Entries

秋の益子陶器市はとても楽しみなのである!

10月3日 今日も曇りもりもり!
           2007_08270132.jpg

『 猫神さま!です!』 (定番作品なので、いつも産まれています!)

 さて!昨日、とある会合に工房長は夜に出かけたのであった!
そこでなんと!半澤淳子先生 にお会いしたのであった!

 あれは、もう10年前!陶人形作家をこころざし、笠間、益子へと陶芸修行に来た時、いきなり頭をガツンとやられたのが、半澤淳子先生の猫作品だったのであった!

 あの、存在感!作風!一発でファンになってしまい、修行の傍ら、半澤先生の作品を見て回ったのであった! 私も独立して、火の玉工房長になって、猫作品を作り始めて、猫町プロジェクトに入り、いろんな所で猫活動したおかげで、半澤淳子先生と同じ土俵に立つことが出来ましたのだ!
 
 その半澤淳子先生が、秋の益子陶器市で、工房火の玉発動機と同じ、『かまぐれの丘』で、出店するので、工房長は、たいへん幸せなのである!

 必ず!半澤先生から、イラスト付きサインをもらうのである!

 いっしょに修行してた、茶トラの猫の龍之介! 苦難の独立時代の白黒の猫のでんすけ! 

 もうすでに、2匹とも他界してしまったのだが、いまでも、猫展!個展!陶器市!の当日は墓標に線香をあげ、力を借してくれる様に毎回お祈りしているのである!

 また、新しく、捨てられた仔猫に出会えたら、工房火の玉発動機3代目招福猫として、丁重にお迎えするのである!
スポンサーサイト

8件のコメント

[C191] 陶器市

こんにちはですー
ニャンコ先生にここのブログ見せてあげます!きっと喜びますよ~~~
  • 2007-10-03
  • 投稿者 : みいしゃ
  • URL
  • 編集

[C192] ありがとう

ありがとう 実名で!わたしこそ 貴方の作品を個展で見たとき 二三発 くらったよ!すごく 楽しく みんなに みて!みて!って DMくばったよね。この人は きっと 生活も生き方も 楽しんでいる人だな~!と楽しみにしてました。今回は 同じ場所で よろしくです。イラストつきサイン かきますから 貴方のと 交換ねっ!みいしゃさんとの イヌとのコラボ みてくださいね!  ありがとう!!
  • 2007-10-03
  • 投稿者 : 半澤です
  • URL
  • 編集

[C193] みいしゃさん!こんばんわ!

なんか、秋の陶器市の楽しみができました!みいしゃさんは、ワンコ先生なのです!わんわん!
  • 2007-10-03
  • 投稿者 : 工房火の玉発動機の田崎太郎です!
  • URL
  • 編集

[C194] 半澤ニャンコ先生!こんばんにゃ!

陶人形作家の仕事は自分が一番楽しまないといけないのですが、沢山、いろいろ揉まれましたのだ! 自分の作風を貫き通し続けるのは、大変でした! 早速!ニャンコ先生からイラスト付きサインを頂く為に、工房長もなにか書かなくては!
  • 2007-10-04
  • 投稿者 : 工房火の玉発動機の田崎太郎です!
  • URL
  • 編集

[C209] 益子で出会ってしまった

益子のとある店の屋根にシーサーのように白い猫が口を開けて笑っていたので、つい入ってみたら、見たこともない蒸気機械と猫たち(オヤジもいたが)に、あっという間に引きつけられてしまいました。すばらしいと思いましたので、少しだけ手元用に。にたにたしながら見ています。 いいもの作ってくれてありがとう!

[C210] TinTinさん!ありがとうございます!

TinTinさん!気に入ってくれまして、ありがとうございます! 秋の益子陶器市11/1~11/5まで、『かまぐれの丘』という場所で作家本人がお店出していますよ! かまぐれの丘は係員の人に聞けばすぐに分かると思います!屋根の上の猫神さまは、強烈でしょ!
  • 2007-10-23
  • 投稿者 : 工房火の玉発動機の田崎太郎です!
  • URL
  • 編集

[C211] 次の次に

次の陶器市は難しくなりました。かまぐれの丘の場所は調べたのに残念。その次の個展にチャレンジします。(そういえば、つくばでもやっていたんですね。家とは反対ですが、車で30分くらいの距離です。)

[C212] TinTinさん!ありがとうございます!

是非!遊びにきてくださいね! 来られるときは前日にでもコメントでも入れていただくと、面白いです!
  • 2007-10-26
  • 投稿者 : 工房火の玉発動機の田崎太郎です!
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/166-dacb8263
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索