房火の玉発動機のテントに此処何年かは、

御伊勢参りのように、沢山ギャラリーさんから、ご挨拶されるようになった。

できることなら、全てのギャラリーさんの要望が叶うようにしたかったのだが、

多すぎる上に、2007年から病気と怪我が続いて、生産量がかなり少なくなったので

1年以上、待ってもらっている。

もう忘れ去られた可能性もある。

さてさて! 陶芸家とギャラリーとの関係は、お客さんとの関係ではない!

共にに闘う同志でなければならない。

ときには、ギャラリーは有能な下士官!

ときには、頼りになる、司令官!そしてときには、戦友!

どれにしても、有能でなければならない。

そして、陶芸家はギャラリーの下に付くか、上に付くか!

無名の新人作家は、販売力がないため、ギャラリーの傘下にはいる輩が多い!

そのため、全て店の言いなり! 店の御用窯となり

悩んでる作家を、見たり聞いたりする。 正直情けないのだ!

 ところが、工房長は、初期からあくまでも、ギャラリーの上に位置することを

望んだ為、個展の依頼は、来るが、常設はさせてもらえないのである。

仕方ないので、店を通さない販売方法で生活するようになったので

ますます、強気でいることが可能になったのである。

益子有名ギャラリーMでも扱ってる本に大々的に特集されたにもかかわらず、

正月の招き猫展には、工房長は御呼びがかからないので、

正直かなり、Mには工房長激怒してるのである。

激怒できるのは、嫌われても陶芸家生命が失われない事が分かってるからなのだ!

同じように、修行した地元笠間からも、一度も話が来ない!

何度も本で特集されてるのに、御呼びがかからない。

専門の猫展(笠間)でも御呼びがかからない。

おそらく嫌われてるのであろう!(笑)

とにかく、意地でも今年は笠間で一店舗だけ、常設の店を作るのである。

という訳で、工房長はギャラリーに育ててもらった、温室育ちの花ではなく、

路地裏から自分勝手に育って異臭を放つ毒花なので、

Mにも毒を放つ!刈られても再度芽を出し毒花を咲かすのである。

そして、温室の花のように、高級肥料ではなく、

路地裏に咲く毒花は、野良犬の糞や、酔っ払いの立小便が肥料になるのである。

という訳で、工房火の玉発動機のギャラリー論!

益子陶器市にて今年も沢山面会することになると思いますが

共に闘ってくれるようなギャラリーさんに出会えることを夢見て!

お待ち申し上げております。

なお、怪我と病気で、1年以上空白にしてしまったギャラリーさんに、

お詫びを申し上げます。

もっと毒を吐きたかったが、自分の毒で、毒花が枯れてしまう恐れが

あるので、ここでおひらき! です。


ホームページはリンクの所の工房火の玉発動機をクリックしてね!

                        
                      
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/360-4382e044
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索