Entries

冬が来たようだ!

11月19日 晴天 冬晴れ!
                   2007_04170316kappa.jpg  2007_04170317kappa.jpg
                       【カッパ!緊急激写!】
                          (2007年製作発表)

【昨年!工房裏の湿地帯を散策していたところ、草陰から、30cmぐらいの、未確認生物 UMAが跳び出して、さあ!大変。 緊急撮影した瞬間、工房長のところへ跳んで来たので、肝を潰したのであった。】

さて!冬がついにやってきました。

冬のいいところは、虫が居ない!

これは、田舎生活してると、本当に楽なのである。

さて!病床の工房長は、暇なので、政治経済関係のネット情報を見てると、

凄いねえ!今回の不況はなあ!

冬の時代ではなく、新しい時代に入る前の、全ての破壊状態なのだ。

今日も、トヨタについて、新聞に載ってない事が!

ああ!失業者が更に増えていくのであった!

しかしながら、歴史によると、どんな大不況!や失望の時代でも、

いつも、知恵ある少数の人間は、うまく切り抜けていたので、

工房長も、知恵を振り絞って、更なる悪の2009年に向けて計画をたてなおすのであった。

ついに、火の玉極秘ノートに書かれてる【営業方針 A】を実行するのであった。


さて!先日出した、申請書!

封筒に、魔術をかけておいたのだ。

魔術とアートは、とても似ていると、工房長は思う。

工房長の作る人形にも、手に入れてくれた方が、幸福になってくれるように、

魔術をかけてある(笑)

自分自身にも、魔術をかけてあるのだ。(笑)

強力な祈りは、魔術に似ている。

しかしここまで、強力に祈る人間はほとんど居ないだろう!

来年は、綱渡り的出世計画が青写真どおりにいかせるように、繊細に勝負するのだ。

本来ならば、パワーでブルトーザー的に進めるが、もう年なのか?


ホームページはリンクの所の工房火の玉発動機をクリックしてね!



スポンサーサイト

6件のコメント

[C488] おひさしぶりぶり

太郎さん、私は陶器市後、風邪やら手先の怪我で、しばらく、お休みでした。つらかったです。仕事、できないのが、つらいけど、いろいろ考える時間もてました。たろうくんの、いない陶器市は、さびしかったよ。でも、太郎くんのファンの方々が、私のお店に遊びにきてくれたよ太郎くんのファンのみなさん、太郎くんのこと、心配しながらも、待ってるよまた、一緒に楽しい企画展やろうね~
  • 2008-11-20
  • 投稿者 : 半澤にゃんこ
  • URL
  • 編集

[C489] おひさしぶりぶりぶり!

にゃんこ先生!こんにちは!淳子さん、手の怪我のつらさは、よーくわかるぞ!仕事できないことは、本当に不幸な気持ちになってしまうのだ。 よーし、ガンバロウッと。 また企画展やりましょう。
  • 2008-11-21
  • 投稿者 : 半澤にゃんこ先生へ!工房火の玉発動機の田崎太郎です!
  • URL
  • 編集

[C490] いいぞいいぞ

ゆび一本で、仕事にならないんだ。仕事の納期あるし、追い込まれ、ひらきなおりまーす
でも、つくりはじめたら、胃の痛みが、やわらいだ。やってないと、だめなんだね。陶器市に、太郎くんのファンのひと「やっぱり、太郎くんのほうが、いいな~」と、おっしゃりながらも、私の猫も、つれてってくれましたいいひとたちでした。田崎くんの、人徳ね今度、のもうぜ~ボージョ礼。
  • 2008-11-21
  • 投稿者 : 半澤にゃんこ
  • URL
  • 編集

[C492] どうもどうも!

人形つくりは、メンタルが作用するんで、大変なのだ。パーッと、やってぷーっとするのだ!
  • 2008-11-21
  • 投稿者 : 半澤にゃんこ先生へ!工房火の玉発動機の田崎太郎です!
  • URL
  • 編集

[C494] 元気かぁ?

その後、体の具合はどうですか?
ブログを見るとあまりよくなさそうですが、早く元気になりましょう!

[C496] まあだだよっ!

内臓やられたので、体力復帰は時間がかかる。 うまいもん喰って体力つけなくては!
  • 2008-11-29
  • 投稿者 : 山王窯さんへ!工房火の玉発動機の田崎太郎です!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/325-aaca5370
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索