Entries

工房火の玉発動機!家族会議!

2月17日 寒い晴れ!
          20070408201310.jpg

          『 活力巨大猫神さま!』

 最近、頭が硬いのだ!

 娘AI(4)の議題である、火の玉家族会議!

 れんこんの穴は何故あるのか? ピーマンは何故緑色なのか?

 これを真剣にひとりずつ、自分なりの仮説を発表するのである!

 ピーマンの話は、最後には、動物細胞に葉緑体を取り込んだ、緑人間の可能性の話にまでなってしまうのである。

 頭をとても柔らかくしないと、つまらないし、子供も喜ばないのである。

さて!先日、一冊の本を手に入れたのだが(ユダヤ教関係)、東京都について、工房長は頭の堅さになさけなくなったのである。

 日本の首都は、東京都と言われているが、実際は遷都されてはないということだが、都道府県の都ではないのだった!

 日本の都は、京都なので、『東京都』は、『東京 都』ではなく、『東 京都』であり、結局は、東京都府(ひがしきょうとふ)なのだ!

 都道府県で、幼少のころから、教育されるために、目の前の当たり前すぎることには、疑問すら感じないのだ!

 このことは、常に感性を研ぎ澄ませておかないといけない仕事についている人間にとって、まさに工房長は、自分の鈍さにあきれるばかりなのだ!

 美味しんぼの山岡士郎が、そばは昔蒸して食べていたと言う話で、何故せいろにのって蕎麦が出てくるかの話に似ているのだ!

 という訳で、東京都(とうきょうと)と名付けた人は、将来!都を京都に戻す事を、暗示させたのであろうと思うのである!

 東京都府(ひがしきょうとふ)と名付けると、だれでも分かっちゃうからなあ!

 室町の南北朝時代が好きな工房長は、将来、何か凄い事が起きて欲しいのであった!

これから、工房長は子供以上に、何故?どうして?を連発しないと、脳みそが凄い速度で退化してしまうのである!

 追伸! 宮崎駿の『名探偵ホームズ』 (BS放送)に出てくる古いメカは、物凄いマニアックなのだ! 子供相手にここまで、再現するなんて、今頃気がついた自分が恥ずかしいのである!
 子供の頃、見ていた時は気がつかなかったうえ、面白くなかったのだが、38歳にしてやっと、面白さに気がついて、本当に脳みそを日々磨かないと、いけないのである!

追伸!娘AI(4)が、本日、高座を作って、落語をやりはじめました!


ホームページはリンクの所の工房火の玉発動機をクリック!
スポンサーサイト

3件のコメント

[C861] 南北朝数奇とは、いと。

目下「益子陶器市」準備で多忙の工房長★こんばんは!
このところ、更新のない日は遡って、同月同日のブログを拝見しているダイハードです!
工房長のブログ内容は、いつ・どこのを読んでも元気になる/得るものがあって、メチャクチャ感謝デス!
最近、あっちゃこっちゃで陶芸制作にかんする疑問をぶつけているのですが、ソノたびに工房長の作品群が、いかにフツ~じゃないかというのがわかってきたという事実★技術的に。

たとえば「ガラス」なのだ。教室に入るのを前提に、教室主宰者に
「ビー玉やガラス片を作品の表面に埋めこめますか?」
ときくと、
「ムリです。溶けます」
(ンなことはわかっちゅ~がぜよ)
NHK「龍馬伝」の影響モロだしに反発するも、ソレばっかだと、どこにも受け入れてもらえそうにないから工房長作品を見せるよにしたところ、
「・・・・信じられぬ」
というよ~な窯元ばっかでした(苦笑)
ワタクシはずっとコラージュやモザイクをしてきたから、今後の作品制作において、コレははずせないんだった!
しかたがないから、コレはさっさと基本をおぼえ、窯買ってから実験&失敗の果てに習得しなけりゃならぬ!と思いました。

①工房長の窯は電気/ガス/灯油、はたまた登り窯(w)のいずれでしょうか?
②粘土は収縮するがガラス or 石はしない。コノばあい、素焼き前だとひび割れ/後だとボンド付けで本焼き時に剥落・・・・前にも聞きましたが、やはり工房長作品のガラス玉入れは、試行錯誤の賜物ですよね?つまりオリジナル。
③ワタクシは「赤」にゃこだわりたいッス!
が上絵は、焼きが1回多くなるからって、主宰者があまりいい顔をしません(涙)
ワタクシのよな者は、早々に独立すべきでしょうか?
PS>・・・・ランダムな質問ですみません。
  • 2010-03-05
  • 投稿者 : ダイハード
  • URL
  • 編集

[C862] 秘密!

こんにちは!ダイハードさん燃えてますね! 素晴らしいですv-41
ガラスは、溶けるが、原料を調合して、溶けても流れず、垂れず、透明なままにするようにすればいいのだ!(秘密事項)
逆に、オブジェのくぼみに、ビー玉置いて焼くと、溶けて面白い!
核実験場の砂漠の砂が、熱で溶けて美しいとの話なので、これもいつか使えるかも!
(1)ガス窯です。 沢山の作品を均一に焼成するため!なのだ。
個人で趣味だと、灯油がいいです。(コスト安)
電気は、基本料金が激高!
そして昨今は結構、中古の窯が出回ってます。
窯屋さんを調べると、結構あるのだ。
 赤は、大変難しいです。釉薬での赤は、大変です。
 あと、陶芸教室では、楽しんで基本をものにして、最終的には窯持ってやったほうが、人生楽しくなります。そしてワガママにできる。
 作れば作るほど、必ず上達するので、
作りまくるのだっ!v-41
  • 2010-03-05
  • 投稿者 : ダイハードさんへ!
  • URL
  • 編集

[C863] 即レス!

工房長よ!速攻・即座のレス、ありがとうございます!
ふむむ「工房火の玉発動機」はガス窯でしたか・・・・ガス/灯油だと、炎の当たりかたしだいじゃ、焼けムラができるから電気かなぁ~と想像してたんですよ。意外でした。
ガラス/ビー玉の溶けかたについては、今後の最重要課題<その1>とします。
<その2>は、赤の発色。絵具。
あ~早く、わが窯を買って勝手したいのだ★実験。

PS>三寒四温につき、体調管理にご注意!!
  • 2010-03-05
  • 投稿者 : ダイハード
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/223-b6e155fe
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索