Entries

R1100GSちょい改号! お久しぶりブリー!

10月7日 金曜日 秋晴れ!

火の玉工房長! 落ち着きを取り戻し、ようやく乾燥待ちの、のんびりした日々なのだ!

久しぶりに、何も考えない日! 極楽極楽!

10月のこのブログは、秋の益子陶器市の宣伝モード!

いつもの、火の玉魂爆発の叫びブログではないのである。

いわば、皆がよくやってる普通のたわいもない連絡事項ブログなのだ!

だから、苦情のコメントも入らないはずだ!(つまんないけどな!)


さて! 今日は放置され続けられた、愛車R1100GS号を洗車したのだ!

R1100GS 001
いたるところに、虫たちが、巣を作っていて、まるで工房長は悪質な地上げ屋の、

強引な立ち退き業務してるかの作業なのだ!

 金が貯まれば、見かけはボロでも、機関部はバッチリ整備して、迷彩色に塗り替えたいなあ!

秋はバイクには最高! 秋の福島なんか最高だったのだが!(泣)

 海でも見に行くか!

見かけだけは、きれいになったら、妖怪が出現!
R1100GS 002
2011年に発見された、新種の妖怪なのだ!

調べてみると、相当の魔物らしいが、毒を持って毒を制するようなので、

魔よけの妖怪として、飼いならすと強力に良いみたいなのだ!(今年は厄年!)

 魔物なので皆に嫌われるのが、いやなので、擬態としてパンダ柄になったようなのだ!

パンダに見えれば、人気者になると計算したらしい妖怪なのである!

名前は工房長が発見者なので、工房長に命名権があるのだ!

ヒノタマパンダ? 【ヒノタマンダ!】にしよう!

R1100GS 003
『ボクの名前は、ヒノタマンダでーす! 益子にも魔除のために行くぞ!』

床下から5匹、捕獲したので何匹かは、益子に連れていくぞー!


 さて!今年の秋の益子陶器市は、11/3~11/7です!

工房火の玉発動機は初日の夕方に、恒例になりそうな、来年の福男福女選びを今回もするぞ!

来年の生神様を3人選定しまーす!

合言葉は後日のブログにて発表するぞ!


来週は工房長の作品がついにニューヨークにて発表(笑)

NY近代美術館MOMAの副館長が審査員なので、どうなることやら! お楽しみにね!

NYへ! 006 NYへ! 005 NYへ! 004

NYへ! 003 NYへ! 002 益子陶器市へ! 002

賞がもらえますように! 『ヒノタマンダーヒノタマンダーヒノタマンダー!


【工房火の玉発動機への連絡先!】

工房長 田崎太郎

☏ 0299-42-3073 (現在FAXが故障中!)

〒 315-0141 茨城県石岡市月岡122-2 

メールアドレス!
hinotamahinotamataro@yahoo.co.jp 

 HPはリンクの所の工房火の玉発動機をクリック!

最新陶歴は、カテゴリーの所の陶歴をクリック!してね

工房火の玉発動機のテーマ曲決定いたしました!

【導火線】BAZRA

『メロディと詩とともに、これほどぴったりの曲は、ないのだ

~裏火の玉発動機ブログも、あるからねえ!~
アメブロ ひのたまたろう!でーす
スポンサーサイト

まわるー! 回るー!廻るー!

11月29日 晴れ!
秋深まり! 紅葉の季節!

工房火の玉発動機の紅葉も、真っ赤に染まりました(アナウンサー風に)

2010 ツーリングR1100GS 008
そして、工房長の愛車の、ちょい古R1100GS号!

この季節は、エンジンの調子もすこぶる良く! ツーリングにも最適な季節であります。
2010 ツーリングR1100GS 009
ここ工房から、3時間丁度で、那須茶臼岳山頂駐車場に着くのである。

雪がチラつき、写真を撮り忘れたのだが、このGSというバイクは、

条件が悪くなればなるほど、快適になるのだ。

走ってるほうが、停まってるより暖かい気がするのである。

いつか、金が貯まったら、フル整備して新車同様にしたいのである。

部品供給が、永遠なので安心なのだ!

 日本車は、10年で部品供給は終了! 常に新車を買え!とのことなのだ!


さて! 本日の、まわれ!回れ!廻れ!

工房から30分程で、素晴らしい場所があるのだ! それは!
2010 ツーリングR1100GS 001

2010 ツーリングR1100GS 003

2010 ツーリングR1100GS 004

2010 ツーリングR1100GS 005

2010 ツーリングR1100GS 006

2010 ツーリングR1100GS 007
まるで、ロクロ!

工房長が、メカオブジェを製作するときのようなのだ!

何回転もしてくれると、もっと盛り上がるのになあ!

そして、運転手は一服なのだ!
2010 ツーリングR1100GS 002
真岡鉄道の、もてぎ駅なのだ!

ここのターンテーブルの横に家が建ってるのだが、これは、たまらない物件なのである。

そして、道の駅 もてぎ!

ここは、休日バイク乗りが集合する場所なのだ!

北関東にも、西湘バイパスや、大観山のような集合する場所が、あって良かった!

北関東に来て、とても寂しかった工房長であった!

GSは凄いんだベンベ!(R1100GSの巻!)

11月17日 雨 (19日 追記)

さて! 本日は、画家の友人!しのしのさんの個展の初日!
日立まで、行く為に! 昨日は愛車のR1100GSちょい改!を洗車!

目が覚めると、雨音! 天気予報は、海沿いは終日雨!
つまり、工房から6号線北上! は 雨雨雨!

しかし、雨ダスのアニメを見ると、大丈夫そう!
そして、雨が止んだので、GS号に跨り、発進!

水戸の手前で、ザーザー降り! そして霧雨!
へなちょこライダーの工房長!
こけて、手を怪我するのも、嫌なので、帰宅!(修理代も高いので)

バイクは、ずぶぬれで、泥で汚れたのだが!
     カッパ着てないのに、
ブーツは、全く濡れず! ジーパンも濡れず!
冬用ロングコートジャケットが、少し濡れただけ!


画像R1100GS 004
R1100GSちょい改!
あなたは、なんて素晴らしいバイクなんですか!
ハンドルは、電熱で暖かく、手の指はポッカポカ!

もう一台の、トライアンフのスラクストンの豚トン号は、雨の日走ると、
バイクにライダー! びしょびしょドロドロ!なのに!
 そして、チンポも縮む極寒地獄!

改めて、この古いGS号の良さに、痺れたのであった。
部品供給は、何十年たっても心配ないので、
これからも何十年! そして20万キロを目指して大事にするのだ!
 しかし工賃はBMWだけあって高いんだベンベ!

もう一台増車する分のお金を、維持費にまわせばいいんではないかい!


そして、先日の那須でのこと!W650のバーチカルツインのエンジン音!
あのオッサンは、とても良い音をさせていた。

工房長の豚トン号もバーチカルツイン!
スラクストン
マフラーは、厳しい規制にあった、へなちょこスカシッペ!のマフラー音!
 あー我がトライアンフにも、筒抜け爆音マフラーをつけたい!

そして、現在工房長は、スーパーカブ110ccの白茶色が欲しいのだ!
ダブルシートにして、スクリーンつけて旅仕様にしたい。
マフラーは、もちろん! モリワキを装着なのだ!


2007_04260237 プロペラペンギン
工房長は、旅をするのが大好きなのだ!
子供ができてから、旅行はしたが、旅はできていない。

旅に一番なのは、バイクなのだ!

それは、バイクに沢山の荷物を積んでると、一発で他人から旅人だと認識される。

これが、とても大事だったのだ。

おかげで、沢山の良い人との出会いがあったのだ。

浮世の人間になる一つの手段!

旅行では浮世にはなれない。

バイクの独り旅は、独りであるが孤独ではない!

80年代に90年代! 皆、ぼろいバイクに乗って、北海道を目指し!

面白かったなあ。

そして、今! そのころのライダーは、中年になり、経済的余裕を持ち、

200万もするバイクを平気で購入!

モノ自慢に陥るライダーに落ちぶれたもんだ!

貧乏陶芸家の工房長も、トライアンフにBMWと、ブランド信仰へと堕落!

 しかし、伝統のある海外のバイクは良い!

しかし、工房長は自分のハートが、落ちぶれてしまった。

モノ自慢とは、金出せば、手に入るチンケな自慢なのだ!

だから、カブで旅に出たいのだ。

昔、日本一周したように、あの時の心に戻らなければなあ!

いや、戻りたい! あの時の感受性が欲しい!

嫁に内緒でレッドバロンに行くとするか!

宣伝用の装甲列車! カブ110が買える値段で売りに出すか!


         装甲列車

さて、陶器市が終わってから、何通か、濃いファンレターが来たのだ!
返事を出すから、ちょっと待っててね!

あと、弟子3号の飯島さんから、作陶の決意表明の手紙が、今ブログ書いてる時にやってきたのだ。

後日、返事をだすのだが、立派な決意表明で、師匠である工房長は感無量!

今度引っ越す(まだ未定)ところは、立派な作業場を作って、弟子(現在3名)が泊りがけで、

作陶できるようにしたいなあ!

 もちろん、【こどもひのたまねんどきょうしつ】という陶芸教室は、近いうちに筑波で主催させるぞ!

12月に友人の子供2人の所へ、【出張ひのたまこども粘土教室】へ行くのだ!


現在! ギャラリー彩花にて!
手仕事展に参加中! 詳しくは前々回のブログを見てね!
場所、期間など詳細がわかりますぞ!


(11月19日 追記)
昨日、一昨日! なんか鬱々してたのだ!
今年は、休み無しのハードスケジュールだったのだが、15日からやっと休憩!
精神と体の休憩! 火の玉は消沈! 発動機は停止!
 朝も昼も夕方も時間があれば、熟睡の日々!
相当、疲労がたまっていたのだ。
 先日は、酔っ払った敬愛する半澤淳子ニャンコ先生から、ラブコール!の電話!
工房長も酒を飲んでいたので、電話でなんだか盛り上がったのだが、結局あまり覚えていないのだ。
 正月に、益子の【もえぎ】さんで、招き猫展に、ニャンコ先生も工房長も出るのだが、
余興をやってほしいらしい。 それがパーティでの余興なのか、お客さんの前での余興なのか、
 いまいち覚えていない。
アイアンジョニーさんは、裸踊りして爆発するようなこと言っていたので、
工房長は、伝統芸のお尻だして、ライトか火をつけて、蛍をやるべきなのか?
 または、伝統芸の華厳の滝! 暗くした所に酒に火をつけて、高所から口に流し落とす!
あとは、これも伝統芸のストッキングマン!をやるべきなのか?
 パーティーなら良いが、正月からお客さんの前で、やるのは恥ずかしいのである。
一応、工房長は工房火の玉発動機の上品なファン達の前では、クールであるのだから(笑)
 それか、もえぎさんから、出入り禁止という栄光を手に入れるか!
営業マン時代のころ、出入り禁止になった取引先の病院が一軒!
出入り禁止になった、御店が一軒!
 もえぎさんが、もし出入り禁止作家となっても、
その時は、半澤淳子ニャンコ先生一門と名前を変えて、出入りするとしよう!
 いや、その前に、ニャンコ先生に電話して、先日の電話の用件をお互いシラフのときに、
確認しなくてはなあ!

現実逃避! 工房長よ逃避せよ!

8月22日 日曜日 熱い酷暑! 暑い工房! 熱い工房長

画像バイク 006 R1100GS BMW
    【出動機会のないR1100GSちょい改号!】

天気予報のお姉さんは、『暑さの収まる気配!まったくありません!』

と発言するなか、日本以上の、酷暑のロシアで、先日初雪のニュースが!

今年の冬は、厳冬になるのだろう!

工房火の玉発動機は、古い家なので、酷暑も厳冬も過酷なのだ!


という訳で、18日に、大ファンの奥華子のアルバム!『utakata』を購入!

来月のコンサート(水戸)が楽しみなのだ!

楽しみといえば、来月には、工房長の2010年新作個展!

DMの作成もなんとか進み、来月には完成!

しかし、作品はまだ、未完成!おそろしや!

大丈夫なのか?

他に3つの大きなイベントの仕事のための作品製作にも追われている!

大丈夫なのか?

おかげで、今年もバイクで北海道に行けなかったのだ!

現実逃避したい!

しかし、この酷暑ではバイクには乗れん!

締め切りが、迫る、恐怖!

進まない製作! 


なので、現実ちょい逃避で、家族で筑波山高原キャンプ場にて、キャンプ!

中村家(ログハウスビルダー)と合同キャンプ!

涼しく、夜景も美しく、工房のすぐ近くにこんな良い場所があったとは!

 しかし難点がひとつ! 

シェルパを雇いたいぐらい、キャンプサイトが遠く高所なのだ!

家族キャンプは、大きな荷物が沢山ある!

4往復の試練の後のビール! いや貧血は凄いのであった!

夜は、ギッチョンと鳴く虫が、夜中中テントとフライシートの間を動きまわり、

挙句の果てに、工房長の頭の横が気に入ったようで、一晩中!

ギッチョン! ギッチョン!ギッチョン!

寝不足の工房長は、撤収の死の荷物運び! ここで限界!(二日酔いも有り)

中村家と、田崎家(工房長を除く!)は、筑波山登山へ!

 涼しくなったら再チャレンジなのだ!


                  おともだち
    『ぎゃらりーなが屋門での、2010年新作個展!楽しみに!』
~地球を救うために集まった、ヘンテコ陶人形達!~

海軍、陸軍、空軍、宇宙軍! 正義の味方に宗教家!

なんだかよくわからん、いつもの世界! 

わかってる事は、唯ひとつ!

陶芸家! そして陶人形作家である田崎太郎が、精魂かたむけて製作してる事なのだ!

時間があれば、さらに深くできるのだが、なんか忙しい昨今!

いや、時間かけると、もっと美術館レベルの広大なスペースがあるギャラリーでないと!

なので、小出しで作品発表するのであった!

2010年!初乗り!

1月21日 くもりあったか!

画像R1100GS 001
さて!
先日の工房長は、季節はずれの暖かさのため、急遽2010年初ツーリングに予定変更!

R1100GSちょい改!の出動なのだ!

旅好きライダーには、たまらないバイクがこの、BMWのGSシリーズなのだ!

工房長のGSは、もう95年式の古いタイプであるが、当時のパンフレットだと、氷の上を走っていた!

それでもABSがあるので大丈夫だとのことの、誇大広告なのであった!


さて!オートバイ天国であった、神奈川から田舎茨城に来て12年!

バイクで走るには絶好な場所なのである。

画像R1100GS 003霞ヶ浦
霞ヶ浦の周回道路は、信号も無く、車も無く、水辺の風景の中を永遠と走れる最高の場所なのだ!

あまりの気持ちよさに、気を失いそうになるのである。

 さて、工房から片道一時間ノンストップで、海まで行ける極楽なのだ!

画像R1100GS 008 大竹
ここの海岸は、砂浜も走行できるが、重いバイクの時は、仲間と行かないと大変なことになる

ので、一人ではGSでは、入れないのだ(へなちょこライダー)

画像R1100GS 007
腕の無い工房長では、しまったダートしか走れないのだが、

硬いダートの走破性は、このバイク!とても気持ちよく走れるのだ!

いつかGSチャレンジにも出てみたいのだが、北海道のダートぐらいしか、走れる腕はないのだ。

画像R1100GS 005
この手のビッグオフロードバイクは、燃料タンクが巨大で、

ガソリンスタンドのおじさんが、底無しのガソリン供給で、いつも言うことが!

『どれだけ、ガソリン入るんだ?』と言われそして、工房長は!

財布の中身が足りるかどうか、ドキドキなのであった。

満タンで500㌔近く走るので、なぜか得した気分になるのである。

画像R1100GS 006
という訳で、
このバイクは、家出用に大事なバイクなのであった。

しかし、そろそろエンジンの調子がおかしいので、オーバーホールとやらに出さないと、

いけないようなのだ。 BMWは、古いバイクでもパーツ供給がしっかりしてるので、

お金さえあれば、新品のバイクに生まれ変われることもできるのだ!

しかし、完全OHするほどのお金があれば、もう一台、中古のGSが買えるカモノハシなのであった!

作品作って、お金を稼がなければ!

いや、賞金300万の絵画コンテストにむけて、

絵を描くとするか!

人生は、はかない夢なのである。

すーぱーてねれ?

1月8日 金曜日 晴れ!

さて!さて! ビッグオフロードバイクは、男のロマンなのだ!

でかい車体に、無骨なスタイル!

昔のパリダカでの、バイクの映像には興奮したものだ!

 最終日のダカールの砂浜の疾走は、ロマンなのである。

日本でも何箇所か、気持ちよく走れる砂浜があるのだが、

工房長の若い頃、トランザルプちょい改で、良く砂浜を走ったもんだ!

 そして、アフリカツインが初代、2代目!となり中免しかなかった若き工房長!

憧れのバイクだったのであった。 しかし友人のスーパーテネレに乗せてもらった所!

大きすぎる!重すぎる! こりゃ無理だとあきらめてしまったのであった。

そして、BMWからR1100GSが、発表され見に行くと、高価すぎるは、

長巨大すぎるは、かっこ悪いはで、興ざめなのであった。


画像バイク 006 R1100GS
さて!
大型免許を手に入れてから、10何年! いろんな大型バイクに乗ってきたが、

程度の良い中古のR1100GSに出会い、購入したのであった。

中免太郎の時は、異様に大きかったと思えたこのバイクも、今となっては大きく感じず、

旅の友なのであった。 この手のバイクは、ボロボロな姿になるまで乗り込んだほうが良いのだ!

へなちょこ工房長は、慎重なのでこけた事がないので、傷がないのが残念無念!

朝鮮戦争にベトナム戦争で酷使された、A1スカイレーダー攻撃機のような雰囲気になればなあ!


画像バイク 004 R1100GS
という訳で、昨日パソコンを開いていると!

なんと、東京モーターショーで、ミイラ男であった、スーパーテネレが!

you tubeで、完成品が公開されていたのだ!

とくに、ゴロワーズカラーでアップフェンダーのスーパーテネレが、郷愁を誘うのである。

 新型アフリカツインも出るそうなので、こりゃ買い足したいものが、増えて大変なのだ!
      (乗りもしないのに!喝っ!)

そういえば、大昔!バイク(GSX400F)で野宿で日本一周してた時、

熊本の阿蘇の坊中キャンプ場(?)で、TS200に乗っていた池町さん!

一緒にキャンプして、一緒に走ったのだが、鬼のように速くて上手で、

『僕は将来、絶対パリダカに出るんだ!』と言ってたのだが、

その後!なんと!

NHK特集のパリダカの特集で、池町さんが主役構成で、放映していたのだ!

しかも8位だったけなあ! 素晴らしい成績のうえに、砂丘の頂で、車に弾き飛ばされたのに、

不死身だったのが、凄かったのである。

有限実行の男はかっこいいなあ!


工房長も今年は、ついに昔から言っていた事の有限実行の年なのだ!

怖いけど、実現させるのである。

これが叶えば、もう、いつ死んでもOKな工房長であった!


HPは、リンクの所の工房火の玉発動機をクリックしてね!

現在!益子の【もえぎ】にて、平成の招き猫展に参加中!
2月は、東京の猫の聖地!谷中にあるギャラリー猫町さんで!
【10周年特別企画 猫の記念日】に参加します!
そして、茨城の勝田にある、ギャラリーサザで、猫展に参加します。

『 あー、バイクに乗る暇が無いのである!』

Appendix

プロフィール

工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎

Author:工房 火の玉発動機 作者は  田崎太郎
陶歴 賞歴 プロフィール はカテゴリーの場所をクリックしてみてね!


ランキングに参加しました!どーにか押してくれないかなぁ....。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索