Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/203-1366c9d0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

きた!きた! 波が来たあー!

12月30日 晴れ?(真夜中なので)
                     DSCF0762.jpg

                 『 サイボーグネ猫神! 上げ潮じゃあ!』

きたあ! 工房長の来年は12年に1度ある幸運年!

 独立して、来年は8年目! つまり陶芸家として、初めて迎える1年(幸運年)になるのである!

 今までも、良い事は沢山あったが、2007年は、波乱万丈であった。

 2008年は、1日も無駄にしないため、元旦から戦闘開始なのだ!

 そうこうしてるうちに、昨日、宅急便が来ました!

 なんと、九州から仕事の依頼なのだ。しかも鹿児島の本格焼酎『蔵 純粋』と同封なのだ!

 こんな、ヘナチョコ工房長に興味を持ってくれるなんて、大変光栄なのである!

 しかも、工房長の原点である北九州!にあるギャラリーなのだ!

 工房長はここで育って、小学生の時に描いた校舎の絵は校長室に凄い額縁に入って飾ってあった事が思い出されるのである。

 北九州でとにかく小さい時から、自転車で探検しまくり、怪しいものを発見する事が生きがいだったのである! 単独地下探検は、本当に死にそうになったことが2回あったし、他にも、2回マジで死にそうな目にあったのが、この思い出深い北九州なのである。

 それゆえ、いまだ魂は、北九州に残ったままであるので、2008年最初の(まだ2007年だが)お酒付き依頼書は、大変意味深いものである!

 今の陶人形作家の仕事をしていると、いつのまにか製作する原点を忘れて、世間の波に流され、名誉欲に金銭欲!と目標がずれていってしまう苦しさがある。

 純粋にこの仕事を続けたい気持ちが、いつの間にか、生き残りたいがために、名誉やお金が目的になってしまう。 

 そして、そのせいで、心がどんどん汚れてきて、創造者としての寿命を逆に縮ませていることに気がつくのである。

 たぶん、太郎神社の太郎大明神が、原点を、思い出せという天の啓示かもしれない。

 来年から、火の玉精神は、競争という土俵から、原点という土俵へ、移ろうと思います!

 
 『榮屋さん!ありがとうございました。御希望に応えるようがんばります。 この強烈な香りの芋焼酎を飲んで、頑張ります。 この酒瓶も、割って破片にして、陶芸に使いますよ!』

 ホームページはリンクの工房火の玉発動機をクリック!
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/203-1366c9d0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。