Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笠間の新工房!乾燥棚の制作の巻!

【工房火の玉発動機への連絡先!】
工房長 田崎太郎
メールアドレス!
  hinotamahinotamataro@yahoo.co.jp 

フェイスブックFacebookクリックしてね!


陶歴 賞歴プロフィールクリックしてね!

アートフェア東京2016クリックしてね!

2016秋の益子陶器市!ブログまとめクリックしてね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【2017年1月30日 月曜日】

こんにちは!工房火の玉発動機です!

八郷旧工房から、笠間の新工房への移転!

本当に大変です!

只の生活空間の移転ではなく、

制作環境の移転は、一から作り直すので、大変です!

とにかく、まずは作品の乾燥棚を製作して、設置しなければなりません!

DSCF1097_サイズ変更

ひとつひとつ、切込みを入れていきます。

笠間の新工房は、天井が高いので、作品の物置にもなるようにしました!

DSCF1134_サイズ変更

DSCF1133_サイズ変更
10段で、手板が5枚づつ置けるので、計50枚の手板が置けます。

DSCF1163_サイズ変更

壁と床にしっかり接続して、地震が起きても崩壊しません。

もう、家と一体化するようにしてあります!

DSCF1164_サイズ変更

制作部屋での乾燥棚の完成です!

ここに作業台を置いて、資料などの本棚を制作設置すれば、とりあえずここで

制作作業ができます!

DSCF1167_サイズ変更

ちょっとした、現代アート風建築物みたいなのだ!


DSCF1320_サイズ変更

次は、窯場に置く乾燥棚の設置であります!

DSCF1322_サイズ変更


こちらは、今まで使っていた乾燥棚を流用します!

オシャレに、しっかり塗装して組み立てます!

ここは7段で、上には、ダンボールに入れた作品などが置けるように改造します!

この火の玉多目的ホールは、非常に天井が高いのであります!

DSCF1337_サイズ変更

完成です!

これも床と壁に固定させて、非常に頑丈になっています!

さて!次は、軒先が立派なので、そこが釉薬処理の場所にして、

そこにつながるように、窯小屋を設置します!

そのために、まず、雨樋を設置させて、窯を置く土台を作ります!

そして、2月に窯を移動させてきます。

その後、ガスの配管をして、4月から新生火の玉発動機の始まりです!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

月刊アートコレクターズ5月号です!

DSCF0162.jpg

DSCF0163.jpg

DSCF0164.jpg

DSCF0165.jpg

本屋で見てみてね! 小宮山書店枠のメンバー、かなり凄いです!
その中に、潜り込みました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




tasakit_photo.jpg

DSCF0514_サイズ変更
(月刊美術7月号より)



フェイスブックFacebookクリックしてね!


【工房火の玉発動機への連絡先!】
工房長 田崎太郎
メールアドレス!
  hinotamahinotamataro@yahoo.co.jp 

 

最新陶歴は、カテゴリーの所の陶歴をクリック!してね


パソコ!』<br />ン修行 007 308965b959baf1a40e668337f23656a0お祈り LA6Ai阿吽 iBFcR火の玉ねずみ 20161026105520.jpg DSCF6997.jpg DSCF6992.jpg
DSCF0917_サイズ変更
 

『4月に焼くので、間に合わさなければ!


http://blog.livedoor.jp/drazuli/archives/7774369.html
スポンサーサイト

念願の新工房が見つかりました!の巻!

【工房火の玉発動機への連絡先!】
工房長 田崎太郎
メールアドレス!
  hinotamahinotamataro@yahoo.co.jp 


フェイスブックFacebookクリックしてね!

陶歴 賞歴プロフィールクリックしてね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【2016年 9月10日 土曜日】


こんにちは!
とってもお久しぶりの、工房火の玉発動機・工房長 田崎太郎でございます!

フェイスブックのほうでは、こまめに報告しておりましたが、

この火の玉ブログのほうでは、放置されておりました!

まあ!ブログを一本書くには、けっこう2時間近くかかるので、

忙しすぎて、放置されていたんだな!


そうであります!

5月の東京国際フォーラムでの、アートフェア東京2016に出場したあと、

すぐに、工房長の目の前に、念願のものが現れたのであります!

念願のもの!

それは、何年も探し続けても、見つからなかった、

新工房に相応しい、中古物件!

理想は、車を何台も停められて、縁側があって、瓦屋根で、

土間があって、トイレと風呂が、広くて、

作業小屋があって、昔ながらの日本家屋なのであります。

そして、一番重要なのが、工房長に買える金額だということ!


そして、それが見つかったのであります!

自治体の空き家バンクに登録された、とても大きな日本家屋の物件が

補助金・助成金も出るのであります!

 そういうわけで、工房火の玉発動機は、八郷から、

笠間焼の笠間の里山の緑の中に、移転することが決まりました!

DSCF0598_サイズ変更
前の持ち主が、デカイ石好きの人だったので、岩石が沢山置いてあります!

元持ち主も、この巨大な灯篭をはじめとする、鑑賞用巨石を持っていくには、

費用がかかりすぎるので、置いていきました!

この鑑賞用巨石群は、購入時価格は凄いだろうなあ!

タダで、もらったようなもんだよなあ!
DSCF0623_サイズ変更
そして、作業小屋が、とても広いのであります。

ホウキでの掃除と、モップ掛けで、5000歩近く歩きました

健康にとても良いのであります。

陶芸家は運動不足になりやすい仕事なので!

そして、作業台も工房長が自作いたします!

DSCF0744_サイズ変更


DSCF0725_サイズ変更

DSCF0753_サイズ変更

DSCF0754_サイズ変更

DSCF0783_サイズ変更

DSCF0781_サイズ変更

DSCF0727_サイズ変更

ほぞ加工して、下から積み重ね工法で、4方向から組んでいくので、驚くほど丈夫です!

特に、上からのチカラに対しては、ハンパでないです! 大人が5人載っても、ビクともしません!

ネジ穴はダボ穴掘って、木で埋めて、オシャレにしています!


 こんな感じで、テーブルを3つ、長椅子を2つ!製作しました!

これから、色を塗ったりします!

土間の板張りも、オイルを塗ろうと思います!

DSCF0798_サイズ変更

まだまだ、リフォーム作業が山程ありますが、木工技術は、どんどん上達してきました!

作品乾燥棚やら、キッチンの棚やら、本棚!

猫のおしゃれな出入り口!etc・・・・・・

沢山作らなくてはなりません!

 そして、終の棲家となる、この新工房兼住居!

修繕助成金が市から交付される制度を使って、

お風呂を天国にすることにしました

 修行時代は、風呂無し銭湯生活!

八郷の家は築70年で、時代劇のセットのようなムカデが沢山出る風呂場!

そして、ここは、カビだらけの風呂場!

DSCF0612_サイズ変更
床も、壁も、天井もカビだらけであります!

自宅での仕事なので、トイレと風呂場は、綺麗で広い方が良いのであります!

トイレは、広くて綺麗なので、風呂場を改造することになりました!(助成金の助けを借りて)

DSCF0729_サイズ変更
壁を剥がし、床のコンクリートを取り払って、

7日間かかって、タカラのユニットバスが装着されました!

それが、これであります!

DSCF0761_サイズ変更
一坪の風呂場!

最新式であります!

一番リーズナブルなバージョンですが、天国極楽であります!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういう訳で、家の前には小さな神社があって、狛犬さまが置いていないので、

工房長は作って奉納しようと思っています。

DSCF6827.jpg
このような狛犬さまを、更に、とても巨大に作って神社に置こうと思います!

これからも、八郷から笠間に通いながら、来年には、住めて作品制作活動ができるように、

したいと思います!

窯の移動も大変なんだよなあ!

何度も、役場や不動産屋さんと打ち合わせ、手続きなど大変でありました!

そういうの、とても苦手だったのですが、【いばらき不動産】さんが、

とてもすばらしい不動産屋さんで、本当にたくさんの事を助けて頂きました!

そして、笠間市役所の空家政策推進室の主事の方にも、大変お世話になり、

なんとか、なりました!

 ホームセンター山新・友部店にも、御世話になりました!

 そして、車の管轄(2台所有)が、土浦から水戸になるのですが、

ディーラーに手続きを頼むと、とても高額になるので、

全部、面倒な手続きを自分でやったのでありました!

少額ですんで良かったです!

 警察の方から、陸運局の方々まで、本当に手取り足取り、教えてもらいながら、

けっこうおもしろかったなあ!

それでは、これからも、フェイスブックとともに、ブログでも報告しますね!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

月刊アートコレクターズ5月号です!

DSCF0162.jpg

DSCF0163.jpg

DSCF0164.jpg

DSCF0165.jpg

本屋で見てみてね! 小宮山書店枠のメンバー、かなり凄いです!
その中に、潜り込みました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




tasakit_photo.jpg

DSCF0514_サイズ変更
(月刊美術7月号より)



フェイスブックFacebookクリックしてね!


【工房火の玉発動機への連絡先!】
工房長 田崎太郎
メールアドレス!
  hinotamahinotamataro@yahoo.co.jp 

 

最新陶歴は、カテゴリーの所の陶歴をクリック!してね


パソコ!』<br />ン修行 007 308965b959baf1a40e668337f23656a0お祈り LA6Ai阿吽 iBFcR火の玉ねずみ
『陶芸家の引っ越しは大変であります!


http://blog.livedoor.jp/drazuli/archives/7774369.html

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。