Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C404] 無事でよかったなあ!つちだんごさん!

無事でよかったです。作品も。 陶人形の仕事はとても楽しいですねえ!これから大変な時代になるけど、陶人形だと、結構乗り切れるチャンスが多いのだ!
  • 2008-06-20
  • 投稿者 : 金田さんへ!工房火の玉発動機の田崎太郎です!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/263-9d4c9584
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

陶遊さん!どうもありがとう!

6月15日! くもりもりもり。
                2008_04220154syori.jpg

                 『昇り白龍』
               (2008年5月制作発表)

さて!昨日は取材が来るとのことで、邪魔なものは全部エブリィ号に入れて、なるべくすっきりさせてみたのである。

 制作風景や、作家近影など、こっぱずかしいこと、このうえなかったのである。(笑)

作品もなんか、いい感じに撮影できたかんじでたいへん感謝しております。                                                                            一番残念だったのは、お気に入りの作品は全部人手に渡ってしまっていたので、それが【陶遊】に載らないことなのだ!

 泥棒ペンギンシリーズ!は是非紹介したかったのだ。(ワーゲンバス泥棒&虚舟泥棒)

 住居兼工房がスタジオになったような機材の数々でした。

以前、本で紹介されたときは、幕末の藩士のようにしてもらったのだが、今回はどうなることやら!

 発売は7/20頃!  虎の子の重装甲列車10両編成が、ついにメジャーデビューなのだ。

装甲列車シリーズは、入選、入賞したりもしたが、まだまだ水面下での活動なのだ!

今度の9月の新作個展も、4代目の装甲列車の計画をたてているが完成するかどうか?

永遠と、筋彫りと、リベット打ちの連続で拷問のようなのだが、好きなのでまた制作してしまうのである。

 あと、オオスズメバチも撮影に参加してくれて、いい記念になったのだ!(すごくでかい)


昨日の大地震の栗駒山は、ライダーにとって聖地のひとつなので、どきどきしたのだ! ひとつ山が消えてしまったあの林道で、走っていたらまるでハリウッド映画のようだっただろう。

 国道の大きな橋桁も落下していて、スーパースポーツのバイクだったら、あのまま空を飛んでいたのだ! あの道は昔走ったことがあるので、ぞぞっぞとしたのだ。

先週ぐらいに山形で群発地震が続いていたので、気にかけていたのだが(つちだんごさんという陶芸家さんがいるのだ。)こんな凄いことになるとは!

学生のころ?奥尻島の地震があったときも、キャンプ場にきた津波は13メートルだったけな?

ちょうどツーリングしてたときだったのだが、放浪ライダーキャンパー流されても誰も気がつかないのだ!
 工房長も、今でもこっそり山の中、海岸でキャンプするので、誰にも見つからないだろう。

本当にご冥福をお祈りいたします。


 昨日は家族で【元気ずし】に行ったのだが、工房長の上流にいた家族が、工房長の好物と同じものが、好きなようで、ホッキ貝に生タコ!3連皿4連皿流れてくるのに、全て取られてしまったのだ。

 皆ニコニコ顔で食べている中、目力の強い工房長ひとり、獲物を狙う獣のような顔で更に上流のベルトコンベアの寿司をロックオンするのであった。

野生の動物はいつもこんな気持ちなのであろうか?

流しそうめんの下流もこんな気持ち。

給食のカレーも後の順番のときは、こんな気持ち!


ホームページはリンクの所の工房火の玉発動機をクリック!
                      
スポンサーサイト

1件のコメント

[C404] 無事でよかったなあ!つちだんごさん!

無事でよかったです。作品も。 陶人形の仕事はとても楽しいですねえ!これから大変な時代になるけど、陶人形だと、結構乗り切れるチャンスが多いのだ!
  • 2008-06-20
  • 投稿者 : 金田さんへ!工房火の玉発動機の田崎太郎です!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/263-9d4c9584
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。