Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/157-d67458f8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

本日!常陽新聞新社さんが取材に来たのである!

9月18日 やっと涼しくなりました!
                 2007_08270080.jpg

 『装甲列車!4両目5両目の装甲機関車「武勇号」「勇敢号」重連走行!』(2007年9月製作発表!)
 
 さて!本日!取材が来たのである!紆余曲折の人生(笑)のため、沢山の御話のネタがあるので、記者さんといろいろおしゃべりしてるうちに、あっという間に2時間以上たってしまったのである!
 振り返ってみると、いろいろ大変なことばかりであったのだが、面白いことばかりあった人生に初めて気がついたのである! 今回は個展で大きく新聞に取り上げられただけではなく、個展が終わったあとも、特集記事として載るのである!

 予定されていた事とはいえ、太郎神社の太郎大明神に感謝なのである!
その太郎神社であるが、工房火の玉発動機のお客様も存じておられ、月2回参拝しているというのである!私も1日と15日に参拝する事に決めたので、太郎大明神のお計らいがあれば境内でお会いするかもしれないのである!
 しかし、何かに集中すると痛みが消える事は毎度のことで、今後の私の課題は、常になにかに集中していることなのである!

 今回の手のトラブルは大ピンチなので、どこかに大きなチャンスが隠れているはずなのだ!

 うすうす!そのチャンスが何か、自分で分かっているので、その仕事を進めるのである!

 何が起きても、火の玉の火が消えない限り大丈夫なのである!

 太郎大明神に、私とかかわったことがまずかったと思わせるほど、火の玉工房長の目標と野望の実現にかける意気込みは、ただならないものがあったのである!
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akinonohara.blog79.fc2.com/tb.php/157-d67458f8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。