Entries

久しぶり!ぶりぶり!屁の玉発動機!

11月20日 曇りで寒い!
                 2007_09040170syori.jpg


 超辛口火の玉コラム! では無く  超甘口屁の玉コラムです!

 さて!昨日、9ヶ月もエンジンに火を入れていないバイクに、乗ることにしました。

外車で長期間ほっといたら、どうなってしまうか? 優秀なホンダのバイクでさえ、大変なことになるのに、心配です。

 タンクの中には、ガソリンは殆ど入ってません! しかも腐っているようです!

セルはゆっくり回り、いまにも停まりそうです! エンジンには、なかなか点火しません!

 このままでは、伊豆のキャンプ(いったもんがちキャンプ)へは、軽トラで行くはめになりそうなところ!

 一瞬!左のシリンダーにだけ、火が入りました!その火を大切に消さないように、注意深くスロットルを捻っていると、黒い煙を大量に噴出して、BMW R1100GSおんぼろ仕様は、雄たけびを上げました!

 ガソリンが入っていないので、ガソリンスタンドに直行ですが、田舎なので15kmぐらい走ります!

途中、ガス欠しても大丈夫なように、シグボトルも積んで、ひやひやしながら、走行です!

このおんぼろR1100GSは、贅沢もんで、レギュラーガソリンを飲むと、お腹をこわします!

以前、ずっとレギュラーを飲ませていたら、ガソリンタンクの中のなんとかポンプが詰まって(?)壊れて、大変高い修理費がかかりました!

 それ以来、ガソリンはハイオクです! とても高いのです!燃費は仕事用の軽トラより悪く、まるで、食事は、高級寿司屋!(回転寿司では腹壊す!)仕事はしない!という放蕩息子のようです!

オンボロですが、何年たっても部品供給があるため(国産バイクは10年もしないうちに部品がなくなるので、買い換えろとバイク屋から言われていた)、とりあえず安心して、乗り続けれるようです!

 ガソリンを満タンにして、工房の裏の山の尾根を走る林道を通って帰ってきました!

このバイクは、知る人ぞ知る、超巨大オフロードバイク! ブランクがあってすぐ、狭い林道に行ったのが間違いでした! 素直に直線の田舎道を走って帰ってくれば良かったのである!

 若いうちは、750cc!1200cc!1500cc!1600cc!と愛車は大きくなっていき、今は1100ccだが、車体が山のように、巨大オフロードバイク!

そろそろ、体に負担のかからない、軽いバイクへと、老化現象が始まろうとしているのである! 
 250ccのセロー親父ライダーになりそうなのだ!

 さて!この3日間程、火の玉工房長は、何故だか知らないが、すっかり毒がぬけてしまったのである! 反抗心もなくなり、制作意欲って何?という感じなのである!

心のなかに、ぽっかり大きな穴が空いた感じで、なにものかが、出て行った感じなのである!

 そう!これは昔に読んだ本に書いてあった、沖縄には巫女であるユタさんが居て、その上に神人(カミンチュ)と呼ばれる人がいて、その人の書いた本で、神様にはいい神様、悪い神様、が居て、体から取り払う儀式をすると、悪い神様ほど、取り払ったあと、物凄い喪失感に襲われて、一見!御祓いする前より、悪くなったように見えるらしい!

工房長も、喪失感が激しく、芸術家に一番必要な反抗心が、消えてしまい、製作する意味が分からなくなってしまったようなのだ!

今想えば、どろどろしてた感情が渦巻いていた時がとても懐かしくできることならば、またあの時のように、戻りたいのである!

どうも両手を怪我して、ずっと製作活動しない工房長に悪霊は、見切りをつけて、体から出て行ったのかもしれない!

 扉を開けておくので、いつでも戻ってきて! 
スポンサーサイト

2件のコメント

[C232] なんとも・・・

悪霊に知り合いはいないので、お力になれませんが、ぜひ取り付かれて、がんばってください。
  • 2007-11-20
  • 投稿者 : どんぐりまん
  • URL
  • 編集

[C233] どんぐりまん!さんへ!

こんにちわ! 依頼の仕事がたまりにたまりきって、身動きとれないのに、製作する気力がない?作る気しない?どうしよう! しかし幸せ気分なのである!
  • 2007-11-21
  • 投稿者 : 工房火の玉発動機の田崎太郎です!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/187-3b44e931
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索