Entries

日本人は、しぶといぞ!

10月1日 雨あめアメ!
                         2008_09180385blog.jpg
                    【鯨型航空母艦 天神】
                       (2008年9月製作発表)

     2008_09180386blog.jpg  2008_09180387blog.jpg  2008_09180390blog.jpg

【 鯨型航空母艦 絶対三神空母 (龍神、雷神、天神)は3隻そろって最強艦隊と、根拠の無い自信で突き進むのである! 一番の問題は、誰が先頭に立つか?で、いつも艦長どうし、喧嘩の日々である!】

 さて!工房長が寝込んでいる間に、世界の金融情勢は、真っ暗!

アメリカ艦隊は、現在ホルムズ海峡に集結!

第2の真珠湾として、イスラムに一方的攻撃され、それを口実に戦争が始まる話も、ちらほら!

近代史好きの工房長!

これから、起こる事は、第1次世界大戦前夜!第2次世界大戦前夜!

どうも、激動の時代に入りそうな!

テレビでは、大食いに、馬鹿バラエティー番組!

自民党はもう、断末魔!

しかし、日本人は、しぶとい! 大恐慌で関東大震災で、ぼろぼろになっても、原爆おとされても、ペリーが来ても、元寇が来ても、露西亜が来ても、恨み言いわず、再建してるのだ。

他の民族は、消滅したり、恨み言ばかりだったり、大変なのだ。

さて、火の玉発動機は、しぶとい!

山口でも評判がすこぶる良く、どんどんやってくれと、電話がさっき入ってきたのであった。


 工房火の玉発動機! どんな世の中になろうとも、ただただ我が道を行くのみ!

日本の宗教である、金持ちになりたがり、札束を御本尊とするこの宗教!

 そろそろ、崩壊してもらわないとなあ!

未来の考古学者が、火の玉発動機の陶器の作品を発掘した時のことを考えると、楽しくてしょうがないのである。

怪しい陶メカオブジェの解釈! 工房長の描いた、でたらめ神聖文字&文様!

子供の頃から、マヤ、インカの発掘品に異常な程興味があった工房長!

前世というものがあるならば、自分で作っていたような気がするのであった!

あの、黄金ジェット機の遺物類は、大昔、俺が作ったものなのだ!

なんてね!


ホームページはリンクの所の工房火の玉発動機をクリックしてね!

 10/5まで、山口県【まねき猫や】にて、招き猫神販売中! (招き猫まつり)





スポンサーサイト

4件のコメント

[C463] だいじょうぶ・・・か?

体調はいかがですか? ・・・・頭の方もかなりヒートアップしているようだが?大丈夫か? 検査をしてはやく原因が解ればいいのだが。・・・養生してくだされ!!

[C464] 死にそうです!

こんにちは! まさに今井邦孝ショック!です。(敬愛してた故イラストレーター) いち陶芸家が生きようが死のうが世間にはなんの影響もないが、できれば影響あたえる存在にもなってみたい。
 あせっても、体、動かず!しかしあせるばかり。頭の中は思うようにいかずに、ヒートアップ!長年の無理難題の過労が体を蝕むばかり! 今井邦孝氏のようにはなりたくないなあ!
  • 2008-10-02
  • 投稿者 : 山王窯さんへ!工房火の玉発動機の田崎太郎です!
  • URL
  • 編集

[C465] 届きました

先日、3本角仔猫神を買った、とんぼです。
あの時体調が悪かったとは・・・
ちょこちょことお茶を飲んでいたのは、熱でもあったのでしょうか?
それなのに、立ちっぱなしでお客様の相手をされて・・・
どうぞ無理をなさらないで、回復されるkとを祈っております。
ところで、本日仔猫神が届きました。
心配していたのですが、どこも破損なく届き、安心したところです。
具合が悪いのに手書きのお手紙つき・・・感動しました。
ありがとうございましたm(*- -*)m
  • 2008-10-02
  • 投稿者 : とんぼ
  • URL
  • 編集

[C466] どうもありがとうございました。

どうもありがとう! とんぼさんは、これで3体目? たくさんいいことがあるように願っております。 工房長は療養して、火の玉パワーをまた、貯めようと思っています。 先ほどテレビで、インドの象の神様!ガネーシャ! これを復帰第1作にすることに決めました!火の玉発動機風ガネーシャ!どうなることやら!
  • 2008-10-02
  • 投稿者 : とんぼさんへ!工房火の玉発動機の田崎太郎です!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/307-766a71b4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索